山野 ビッグ・バンド・ジャズ・コンテスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山野 ビッグ・バンド・ジャズ・コンテスト(やまの ビッグバンドジャズコンテスト、YAMANO BIG BAND JAZZ CONTEST、通称「YBBJC」)は、日本の学生ビッグバンドジャズオーケストラを対象とした音楽コンクール山野楽器主催。

概要[編集]

山野楽器の掲げる企業理念である「音楽普及による社会貢献」の一環として、学生ビッグバンドの質と技術の向上、学生間の音楽交流とコミュニケーションの推進、ビッグバンドジャズの普及推進を目指して開催される。当初は首都圏の学生ビッグバンドによるジョイントコンサート形式だった(従って第2回から第5回の間は「山野ビッグ・バンド・ジャズ・コンサート」だった)が、1974年以降はコンクール形式が定着している。キャッチコピーでもある「Let's Drive Together!」は第1回から継続して使用されている。

対象となるバンドは全国の大学大学院短期大学専門学校に所属するビッグバンドで、メンバーの在籍校は問わない(従って、他校のビッグバンドに参加して出場することも出来る)が、プレーヤーは大学生(大学院生・短大生を含む)及び専門学校生に限られる。評価はバンドとしての評価(10項目による採点)及びソリストに対する評価(4項目による採点)が行われ、バンドには上位10位の表彰、ソリストには最優秀1名・優秀2名程度の個人表彰が行われる。

本コンテストに出場・受賞したプレーヤーがプロのミュージシャンに転向するケースも少なくなく、会場規模の拡大、予選会形式の導入など、人気が高まっている。

主催・後援など[編集]

沿革[編集]

主な出身ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g History of YBBJC”. 山野楽器. 2010年11月28日閲覧。

外部リンク[編集]