岸勇希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岸 勇希(きし ゆうき、1977年[1]8月13日[要出典] - )は、日本のコミュニケーション・デザイナー、クリエイティブ・ディレクター。2004年に電通に入社し2017年3月に同社から独立[2]

著書「コミュニケーションをデザインするための本(2008年、電通出版)」にて、コミュニケーション・デザインという概念を広告業界に提唱した。 広告に限らず企業の商品開発や事業デザイン、空間・都市計画、アーティストのプロデュース、ドラマなどテレビ番組の企画や制作などの活動も行っている[要出典]

経歴[編集]

愛知県名古屋市出身[1]受験浪人の後東海大学に入学[1]、同海洋学部水産学科卒業[1]早稲田大学大学院国際情報通信研究科修了。

中央大学研究開発機構専任研究員[要出典]を経て、2004年に電通に入社[2]、中部本部雑誌部に配属。

2005年に東京本社のメディア・マーケティング局で研修。その後、再び中部本部へ戻りメディア・マーケティング部へ配属。

2006年より東京本社インタラクティブ・コミュニケーション局クリエーティブ室に異動。2008年よりコミュニケーション・デザイン・センターへ。

2009年には、「Ad:tech」のキーノート・パネルに参加。

2017年1月に株式会社刻キタルを設立し、同年3月に電通から独立[2]。同年12月に個人的な問題を理由として同社代表取締役を辞任、刻キタルを退社[3]

カンヌライオンズ Cyber Lions Jury[1][4]宣伝会議販促コンペ審査員[5]全日本シーエム放送連盟ACC CM FESTIVALテレビCM部門審査員[6][7]公害等調整委員会政策評価懇談会構成員[8]

不祥事[編集]

セクハラ・パワハラ行為[編集]

2017年12月、元電通社員で作家の伊藤春香がBuzz Feed Newsの記事上で、岸から長年のセクハラ・パワハラ被害を受けていたと告発した。伊藤によると、電通在籍時に岸から暴言や深夜への呼び出しなどを受け続け、暴言の中には岸との性的な関係を要求するかのような言動を含めたセクシャルな内容もあったという[9]。また、電通退社後も伊藤の電通主催のリクルートイベントへの登壇を妨害するなど、岸による妨害や嫌がらせが続いたとの主張も行った[9]

これに対して岸は、深夜に伊藤を呼び出したこと、威圧的な発言や追い込む言動を行ったことなどは事実であると認め、現時点では伊藤を傷つけたことを強く認識しているとして、メッセンジャー(簡易短文)およびウェブサイトで伊藤に謝罪した。その一方で、性的な関係を要求したことについては否定した。[10]また、電通主催のリクルートイベントへの伊藤の登壇を止めさせるように働きかけたことは事実として認めつつも、当時伊藤が所属していた会社がステルスマーケティング問題を起こしていたため、「WOM協議会というクチコミマーケティングのガイドラインの策定」に携わっていた立場上行ったものであると釈明した[10]

ただし、WOMマーケティング協議会は、12月18日付けの同協議会Webページ上で「同氏が過去に弊協議会のガイドライン委員としてガイドライン策定に関わった事実はございません。」と否定している[11]

2017年12月18日、岸は「自分の個⼈的な問題から、社会を⼤きくお騒がせしたこと」「共にお仕事をさせていただいていた企業をはじめ関係者の皆さまに多⼤なるご心配とご迷惑をおかけしてしまったこと」を理由として、自らが代表取締役を務める株式会社「刻キタル」を退社、代表取締役及び取締役も併せて辞任することを申し出て、受理された[12]

主な仕事(広告キャンペーン・作品)[編集]

  • メ〜テレ「ウルフィ・ティッカー」配布キャンペーン(2005年)
  • マリエール「40人40色の恋愛模様」(2006年)
  • ロケットカンパニー「漢検DS」プロモーション・キャンペーン(2006年)
  • フマキラー「一発命虫!バイラル・キャンペーン」(2007年)
  • ワールド通商「求ム、天才」(2007年)
  • 永谷園「ミス冷え知らずCOLLECTION’08」(2007年)
  • 新聞ブログ(開発)コンセプト・デザイン(2008年)
  • 永谷園 「生姜部」(2008年-)
  • ソニー・コンピュータエンタテインメント「どこでもラストガイ」(2008年)
  • ソニー・ミュージックエンタテインメント「JUJU『素直になれたら』」MV (2008年)
  • ソニー・ミュージックエンタテインメント「モバイルドラマ『素直になれたら』MV」 (2008年)
  • ソニー・ミュージックエンタテインメント「JUJU 2ndアルバム『What's Love?』CM」(2009年)
  • 吉本興業 「沖縄国際映画祭」コンセプト・デザイン(2009年)
  • 高橋酒造 「あしたのわたしへ」キャンペーン(2010年)
  • ソニー・ミュージックエンタテインメント「JUJU 3rdアルバム『JUJU』CM」(2010年)
  • フジテレビ ドラマ「東京リトル・ラブ」(2010年4月-9月)
  • フジテレビ スペシャルサイト「1924」コンセプト・デザイン(2010年)
  • 講談社 「PhoneBook」(2010年)
  • 吉本興業 「芸人2」(2010年)
  • 高橋酒造 「SHIRO CHERRS SYSTEM」(2010年)
  • フジテレビ WEBドラマ 「Oh! my PROPOSE」(2010年6月-9月)
  • トヨタ自動車「AQUA」キャンペーン(2011年-)
  • 鶴屋百貨店「鶴屋イノベーション・プロジェクト」(2012年-)
  • 東急プラザ表参道原宿コンセプト・デザイン(2012年)
  • すみだ水族館アクアギャラリー展示演出「語りかけてくる展示」(2012年)
  • トヨタ自動車「MIRAI」キャンペーン(2014年-)
  • ソニー・ミュージックエンタテインメント「JUJU 29thシングル『PLAYBACK』MV」(2015年)
  • トヨタ自動車「PRIUS PHV」キャンペーン(2016年-)
  • 七夕プロジェクト(2016年-)
  • トヨタ自動車「C-HR」キャンペーン(2017年-)

著書[編集]

  • 「コミュニケーションをデザインするための本」電通出版 2008年9月発売
  • 「己を、奮い立たせる言葉。」NewsPicks Book(幻冬舎)2017年10月発売

共著・寄稿[編集]

  • 「電通広告年鑑’80-‘09」(寄稿)電通出版 2008年11月
  • 「クロスイッチ」(寄稿)ダイヤモンド社 2008年8月
  • 「基礎から学べる広告の総合講座 2008」(共著) 日経広告研究所 2007年12月
  • 「中央評論 260号」(寄稿)中央大学出版 2005年12月
  • 「市民メディア活動―現場からの報告」(共著)中央大学出版 2005年12月
  • 「中央評論 247号」(寄稿)中央大学出版 2004年4月

受賞歴[編集]

他受賞多数。

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]