山本有造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山本 有造(やまもと ゆうぞう、1940年 - )は、日本の経済学者歴史学者京都大学名誉教授、元中部大学特任教授
専門は数量経済史、日本経済史特に日本帝国史、日本植民地史、貨幣・金融史。博士(経済学)。

略歴[編集]

京都市出身。1967年京都大学大学院経済学研究科修士課程修了。三和銀行を経て、京都大学人文科学研究所助手、神戸商科大学助教授、京都大学人文科学研究所助教授、同教授、中部大学人文学部教授を経て、同大学特任教授。(2011年3月退職)[1][2]

学位・業績[編集]

博士(経済学)京都大学(1993)[3]論文名は「日本植民地経済史研究 」。[4]

学会活動[編集]

社会経済史学会

著書[編集]

単著[編集]

編著[編集]

  • 『「満洲国」の研究』(京都大学人文科学研究所、1993年/改訂新版、緑蔭書房、1995年)
  • 『帝国の研究 原理・類型・関係』(名古屋大学出版会、2003年)
  • 『「満洲」記憶と歴史』(京都大学学術出版会、2007年)

共編著[編集]

訳書[編集]

  • (マルチェロ・デ・チェッコ)『国際金本位制と大英帝国 1890-1914年』(三嶺書房、2000年)

典拠と注釈[編集]

典拠[編集]

  • 山本有造教授略歴・著作目録[京都大学・紅]

注釈[編集]

  1. ^ 山本有造教授略歴・著作目録
  2. ^ 中部大学教員情報
  3. ^ 山本有造教授略歴・著作目録
  4. ^ 博士論文書誌データベース

外部リンク[編集]