境野駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
境野駅
境野駅舎(2005年8月)
境野駅舎(2005年8月)
さかいの
Sakaino
豊住 (2.8km)
(1.8km) 西訓子府
所在地 北海道常呂郡置戸町字境野
所属事業者 北海道ちほく高原鉄道
所属路線 ふるさと銀河線
キロ程 116.6km(池田起点)
電報略号 サノ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1922年大正11年)8月1日
廃止年月日 2006年平成18年)4月21日
備考 ふるさと銀河線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
駅構内(2005年8月)
1977年、国鉄池北線時代の境野駅と周囲500m範囲。右が北見方面。千鳥式の相対ホーム2面2線であるが、島式ホームは短い簡易型であった。駅舎横の北見側に貨物ホームと引込み線がある。駅裏側の貨物積卸線は、池田側分岐を切られて引込み線化されている。かつては木材搬出を行っていた駅の一つとして、駅裏の大半がストックヤードとして使用され、沢山の木材が野積みされていた時期もあったが、倉庫や一般家屋、木工場の敷地に占められて跡形も無い。その後無人化と伴に島式ホームが撤去され、駅舎側本線に棒線化された。 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

境野駅(さかいのえき)は、北海道常呂郡置戸町字境野にあった北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線廃駅)である。電報略号サノ

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。かつては相対式ホーム2面2線を有しており列車交換が可能であった。

駅周辺[編集]

境野の集落がある。

歴史[編集]

駅跡地[編集]

駅跡を示す碑が建造されている。

駅名の由来[編集]

当駅の所在地は付近を流れる川がオケト原野とクンネップ原野の境をなすことから境川と称していたが、駅の開業時すでに境川駅(当時)が存在していたためこれを避け、原野の境ということから境野と命名された[1]

隣の駅[編集]

北海道ちほく高原鉄道
ふるさと銀河線
豊住駅 - 境野駅 - 西訓子府駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『駅名の起源』 札幌鉄道局編、北彊民族研究会、1939年、102頁。NDLJP:1029473

関連項目[編集]