小町谷照彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小町谷 照彦(こまちや てるひこ、1936年6月22日 - 2014年10月31日)は、国文学者東京学芸大学名誉教授。中古文学、特に和歌を専攻。

来歴[編集]

長野県駒ヶ根市生まれ。東京大学文学部国文学科卒業、同大学院博士課程単位取得退学。東京都立高等学校教諭を経て、成城大学短期大学助教授、東京学芸大学教授、2000年定年退官。東京経済大学教授。2014年、胃癌で死去[1]。叙従四位瑞宝中綬章受章[2]

妻・小町谷新子(1936-)は滝井孝作の娘で、『一生の春 父・滝井孝作』(蝸牛社 1990)などの著書がある。

著書[編集]

  • 小倉百人一首 くわしい解説・設問付き 文英堂 1983(シグマベスト)
  • 源氏物語の歌ことば表現 東京大学出版会 1984.8
  • 藤原公任 余情美をうたう 王朝の歌人7 集英社 1985.6
  • 古今和歌集と歌ことば表現 岩波書店 1994.10
  • 王朝文学の歌ことば表現 若草書房 1997(中古文学研究叢書.3)
  • 中古の日本文学 放送大学 1997
  • 古今和歌集 ちくま学芸文庫 2010.3

共編著[編集]

  • 古典文学基礎知識必携 學燈社 1992.8
  • 源氏物語図典 秋山虔共編 小学館 1997.7
  • 平安朝の文学 鈴木日出男共編著 放送大学教育振興会 2001
  • 必携源氏物語を読むための基礎百科 學燈社 2004.6
  • 東書最新全訳古語辞典 三角洋一共編 東京書籍 2006.1
  • 絵とあらすじで読む源氏物語 渓斎英泉『源氏物語絵尽大意抄』 新典社 2007.7

校註[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東京学芸大名誉教授、小町谷照彦さん死去 朝日新聞 2014年11月1日
  2. ^ 2014年12月8日官報