ビブラストーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
VIBRASTONE
ビブラストーン
別名 CHIKADA HARUO & VIBRASTONE
近田春夫&ビブラストーン
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ヒップホップ
ファンク
活動期間 1987年 - 1996年
レーベル ソリッドレコード 1989年
ポニーキャニオン 1991年 - 1994年
事務所 SFC音楽出版
共同作業者 小泉今日子
亀渕昭信
国本武春
メンバー
旧メンバー 髙畠俊男 (ドラムス)
Dr.Tommy (MC)

ビブラストーン(VIBRASTONE、1987年 結成 - 1996年 活動停止)は、かつて存在していた日本のヒップホップバンドである。結成当初は、CHIKADA HARUO & VIBRASTONE、あるいは近田春夫&ビブラストーン(ちかだはるお と-)と名乗っていた。

概要・略歴[編集]

1985年(昭和60年)、ヒップホップレーベル「BPM」を設立し、「President BPM」名義で日本語によるヒップホップの可能性を追求してきた近田春夫が、1986年(昭和61年)11月、同レーベルでの活動を離れて結成したのが、この「ビブラストーン」である。近田による先鋭的な歌詞と、JAGATARAOTOをはじめとする強者ミュージシャン達による高い音楽性が特徴だった。また、スタジオではスクラッチやサンプリングという手法もとりつつ[要出典]、生楽器による演奏が主であった。

同バンドの最初の発表音源は、六本木インクスティックや、渋谷クラブクアトロでのライヴを収録した『Vibra is Back』(1989年)であった。同年5月10日、小泉今日子のシングル『Fade Out』に近田が楽曲提供、メンバーが演奏に参加、同シングルはオリコンチャート最高位2位を記録した[1]1990年(平成2年)、キーボードの渡辺貴浩が正式加入した[2]

1991年(平成3年)、ポニーキャニオンと契約、同年7月3日、アルバム『ENTROPY PRODUCTIONS』でメジャーデビューを果たす。1993年(平成5年)5月21日キューンレコードからリリースされた電気グルーヴの『FLASH PAPA MENTHOL』のレコーディングに、近田・Dr.Tommy・OTOを除いた全メンバーが参加、近田が編曲した楽曲『Bingo!』を演奏した[3]

1994年(平成6年)9月21日のアルバム『NATIONAL』のリリース以降、オリジナルの音源を発表していない。同年、Dr.Tommyがソロアルバムを発表の後に脱退。

その後、近田もマイクをとらずにモーグを弾くという、インストゥルメンタルのみの楽曲(新曲)を下北沢CLUB CUEで演奏したが、それが最後の演奏となった。1996年(平成8年)、活動停止した[2]

メンバー[編集]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  1. Vibra is Back1989年12月1日) - 「CHIKADA HARUO & VIBRASTONE」名義[4]
  2. ENTROPY PRODUCTIONS1991年7月3日、廃盤) - 「ビブラストーン」名義、メジャーデビュー盤
  3. Smile!! It's not the end of the world1993年2月3日、廃盤)
  4. NATIONAL1994年9月21日、廃盤)
  5. BEST 1991→1994,→ 1995年9月21日) - CD / LPレコード両発売

マキシシングル[編集]

  1. ジェットコースター (1991年7月21日、廃盤)
  2. MIKKY-D 金っきゃねぇ (1991年9月21日、廃盤)
  3. フーディスト村 (1992年1月21日、廃盤)
  4. ナイトメア (1994年9月7日、廃盤)

シングル[編集]

  1. やだ / いいじゃん (1992年7月17日、廃盤) ※「いいじゃん」はサントリービール「ライツ」CMソング
  2. TVドラマはすべて現実? / HEAVY(LIVE VERSION) (1993年1月21日、廃盤)

ビデオ[編集]

  1. ビデオストーン - 俺達にパワーをくれ! (1992年、VHSセル、廃盤)

ビブリオグラフィ[編集]

  • 『VIBE RHYME』 (川勝正幸編、アイセクション、1994年) ※歌詞集

ビブラストーンのCDには歌詞カードがなく、後に歌詞集として発売された。CDに歌詞カードがなかったのは、『Smile!! It's not the end of world』の「ブラックボックス」に"この程度でもCDカードには載せられないんですか"とあるように、レコード会社が自粛したためである[要出典]

2012年2月1日複製Webサイトとして公開される。(2018年1月、管理者の都合により一時閉鎖。) 2019年3月、スモール出版より復刻版が発売された。

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ Fade Out (小泉今日子の曲)」の項の記述を参照。
  2. ^ a b 渡辺貴浩公式サイト内の記事「Profile」の記述を参照。
  3. ^ FLASH PAPA MENTHOL」の項の記述を参照。
  4. ^ アルバム『Vibra is Back』(ソリッドレコード1989年12月1日発売)のジャケット、ライナーの記述を参照。

外部リンク[編集]