小泉奈津美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こいずみ なつみ
小泉 奈津美
生誕 1988年7月8日(28歳)
日本の旗 日本 神奈川県
国籍 日本の旗 日本
職業 プロボウラー

小泉 奈津美(こいずみ なつみ、1988年7月8日[1] - )は、日本のプロボウラーJPBA第46期生。ライセンスNo.497(2013年交付)。神奈川県出身。名古屋産業大学卒業[2]グランドボウル所属。

人物[編集]

ナショナルチーム時代に『ボウリング革命 P★League』(以下Pリーグ)に出場。キャッチフレーズは初期は『ジャパンのド根性娘』だったが後期は『逆襲のベイビーフェイス』となった。Pリーグ第19戦から第30戦は全日本ナショナルチームとして出場。最高成績は第24戦の第3位。師匠はPリーグ解説者でもある北岡義実小川美紀。尊敬するプロボウラーに同じくグランドボウルに所属している酒井美佳の名前を挙げている。

2013年に日本プロボウリング協会のプロテストにトップ合格してプロ入りを果たした。第34戦以降出場していなかったPリーグは第46戦より復帰し、復帰戦で最高成績タイの第3位に入り、第58戦で第56戦からPリーグの会場となったホームの川崎グランドボウルで3戦目で初勝利、決勝戦で尊敬する酒井美佳と対戦し、自己最高の第2位に入り、第59戦も松永裕美には敗れたものの2大会連続で第2位に入り、第60戦で自身初の3大会連続初戦突破で初の第6シーズンチャンピオン決定戦進出を決め、さらに悲願のPリーグ初優勝を飾った。その後行われたシーズンチャンピオン決定戦は第6シーズン第2戦の決勝戦と同じ顔合わせ(吉田真由美と松永裕美)で敗れたものの、シーズン獲得ポイントは第1シーズンで森彩奈江が獲得した24ポイントを上回る29ポイント。第61戦で松永裕美・吉田真由美に次ぐ3人目の連覇を達成した。

日頃は所属である川崎グランドボウルにて受付やレッスンなどの通常業務をしながら自らのレッスンにも励んでいる。[3]

プロ入り後の戦績[編集]

2013年[編集]

  • 第29回六甲クィーンズオープントーナメント 第7位

2014年[編集]

  • 2014プロボウリングレディース新人戦 第3位
  • ROUND1Cup Ladies 2014 第3位

2015年[編集]

2016年[編集]

Pリーグでの成績(3位以内)[編集]

  • 第24戦 第3位
  • 第46戦 第3位
  • 第58戦 第2位
  • 第59戦 第2位
  • 第60戦 優勝
  • 第6シーズンチャンピオン決定戦 第3位
  • 第61戦 優勝(自身初の連覇)

脚注[編集]

  1. ^ 女子46期プロテスト合格者一覧(社団法人日本プロボウリング協会)
  2. ^ 小泉奈津美|P★リーガー プロフィール|P★League
  3. ^ 「BS日テレ番組情報」(発行:BS日テレ編成)「ボウリング革命・P★Leagueの注目メンバー」(2015年秋号)より。