小町谷照彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小町谷 照彦(こまちや てるひこ、1936年6月22日 - 2014年10月31日)は、日本の国文学者東京学芸大学名誉教授。中古文学、特に和歌を専攻。叙従四位瑞宝中綬章受章。

来歴[編集]

長野県駒ヶ根市生まれ。東京大学文学部国文学科卒業、同大学院博士課程単位取得退学東京都立高等学校教諭を経て、成城大学短期大学助教授、東京学芸大学教授、2000年定年退官。東京経済大学教授。2014年、胃癌で死去[1]。叙従四位瑞宝中綬章受章[2]

妻・小町谷新子(1936-)は滝井孝作の娘で、『一生の春 父・滝井孝作』(蝸牛社 1990)などの著書がある。

著書[編集]

共編著[編集]

校註[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東京学芸大名誉教授、小町谷照彦さん死去 朝日新聞 2014年11月1日
  2. ^ 2014年12月8日官報