小室信介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小室 信介(こむろ しんすけ、1852年9月4日嘉永5年7月21日) - 1885年明治18年)8月25日)は、明治期の官僚、自由民権運動家、丹後宮津藩士。小室案外堂と号した。

経歴[編集]

砲術家・小笠原忠四郎の第二子(小笠原長道)として生まれる。藩校礼譲館に学び、1867年(慶応3年)、同藩助教に補せられる。廃藩後、1872年明治5年)から1875年(明治8年)まで京都府綴喜郡井手村(現・井手町)の小学校教員を務める。1875年(明治8年)、宮津において地元有志と共に「天橋義塾」を設立したが、同年岩滝村(現・京都府与謝郡与謝野町)出身の豪商小室信夫の養子となり、その長女幸子と結婚。小室信介と改名する。1876年(明治9年)には宮津を離れて上京。6月、小室信夫が保証人となり慶應義塾に入塾した。在塾当時の勤怠表では「小室信介 出席割合 100」とある。なお、養父・小室信夫は民撰議院設立建白書板垣退助ら4人の旧参議と共に署名した一人であった。

1877年(明治10年)に西南戦争が始まると高知に戻る板垣らと同船して宮津に帰ったが、同年末には同志と共に国事犯の嫌疑を受けて一時拘束された。1879年(明治12年)には大阪日報の記者となり、日本立憲政党(総裁、中島信行)の機関紙『日本立憲政党新聞』と改名以降も関係を保ち、関西における自由民権運動の雄となった。1883年(明治16年)、同党解散後に上京して自由新聞の社員となり、星亨の出資によって1884年(明治17年)に創刊された『自由燈』の編集にあたり、その一方で1882年(明治15年)には李氏朝鮮(現・韓国北朝鮮)視察を行い、1884年(明治17年)には甲申事変の処理のために渡韓する全権大使井上馨外務省奏任御用掛として随行し、帰国中に病死した。

著書[編集]

参考文献[編集]