小日向神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小日向神社
Kobinata Jinja.JPG
所在地 東京都文京区小日向2-16-6
位置 北緯35度71分08秒
東経139度73分48秒
主祭神 誉田別命、建速須佐之男命
社格 村社
創建 (合祀年)1869年
別名 八幡様
例祭 9月15日
テンプレートを表示

小日向神社(こひなたじんじゃ、こびなたじんじゃ)は東京都文京区小日向にある神社である。

祭神[編集]

誉田別命(誉田天皇)(ほんだわけのみこと(ほんだのすめらみこと))、建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)の2神を祀る。

由緒[編集]

氷川神社天慶3年(940年)春、常陸国国司であった平貞盛が当地を平定し、その奉賛として文京区水道2丁目付近にあった曹洞宗日輪寺(現在は文京区小日向1丁目に移転)の蓮華山に創建された後、太田道灌により再興され小日向の鎮守として栄えた。八幡神社貞観3年(860年)創建され、往時の名を「田中八幡」といい、現在の文京区音羽1丁目に鎮座していて、古くからこの地域の氏神さまとして里人に親しまれていた。明治2年(1869年)9月に両社が合祀され、明治4年(1871年)小日向神社と改称された。明治5年(1872年)11月に村社に列せられた。当社には有栖川宮・小松宮の掛軸や額等が収蔵されていたが、昭和20年(1945年)5月25日の空襲により焼失し、短刀二振のみが残ったという。戦後、昭和24年(1949年)に仮殿にて復興、昭和38年(1963年)には現在の本殿が再建された。

総本社[編集]

境内社[編集]

  • 秋葉稲荷神社

氏神区域[編集]

東京都文京区

  • 水道一丁目
  • 水道二丁目
  • 小日向一丁目
  • 小日向二丁目
  • 小日向三丁目
  • 小日向四丁目
  • 関口一丁目

交通[編集]

外部リンク[編集]