川島令次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

川島 令次郎(かわしま れいじろう、1864年10月14日元治元年9月14日) - 1947年昭和22年)11月22日)は、日本海軍軍人。海軍中将正三位勲一等功三級宮中顧問官

経歴[編集]

川島拓の長男として生まれる。攻玉社を経て、1884年明治17年)12月、海軍兵学校11期生)を卒業し、1886年明治19年)9月に海軍少尉任官。1892年明治25年)8月、海軍大学校(甲号4期)を卒業。「高千穂」砲術長、軍令部第2局員、侍従武官イギリス留学、イギリス公使館付、常備艦隊参謀、「富士」副長、「朝日」副長、「宮古艦長などを歴任。

日露戦争では、「松島」艦長として出征し、日本海海戦では「磐手」艦長であった。その後、軍令部参謀(第1班長)、艦政本部第1部長を経て、1908年明治41年)8月、海軍少将に進級。さらに、海大校長、第3艦隊司令官、水路部長などを歴任し、1913年大正2年)1月、海軍中将となった。旅順要港部司令官、将官会議議員などを務め、1916年大正5年)6月27日予備役に編入され[1]1929年昭和4年)9月、退役した。

また、1916年大正5年)6月27日別当に任じられ東伏見宮附となり[1]、さらに同宮務監督を務めた。

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『官報』第1172号、大正5年6月28日。
  2. ^ 『官報』第2541号「叙任及辞令」1891年12月17日。
  3. ^ 『官報』第4603号「叙任及辞令」1898年11月1日。
  4. ^ 『官報』第6142号「叙任及辞令」1903年12月21日。
  5. ^ 『官報』第6426号「敍任及辞令」1904年11月30日。
  6. ^ 『官報』7005号・付録「叙任及辞令」1906年11月2日。
  7. ^ 『官報』第7640号「叙任及辞令」1908年12月12日。
  8. ^ 『官報』第167号「叙任及辞令」1913年2月21日。
  9. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第9巻、発売:第一法規出版、1995年。

関連項目[編集]