岩渕真也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岩渕 真也
基本情報
本名 岩渕 真也
階級 スーパーライト級
身長 170cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1985-07-16) 1985年7月16日(32歳)
出身地 埼玉県八潮市[1]
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 32
勝ち 26
KO勝ち 22
敗け 6
テンプレートを表示

岩渕 真也(いわぶち しんや、1985年7月16日 - )は、日本の元プロボクサー埼玉県八潮市出身。第36代日本スーパーライト級王者。草加有沢ボクシングジム所属。花咲徳栄高等学校卒業[1]。高校の同期に渡部あきのり。担当トレーナーは高校の先輩でもある有澤和広(カズ有沢)で、入場曲も有沢が現役時代に使用したイースト17「HOUSE OF LOVE」。

来歴[編集]

高校生の時にボクシングを始める[1]

2004年2月2日のプロデビューから2連敗。

2005年4月5日、デビュー戦の相手だった石山翔と再戦。4回TKOで初勝利をあげるとともに雪辱を果たす。

2010年、バイク運転中の事故で右膝後十字および右手親指靭帯を断裂[1]

2011年10月15日、2011年「最強後楽園」日本タイトル挑戦権獲得トーナメントスーパーライト級決勝で麻生興一(角海老宝石)と対戦し、1回1分37秒TKO勝ちを収め、「最強後楽園」優勝を果たすと共に最優秀選手賞を受賞した。

2012年2月13日、和宇慶勇二ワタナベ)が持つ日本スーパーライト級王座に挑戦し、7回KOで王座奪取[2]

2012年6月29日、小澤剛に判定勝ちで初防衛を果たし[3]、11月3日、2度目の防衛戦では同級4位で元王者の長瀬慎弥を7回KOで下した[4]

2013年2月11日、指名挑戦者細川バレンタイン宮田)に8回TKO勝ちを収めて3度目の防衛に成功した[5]

2013年3月2日、日本スーパーライト級王座を返上[6]

2013年4月21日、日韓親善対抗戦のメインイベントとしてWBC世界スーパーライト級8位でOPBF東洋太平洋スーパーライト級王者の金民旭韓国)と対戦し、12回0-3(114-116、115-117、113-116)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[7]

2013年10月28日、後楽園ホールで小川浩一とスーパーライト級8回戦を行い、4回2分49秒TKO勝ちを収め再起を果たした[8]

2014年2月28日、後楽園ホールでWBO世界スーパーライト級12位のジムレックス・ハカと141ポンド契約8回戦を行い、7回45秒TKO勝ちを収めた[9]

2014年3月15日、WBOは最新ランキングを発表し、上述のハカ戦を制した岩渕をWBO世界スーパーライト級11位にランクインした[10]

2014年8月11日、後楽園ホールでOPBF東洋太平洋スーパーライト級王者の小原佳太と対戦し、12回19秒TKO負けを喫し王座獲得に失敗した[11]

2014年8月21日、WBOは最新ランキングを発表し、上述の小原戦に敗れた岩渕をWBO世界スーパーライト級ランキングから圏外とした[12]

2015年2月10日、後楽園ホールで行われた「DANGAN122」でルイス・アラグアヤンと対戦し、7回1分21秒KO勝ちを収め再起を果たした[13]

2015年5月2日、後楽園ホールで行われた「DANGAN127」で日本スーパーライト級8位の吉田龍生とスーパーライト級8回戦を行い、6回2分41秒TKO勝ちを収めた[14]

2015年9月5日、後楽園ホールで行われた「DANGAN138」でロメオ・ジャコサレムとスーパーライト級8回戦を行い、3回2分59秒TKO勝ちを収めた[15]

2016年2月11日、後楽園ホールで行われた「ダイヤモンドグローブ/DANGAN153」で小原佳太の王座返上に伴いOPBF東洋太平洋スーパーライト級4位のアル・リベラとOPBF東洋太平洋スーパーライト級王座決定戦を行い、7回1分25秒TKO負けを喫し王座獲得に失敗した[16]

2016年4月18日、自身のブログで現役引退を表明した[17][18]

2016年7月8日、同日付で日本ボクシングコミッションに引退届を提出した[19]

2017年11月11日、後楽園ホールで行われた「DANGAN200」で引退式を行った[20]

戦績[編集]

  • プロボクシング:32戦26勝(22KO)6敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2004年2月2日 敗北 4R 0:31 負傷判定(1-2) 石山翔 日本の旗 日本
(ワタナベ)
プロデビュー戦
2 2004年9月13日 敗北 4R 判定(0-3) 眞榮城寿志 日本の旗 日本
(角海老宝石)
3 2005年4月5日 勝利 4R 1:11 TKO 石山翔 日本の旗 日本
(ワタナベ)
4 2005年9月25日 勝利 3R 2:01 TKO 斉藤義明 日本の旗 日本
(F原田)
5 2006年3月1日 勝利 1R 2:56 TKO 中島大介 日本の旗 日本
(足利JK)
6 2006年5月29日 勝利 4R 判定(3-0) 高橋尚貴 日本の旗 日本
(角海老宝石)
7 2006年9月5日 勝利 4R 2:17 TKO 遠藤勉 日本の旗 日本
(野口)
8 2006年12月6日 勝利 6R 判定(3-0) 生田真敬 日本の旗 日本
(ワタナベ)
9 2007年4月5日 勝利 5R 2:09 TKO 池田俊輔 日本の旗 日本
(角海老宝石勝又)
10 2007年7月4日 勝利 3R 1:51 KO ソムヌック・ソーウォラピン タイ王国の旗 タイ
11 2007年12月3日 勝利 6R 2:59 TKO 豊嶋耕志 日本の旗 日本
(F原田)
12 2008年3月4日 勝利 2R 2:54 TKO チョークチャラーム・ウォースラポン タイ王国の旗 タイ
13 2008年7月9日 敗北 8R 判定(0-3) 小出大貴 日本の旗 日本
(緑)
14 2008年12月1日 勝利 1R 2:51 TKO 田中慎吾 日本の旗 日本
(西城)
15 2009年4月6日 勝利 3R 0:42 KO サードトラ・サンデージム タイ王国の旗 タイ
16 2009年10月5日 勝利 4R 2:59 KO 森下裕己 日本の旗 日本
(協栄)
17 2010年7月1日 勝利 1R 2:58 TKO ジョスマル・ケフィ  インドネシア
18 2011年2月2日 勝利 8R 判定(3-0) 小竹雅元 日本の旗 日本
(三迫)
19 2011年7月6日 勝利 4R 0:47 TKO 小池浩太 日本の旗 日本
(ワタナベ)
2011最強後楽園トーナメント/スーパーライト級準決勝
20 2011年10月15日 勝利 1R 1:37 TKO 麻生興一 日本の旗 日本
(角海老宝石)
2011最強後楽園トーナメント/スーパーライト級決勝/優勝
21 2012年2月13日 勝利 7R 1:34 KO 和宇慶勇二 日本の旗 日本
(ワタナベ)
日本スーパーライト級タイトルマッチ・王座獲得
22 2012年6月29日 勝利 10R 判定(3-0) 小澤剛 日本の旗 日本
(18鴻巣)
日本王座防衛1
23 2012年11月3日 勝利 7R 2:51 KO 長瀬慎弥 日本の旗 日本
(F赤羽)
日本王座防衛2
24 2013年2月11日 勝利 8R 2:00 TKO 細川バレンタイン 日本の旗 日本
(宮田)
日本王座防衛3
25 2013年4月21日 敗北 12R 判定(0-3) 金民旭 大韓民国の旗 韓国 OPBF東洋太平洋スーパーライト級タイトルマッチ
26 2013年10月28日 勝利 4R 2:49 TKO 小川浩一 日本の旗 日本
(F原田)
27 2014年2月28日 勝利 7R 0:45 TKO ジムレックス・ハカ フィリピンの旗 フィリピン
28 2014年8月11日 敗北 12R 0:19 TKO 小原佳太 日本の旗 日本
(三迫)
OPBF東洋太平洋スーパーライト級タイトルマッチ
29 2015年2月10日 勝利 7R 1:21 KO ルイス・アラグアヤン ベネズエラの旗 ベネズエラ
30 2015年5月2日 勝利 6R 2:41 TKO 吉田龍生 日本の旗 日本
(本田フィットネス)
31 2015年9月5日 勝利 3R 2:59 TKO ロメオ・ジャコサレム フィリピンの旗 フィリピン
32 2016年2月11日 敗北 7R 1:25 TKO アル・リベラ フィリピンの旗 フィリピン OPBF東洋太平洋スーパーライト級王座決定戦
テンプレート

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d “挫折が人を強くする 徳栄高ボクシング部OB王者3人そろい踏み”. 埼玉新聞. (2013年2月24日). http://www.saitama-np.co.jp/news02/24/08.html 
  2. ^ “岩渕、7回KOで新王者/BOX”. サンケイスポーツ. (2012年2月14日). http://www.sanspo.com/fight/news/120214/fgb1202140503002-n1.htm 
  3. ^ “岩渕、判定初防衛に反省「出来1点」”. デイリースポーツ. (2012年6月30日). http://www.daily.co.jp/ring/2012/06/30/0005176052.shtml 
  4. ^ “岩渕がV2 日本S・ライト級”. ボクシングニュース「Box-on!」 . (2012年11月3日). http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2012/11/blog-post_3.html 
  5. ^ “岩渕、逆転KOでV3! 王座返上で東洋太平洋へ”. スポーツ報知. (2013年2月12日). オリジナル2013年2月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130212180325/http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20130211-OHT1T00196.htm 
  6. ^ “岩渕がタイトル返上 決定戦は小原×外園”. ボクシングニュース「Box-on!」. (2013年3月5日). http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2013/03/blog-post_8687.html 
  7. ^ “岩渕判定負けで王座奪取逃す/ボクシング”. 日刊スポーツ. (2013年4月21日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20130421-1115757.html 
  8. ^ 岩渕がTKOで再起、柳は10連勝 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年10月28日
  9. ^ 岩渕が世界ランカー下す、ハカに7回TKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2014年2月28日
  10. ^ WBOランキング、岩渕、翁長、黒田がランクイン Boxing News(ボクシングニュース) 2014年3月15日
  11. ^ 小原佳太が最終回TKO勝ち、岩渕との頂上対決制す Boxing News(ボクシングニュース) 2014年8月11日
  12. ^ WBO最新ランク コバレフMVP、亀田興毅ら圏外へ Boxing News(ボクシングニュース) 2014年8月21日
  13. ^ 岩渕真也、ベネズエラ王者を7回KOで再起 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年2月10日
  14. ^ 岩渕真也、ランカー吉田龍生にTKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2015年5月2日
  15. ^ 中澤将信が日本SL級暫定王者、小竹雅元との接戦制す Boxing News(ボクシングニュース) 2015年9月5日
  16. ^ 岩渕真也が7回TKO負け、OPBF王座獲得ならず Boxing News(ボクシングニュース) 2016年2月11日
  17. ^ 岩渕真也の遊びじゃないから 2016年4月18日参照
  18. ^ 元日本S・ライト級王者の岩渕真也が引退表明 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月19日
  19. ^ 辰吉寿以輝あす第5戦、尾川堅一に豊橋市スポーツ賞 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年7月8日
  20. ^ 小浦翼が2-0判定勝ち、谷口将隆との激闘制す Boxing News(ボクシングニュース) 2017年11月11日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
和宇慶勇二
第36代日本スーパーライト級王者

2012年2月13日 - 2013年3月2日

次王者
小原佳太