小原佳太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小原 佳太
基本情報
本名 小原 佳太
階級 ウェルター級
身長 179cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1986-11-12) 1986年11月12日(31歳)
出身地 岩手県北上市
スタイル ボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 21
勝ち 18
KO勝ち 16
敗け 2
引き分け 1
テンプレートを表示

小原 佳太(おばら けいた、1986年11月12日 - )は、日本プロボクサー岩手県北上市出身。第37代日本スーパーライト級王者。第36代OPBF東洋太平洋スーパーライト級王者。現WBOアジアパシフィックウェルター級王者。三迫ボクシングジム所属。

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

岩手県立黒沢尻工業高等学校ボクシングを始め、2004年全国高校総体(インターハイ)でフェザー級3位。高校卒業後、東洋大学に進学。2006年のじぎく兵庫国体成年ウェルター級優勝、2008年チャレンジ!おおいた国体成年ウェルター級優勝。東洋大学ボクシング部の1年先輩にロンドン五輪金メダリストの村田諒太がいる。

プロ時代[編集]

大学卒業後、三迫ジムに入門。

2010年8月9日、プロデビュー戦で2002年全日本スーパーフェザー級新人王である熊野和義と対戦。初回から右アッパーでダウンを奪い優位に試合を進めたが、5Rに逆転TKO負けし黒星デビューとなった。その後7連勝し日本ランキング1位となる。

2013年4月9日、後楽園ホールで外園隼人を相手に4回2分KO勝ちし日本スーパーライト級王座を獲得した。

2013年12月22日、OPBF東洋太平洋スーパーライト級王座の獲得を目指す為に2度防衛した日本スーパーライト級王座を返上した[1]

2014年4月14日、OPBF東洋太平洋スーパーライト級2位のジェイ・ソルミアノとOPBF東洋太平洋スーパーライト級王座決定戦を行い、4回KO勝ちを収め王座獲得に成功した[2]

2015年11月7日、アメリカのフロリダ州マイアミのミコウスキー・インディアン・ゲーミン・リゾートにてケビン・ビザーvsフレデリック・ロウゾンの前座でIBF世界スーパーライト級9位のウォルター・カスティージョとIBF世界スーパーライト級王座挑戦者決定戦のノンタイトル12回戦で対戦し引き分けた。

その後IBFはカスティージョとの再度の挑戦者決定戦を認め交渉が進められていたが、カスティージョ陣営が辞退を申し出たため、IBFは小原と三迫ジムに対し挑戦者決定戦をスキップして直接王者へ挑戦することを認める通達を出した[3]

2016年9月9日、ロシアモスクワのクリリヤ・ソヴェトフでIBFIBO世界スーパーライト級王者エドゥアルド・トロヤノフスキーと対戦。2回にトロヤノフスキーの強打からの右アッパーでリング外まで飛ばされるダウンを奪われ急いでリングへ戻ったが、試合再開と同時にトロヤノフスキーが猛烈なコンビネーションを仕掛けるとそのままレフェリーがストップ。2回1分35秒TKO負けを喫しIBF王座並びにIBO王座獲得に失敗した[4][5][6]

2016年11月1日、IBFは最新ランキングを発表し、上述のトロヤノフスキー戦に敗れ王座獲得に失敗した小原をIBF世界スーパーライト級13位にランクインした[7]

2017年3月2日、IBFは最新ランキングを発表し、小原をIBF世界スーパーライト級14位にランクインした[8]

2017年8月10日、後楽園ホールで行われた「ダイヤモンドグローブ」でサダム・キェッヨンユッとWBOアジアパシフィックウェルター級王座決定戦を行い、2回2分43秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功、再起を果たした[9][10]

エピソード[編集]

戦績[編集]

  • プロボクシング:21戦18勝(16KO)2敗1分

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 小原佳太が日本Sライト級王座返上 日刊スポーツ 2013年12月25日
  2. ^ 小原、派手に東洋太平洋タイトル奪取 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年4月14日
  3. ^ 小原佳太に世界挑戦のチャンス、IBFが即挑戦認める Boxing News(ボクシングニュース) 2016年2月5日
  4. ^ Troyanovsky destroys Obara, retains IBF 140lb title Archived 2016年9月10日, at the Wayback Machine. Fightnews.com 2016年9月9日
  5. ^ “小原佳太2回TKO負け 連打でリング外転落”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2016年9月10日). http://www.nikkansports.com/battle/news/1707601.html 2016年9月10日閲覧。 
  6. ^ 小原佳太が2回TKO負け、IBF・SL級王座獲得ならず Boxing News(ボクシングニュース) 2016年9月10日
  7. ^ IBF Ratings IBF公式サイト 2016年11月1日
  8. ^ IBF Ratings IBF公式サイト 2017年3月2日
  9. ^ 小原佳太が2回TKO勝ち、WBOアジア王座獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月10日
  10. ^ Obara wins vacant WBO ASPAC 147lb belt Fightnews.com 2017年8月11日
  11. ^ マニー・パッキャオ。終 小原佳太 の ONE TIME、2013年11月3日
  12. ^ 小原、パッキャオ効果でV2死角なし!/BOX SANSPO.COM(サンスポ)、2013年12月9日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
岩渕真也
第37代日本スーパーライト級王者

2013年4月9日 - 2013年12月22日(返上)

空位
次タイトル獲得者
岡田博喜
空位
前タイトル保持者
金民旭
第36代OPBF東洋太平洋スーパーライト級王者

2014年4月14日 - 2016年1月12日(返上)

空位
次タイトル獲得者
アル・リベラ