山田幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山田 幸
個人情報
フルネーム山田幸
生誕 (1995-07-19) 1995年7月19日(26歳)
大阪府
身長168 cm (5 ft 6 in)
スポーツ
日本の旗 日本
競技ボウリング
プロ転向2015年

山田 幸(やまだ ゆき、1995年7月19日 -)は、日本のプロボウラー。永久A級ライセンス所持者。JPBA第48期生。ライセンスNo.524(2015年交付)[1]大阪府出身。ボウルアロー所属。用品契約はABS「アメリカンボウリングサービス」夫はプロボウラーの和田秀和。弟の山田成人もプロボウラー。

人物[編集]

Pリーグのキャッチフレーズは「新世代のカリスマ」。

ルーキーイヤーの2015年・第47回全日本女子プロボウリング選手権大会を準決勝3位で通過し、上位4名による決勝ステップラダーでは、3強(吉田真由美松永裕美姫路麗(優勝決定戦・再優勝決定戦を連勝))を下し、最年少で全日本制覇、同年のポイントランキングで17位に入る。

2年目にしてトーナメントシードとなった2016年でも、第11回MKチャリティカップ において、JPBA公認大会では自身初となる800シリーズの達成とともに優勝し、通算2勝目を挙げた。

Pリーグでは第7シーズンから出場、シーズン第1戦に出場するために行われる6ショットで19位以下となり、デビュー戦はシーズン第2戦(第62戦)となったが、1回戦(対戦相手は小林あゆみと遠藤未菜)を勝利で飾った。

Pリーグ初優勝は復帰戦の第70戦にて。

2020年12月1日、同じボウルアロー所属のプロボウラー・和田秀和と結婚したことを報告[2][3]

2021年6月10日、第一子となる女児を出産。

プロ入り後の戦績[編集]

2015年[編集]

  • 第38回ジャパンオープン 22位
  • 第47回全日本女子プロボウリング選手権大会 優勝
  • JLBCクィーンズオープン 12位

2016年[編集]

2017年[編集]

  • 第12回MKチャリティカップ10位
  • 第49回全日本女子プロボウリング選手権大会 6位

2018年[編集]

  • 第13回MKチャリティカップ14位
  • 第50回全日本女子プロボウリング選手権大会6位

2019年[編集]

  • 第42回STORMジャパンオープン17位
  • 全卸連プレゼンツJPBA☆SSSカップ2019女子6位
  • 第42回JLBCプリンスカップ7位
  • 第51回全日本女子プロボウリング選手権大会14位

2020年[編集]

  • 第1回大岡産業レディースオープントーナメント18位

2021年[編集]

  • APAプレゼンツKING’S&QUEEN’S女子14位
  • 全卸連プレゼンツJPBA☆SSSカップ2021女子13位

2022年[編集]

  • 第43回関西オープンボウリングトーナメント女子3位

通算2勝。800シリーズ達成1回。[編集]

Pリーグでの成績[編集]

  • 第10シーズン第1戦(第70戦)で、浅田梨奈、鈴木亜季との決勝戦に臨み、スコア258でPリーグ復帰戦を優勝で飾る。
  • 第86戦 第3位
  • 第87戦 第2位
  • 第15シーズンチャンピオン決定戦 第2位

その他表彰[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 正会員名簿 関西・南地区 公益社団法人 日本プロボウリング協会
  2. ^ ご報告 - Rankseeker 和田秀和公式ブログ 2020年12月1日 (2021年2月16日閲覧)
  3. ^ 2020年12月1日の山田幸のツイート

外部リンク[編集]