甘納豆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
甘納豆(落花生)

甘納豆(あまなっとう)は、マメ類やクリハスの実、サツマイモの輪切り(芋納豆と呼ばれる)などを砂糖漬けにした和菓子のひとつ。

発酵食品である納豆(糸引き納豆)とは関連性がないが、混同されることがある。近年まで糸引き納豆の普及率が低かった近畿地方では、単に納豆と言えば甘納豆を指す場合もある。

一方、長野県の佐久地域では、単に甘納豆と言えば、煮豆と発酵麹を混ぜた食品を指す場合が多い[1]


概要[編集]

主な材料は、アズキササゲエンドウマメソラマメインゲンマメベニバナインゲン(花豆)。最近ではラッカセイダイズ(主に黒大豆:黒豆)なども用いられる。これらを砂糖と共に甘く煮詰め、更に砂糖をまぶしてから乾燥させて作る[2]

1857年(安政4年)に榮太樓が発案した。当初は浜名納豆に似せて甘名納糖と名づけられ[3]第二次世界大戦後に簡略化されて甘納豆と呼ばれるようになった。

従来の甘納豆よりも水分を多く、より低糖度に仕上げ、保存性よりも柔らかな食感とさっぱりした甘さを優先した「ぬれ甘納豆」や「つや甘納豆」と呼ばれる製品も登場した。

利用[編集]

北海道道央[4]山梨県には、甘納豆を赤飯に入れる風習がある。室町時代甲斐国(山梨県)南部の人々が移住した青森県の一部でもこの風習が残っている。

登山家の加藤文太郎は甘納豆を行動食として利用しており、厳冬期の山中では湯に入れ汁粉のようにして食べていた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『佐久市志民俗編上』全1706頁中463頁発行長野県佐久市平成2年2月20日
  2. ^ 「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p14 昭和33年(1958年)12月25日発行 ISBN 978-4582107012
  3. ^ 中山圭子 『事典 和菓子の世界』 岩波書店東京都2006年2月24日、第1刷、4-5頁。ISBN 978-4-00-080307-6
  4. ^ 赤飯は甘納豆!節分は落花生! 北海道ファンマガジン 2003年7月25日