岩渕真也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岩渕 真也
基本情報
本名 岩渕 真也
階級 スーパーライト級
身長 170cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1985-07-16) 1985年7月16日(32歳)
出身地 埼玉県八潮市[1]
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 25
勝ち 21
KO勝ち 17
敗け 4
テンプレートを表示

岩渕 真也(いわぶち しんや、1985年7月16日 - )は、日本プロボクサー埼玉県八潮市出身。第36代日本スーパーライト級王者。草加有沢ボクシングジム所属。花咲徳栄高等学校卒業[1]。高校の同期に渡部あきのり。担当トレーナーは高校の先輩でもある有澤和広(カズ有沢)で、入場曲も有沢が現役時代に使用したイースト17「HOUSE OF LOVE」。

来歴[編集]

高校生の時にボクシングを始める[1]

2004年2月2日のプロデビューから2連敗。

2005年4月5日、デビュー戦の相手だった石山翔と再戦。4回TKOで初勝利をあげるとともに雪辱を果たす。

2010年、バイク運転中の事故で右膝後十字および右手親指靭帯を断裂[1]

2011年10月15日、2011年「最強後楽園」日本タイトル挑戦権獲得トーナメントスーパーライト級決勝で麻生興一(角海老宝石)と対戦し、1回1分37秒TKO勝ちを収め、「最強後楽園」優勝を果たすと共に最優秀選手賞を受賞した。

2012年2月13日、和宇慶勇二ワタナベ)が持つ日本スーパーライト級王座に挑戦し、7回KOで王座奪取[2]

2012年6月29日、小澤剛に判定勝ちで初防衛を果たし[3]、11月3日、2度目の防衛戦では同級4位で元王者の長瀬慎弥を7回KOで下した[4]

2013年2月11日、指名挑戦者細川バレンタイン宮田)に8回TKO勝ちを収めて3度目の防衛に成功した[5]

2013年3月2日、日本スーパーライト級王座を返上[6]

2013年4月21日、日韓親善対抗戦のメインイベントとしてWBC世界スーパーライト級8位でOPBF東洋太平洋同級王者の金民旭韓国)に挑戦するも0-3(114-116、115-117、113-116)の12回判定負けでタイトル獲得とはならなかった[7]

戦績[編集]

  • プロボクシング:29戦24勝(20KO)5敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2004年2月2日 敗北 4R 0:31 負傷判定(1-2) 石山翔 日本の旗 日本
(ワタナベ)
プロデビュー戦
2 2004年9月13日 敗北 4R 判定(0-3) 眞榮城寿志 日本の旗 日本
(角海老宝石)
3 2005年4月5日 勝利 4R 1:11 TKO 石山翔 日本の旗 日本
(ワタナベ)
4 2005年9月25日 勝利 3R 2:01 TKO 斉藤義明 日本の旗 日本
(F原田)
5 2006年3月1日 勝利 1R 2:56 TKO 中島大介 日本の旗 日本
(足利JK)
6 2006年5月29日 勝利 4R 判定(3-0) 高橋尚貴 日本の旗 日本
(角海老宝石)
7 2006年9月5日 勝利 4R 2:17 TKO 遠藤勉 日本の旗 日本
(野口)
8 2006年12月6日 勝利 6R 判定(3-0) 生田真敬 日本の旗 日本
(ワタナベ)
9 2007年4月5日 勝利 5R 2:09 TKO 池田俊輔 日本の旗 日本
(角海老宝石勝又)
10 2007年7月4日 勝利 3R 1:51 KO ソムヌック・ソーウォラピン タイ王国の旗 タイ
11 2007年12月3日 勝利 6R 2:59 TKO 豊嶋耕志 日本の旗 日本
(F原田)
12 2008年3月4日 勝利 2R 2:54 TKO チョークチャラーム・ウォースラポン タイ王国の旗 タイ
13 2008年7月9日 敗北 8R 判定(0-3) 小出大貴 日本の旗 日本
(緑)
14 2008年12月1日 勝利 1R 2:51 TKO 田中慎吾 日本の旗 日本
(西城)
15 2009年4月6日 勝利 3R 0:42 KO サードトラ・サンデージム タイ王国の旗 タイ
16 2009年10月5日 勝利 4R 2:59 KO 森下裕己 日本の旗 日本
(協栄)
17 2010年7月1日 勝利 1R 2:58 TKO ジョスマル・ケフィ  インドネシア
18 2011年2月2日 勝利 8R 判定(3-0) 小竹雅元 日本の旗 日本
(三迫)
19 2011年7月6日 勝利 4R 0:47 TKO 小池浩太 日本の旗 日本
(ワタナベ)
2011最強後楽園トーナメント/スーパーライト級準決勝
20 2011年10月15日 勝利 1R 1:37 TKO 麻生興一 日本の旗 日本
(角海老宝石)
2011最強後楽園トーナメント/スーパーライト級決勝/優勝
21 2012年2月13日 勝利 7R 1:34 KO 和宇慶勇二 日本の旗 日本
(ワタナベ)
日本スーパーライト級タイトルマッチ・王座獲得
22 2012年6月29日 勝利 10R 判定(3-0) 小澤剛 日本の旗 日本
(18鴻巣)
日本王座防衛1
23 2012年11月3日 勝利 7R 2:51 KO 長瀬慎弥 日本の旗 日本
(F赤羽)
日本王座防衛2
24 2013年2月11日 勝利 8R 2:00 TKO 細川バレンタイン 日本の旗 日本
(宮田)
日本王座防衛3
25 2013年4月21日 敗北 12R 判定(0-3) 金民旭 大韓民国の旗 韓国 OPBF東洋太平洋スーパーライト級タイトルマッチ
26 2013年10月28日 勝利 4R 2:49 TKO 小川浩一 日本の旗 日本
(F原田)
27 2014年2月28日 勝利 7R 0:45 TKO ジムレックス・ハカ フィリピンの旗 フィリピン
28 2014年8月11日 敗北 12R 0:19 TKO 小原佳太 日本の旗 日本
(三迫)
OPBF東洋太平洋スーパーライト級タイトルマッチ
29 2015年2月10日 勝利 7R 1:21 KO ルイス・アラグアヤン ベネズエラの旗 ベネズエラ
テンプレート

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
和宇慶勇二
第36代日本スーパーライト級王者

2012年2月13日 - 2013年3月2日

次王者
小原佳太