岸本貴博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岸本 貴博(きしもと たかひろ、1974年7月25日 - )は福岡県を放送対象地域とするフジテレビ系列の放送局 テレビ西日本の報道制作局報道部に所属する報道記者、『TNCスーパーニュース』元キャスター。

経歴[編集]

愛知県豊田市出身。豊田市立平和小学校豊田市立豊南中学校愛知県立豊田南高等学校卒業後上京。 東京都国立市新聞奨学生として浪人生活を過ごした後明治大学に進学。

大学卒業と同時に父親の故郷である沖縄県に渡り、琉球放送に入社。琉球放送と深いつながりがある琉球朝日放送に出向し、報道記者として主に事件・事故・裁判を担当。2003年沖縄県の県費奨学生に選ばれてアメリカカリフォルニア大学バークレー校に留学し、 “International Diploma Program”のProject Management コースを修了。2004年帰国後は担当が県政関係に変わり、米軍普天間基地移設問題選挙県議会などの取材にあたった。

2009年、当時琉球放送でアナウンサーとして勤務していた新潟県出身の増田さと子と結婚。翌年12月に第一子となる息子が誕生。 ほぼ同時期にテレビ西日本の経験者対象キャリア採用試験を受け合格。2011年1月末に琉球放送を退職してテレビ西日本に移籍。 その年の3月28日から2013年3月29日までの2年間『スーパーニュース』のキャスターを務めた。 現在も報道部記者として活動中。

講道館柔道2段の一方、大学時代にアジアを中心に海外を30ヶ国以上放浪していたということで、タイ古式マッサージの免許を所持しているという意外な側面もある。

出演番組[編集]

関連項目[編集]

  • 下松小百合
  • 坂梨公俊
  • 野村正育(NHK福岡)
    岸本・下松の起用は野村の福岡転勤と関係があった。東京の人気アナウンサー転勤は福岡の民放にも大きな衝撃であった。

外部リンク[編集]