宮本敬文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮本 敬文(みやもと けいぶん、1966年[1] - 2016年8月3日)は、埼玉県浦和市(現:さいたま市)生まれの写真家映画監督小説家

日本大学芸術学部、New York School of Visual Arts大学院卒業後、 N.Yにて活動を開始。2002年帰国。現在、広告、雑誌、CF等で活躍していた。

2012年11月劇場映画初監督作品「The Moment -写真家の欲望-」発表。

中田英寿と親交が深い。

2016年8月3日脳出血にて死去[2]。50歳没。

主な仕事[編集]

広告[編集]

他。

雑誌[編集]

ローリングストーン、Harper`s BAZAAR、CUT、rockin’on、H、SWITCH、Esquire、GQ、BRUTUS、ELLE、MEN’S NON-NO、GLOW、Numero、anan、SOTOKOTO、Interview、他。

TV-CF[編集]

  • JUJU MV“ありがとう”
  • レノボ・ジャパン“IdeaPad”
  • 東芝“dynabook”
  • キャノンマーケティングジャパン“EOS7D”
  • TOYOTA“カローラ”
  • 山崎製パン
  • TBC
  • AIU

他。

出版物[編集]

映画 2003年 The moment 写真家の欲望 操上和美ドキュメンタリー

作品収蔵[編集]

  • Museum of Modern Art : New York City
  • Museum of Fine Art : Houston

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 宮本敬文 -写真家- - J-wave
  2. ^ “写真家の宮本敬文氏死去 「SMAP」や中田英寿選手の写真集”. 産経新聞. (2016年8月5日). http://www.sankei.com/life/news/160805/lif1608050022-n1.html 2016年8月5日閲覧。 

外部リンク[編集]

http://whiskystudio.net/ 個人のホームページ

http://shooting-mag.jp/blog/2012/12/000428.html