岡女堂駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡女堂駅
ホーム(2005年8月)
ホーム(2005年8月)
おかめどう
Okamedō
南本別 (3.8km)
(2.5km) 本別
所在地 北海道中川郡本別町共栄
所属事業者 北海道ちほく高原鉄道
所属路線 ふるさと銀河線
キロ程 27.3km(池田起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1995年平成7年)9月4日
廃止年月日 2006年平成18年)4月21日
備考 転換後新駅。
ふるさと銀河線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示

岡女堂駅(おかめどうえき)は、北海道中川郡本別町に存在した北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線である。

概要[編集]

隣接する「岡女堂」(本社が神戸市にある甘納豆の老舗)本別工場のために岡女堂が約3000万円(車内アナウンスより)を負担して新設されたもので、それを記念して同社の社名をそのまま駅名としており、駅名標にも同社のロゴが使われていた。

後に、岡女堂本別工場は「とかち岡女堂」として別会社(子会社)となったが、路線廃止直前に経営破綻した(なお、岡女堂本体も2006年11月末に経営破綻し、同年12月12日に破産手続きが開始されている)。

2006年4月阿寒を中心に観光業を展開する株式会社阿寒グランドホテル(鶴雅グループ、現・鶴雅リゾート株式会社)が全額出資して設立した子会社「十勝豆本家」(北海道本別町共栄)が、とかち岡女堂の土地、建物、機械設備などを買収した際、当駅舎も十勝豆本家の所有となった。

駅構造[編集]

単線に単式ホームがある地上駅。無人駅だった。駅舎に入るには岡女堂の工場の敷地を通り抜けねばならないが、開放的な雰囲気で通りにくさを感じることはなかったという。出入口から駅までは屋根つきの通路が設置されており、列車の到着時にはホームのスピーカーから岡女堂社長の作曲した音楽が流れていた。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

駅跡地[編集]

レールは撤去されたが、ホームはそのまま残っている。

隣の駅[編集]

北海道ちほく高原鉄道
ふるさと銀河線
南本別駅 - 岡女堂駅 - 本別駅

関連項目[編集]