岸本貴博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岸本 貴博(きしもと たかひろ、1974年7月25日 - )は 福岡県を放送エリアとするフジテレビ系列の放送局 テレビ西日本(TNC)の報道局に所属する報道記者。 『TNCスーパーニュース』元キャスター。防災士解説委員

経歴[編集]

愛知県出身。豊田市立平和小学校、豊田市立豊南中学校、 愛知県立豊田南高等学校卒業後、上京。 東京都国立市で新聞奨学生として浪人生活を過ごした後、明治大学に進学。 大学時代にアジア・ヨーロッパを中心に海外35ヶ国以上を単身放浪。

大学卒業と同時に父親の故郷である沖縄県に渡り琉球放送に入社。 琉球放送と深い繋がりがある琉球朝日放送に出向。 報道記者として主に事件・事故・裁判を取材。 2000年、アメリカのクリントン大統領やロシアの プーチン大統領などが出席した九州・沖縄サミットを取材。 2003年、沖縄県が奨学金を給付する海外留学生に選出され アメリカ・カリフォルニア大学バークレー校(UCバークレー)に県費留学。 “International Diploma Program”のProject Management コースを修了。 2004年、帰国後は在日米軍、政治経済、県議会の取材を担当。 主に普天間基地移設問題安全保障日米地位協定の課題について グアム、韓国、ワシントンD.C.などで現地取材。 知事選挙、国政選挙の記者解説等も担当した。

2009年、琉球放送のアナウンサーだった 新潟県出身の増田さと子と結婚。2010年12月、長男が誕生。 同時期にテレビ西日本の経験者対象キャリア採用試験を受け合格。 2011年1月に琉球放送を退職。テレビ西日本に移籍。 2011年3月から『スーパーニュース』のメインキャスターを務めた。2019年、米国政府からIVLP(インターナショナル・ビジター・リーダーシップ・プログラム)に招聘され、米国6都市を約3週間かけて横断。米軍基地と地域経済、基地の跡地利用について政府高官や現地ジャーナリスト等と意見交換。 防災士資格を活用して防災・減災のニュース企画を制作。 太平洋戦争関連の特別企画、ドキュメンタリー番組も多数制作。 現在も報道記者として活動中。

講道館柔道2段、タイ王国-タイ古式マッサージ免許、キャンプインストラクターの資格所持という意外な側面もある。

出演番組[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]