宮子あずさ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮子 あずさ(みやこ あずさ、1963年(昭和38年)6月30日 - )は、日本の看護師随筆家。 母は作家評論家吉武輝子

経歴[編集]

明治大学中退後、東京厚生年金看護専門学校に入学。同校を卒業後1987年より東京厚生年金病院に勤務。内科病棟を経て、神経科病棟および緩和ケア病棟の看護師長を歴任する。2009年3月、勤務先を退職。現在は精神科病院のパート訪問看護師として勤務するかたわら、大学非常勤講師やコラムニスト(東京新聞)を務める。博士(看護学)[1]

学歴[編集]

  • 明治大学文学部中退
  • 東京厚生年金看護専門学校卒業(専門士)
  • 武蔵野美術大学短期大学部通信教育部デザイン科卒業(短期大学士)
  • 産能大学経営情報学部経営情報学科通信教育部卒業(経営情報学士)
  • 中央大学法学部通信教育課程中退
  • 武蔵野美術大学造形学部通信教育部芸術文化学科造形研究コース卒業(造形学士)
  • 明星大学人文学研究科教育学専攻修士課程(通信教育課程)修了(教育学修士)
  • 東京女子医科大学大学院看護学研究科看護学専攻博士後期課程看護職生涯発達学分野修了 博士(看護学)

著作[編集]

単行本[編集]

  • あずさの性の話・生の話 : 女と男が生きるには (1984年3月, 新泉社)
  • 21歳のロードマップ (1985年9月, 教育史料出版会)
  • あずさの性の話・生の話 : 女と男が生きるには (1989年5月, 新泉社)
  • 親ばなれできないかもしれない症候群 (1992年2月, 海竜社) ISBN 4-7593-0304-9
  • 看護婦たちの物語 (1993年1月, 弓立社) ISBN 4-89667-264-X
  • 看護婦だからできること (1993年2月, リヨン社) ISBN 4-576-92169-X
  • 本音で話そう「看護婦問題」 : 現場からの言い分 (1993年4月, 未來社) ISBN 4-624-50103-9
  • 看護婦が見つめた人間が死ぬということ (1994年1月, 海竜社) ISBN 4-7593-0375-8
  • 看護婦泣き笑いの話 (1994年5月, 講談社) ISBN 4-06-207055-3
  • やさしい血 : ナースステーションからの伝言 (1995年5月, 河出書房新社) ISBN 4-309-00986-7
  • 看護婦が見つめた人間が死ぬということ 続 (1996年1月, 海竜社) ISBN 4-7593-0454-1
  • 看護婦だからできること 2 (1996年11月, リヨン社) ISBN 4-576-96157-8
  • こんな私が看護婦してる (1996年7月, 集英社文庫) ISBN 4-08-748502-1
  • 看護婦泣き笑いの話 (1997年4月, 講談社文庫) ISBN 4-06-263494-5
  • ナースコール : だから看護婦はやめられない (1997年7月, 講談社ニューハードカバー) ISBN 4-06-264054-6
  • 老親の看かた、私の老い方 : 看護婦が考えた「老い」と「介護」 (1998年2月, 講談社ニューハードカバー) ISBN 4-06-264070-8
  • 看護婦が見つめた人間が死ぬということ (1998年4月, 講談社文庫) ISBN 4-06-263220-9
  • 35歳は強気ときどき弱気 (1998年6月, 徳間書店) ISBN 4-19-860865-2
  • 看護婦を生きる : 精神科病棟の日々 (1999年3月, 岩波書店) ISBN 4-00-002832-4
  • 看護婦だからできること (1999年4月, 集英社) ISBN 4-08-747045-8
  • 内科病棟24時 : 生命を愛する看護婦たちの物語 (1999年4月, 講談社) ISBN 4-06-264537-8
  • 宮子あずさの患者さんのやわらかい見方年 1 (1999年8月, 日本看護協会出版会) ISBN 4-8180-0693-9
  • 看護婦が見つめた人間が病むということ (1999年9月, 海竜社) ISBN 4-7593-0603-X
  • 宮子あずさの患者さんのやわらかい見方年 2 (1999年9月, 日本看護協会出版会) ISBN 4-8180-0694-7
  • 気持ちのいい看護 (2000年9月, 医学書院) ISBN 4-260-33088-8
  • つらい心への処方箋 : 楽しく生きるための知恵 (2001年1月, ポプラ社) ISBN 4-591-07032-8
  • ほんわかナース生活 (2001年3月, 大和書房) ISBN 4-479-01134-X
  • 宮子あずさの患者さんのやわらかい見方年 3 (2001年3月, 日本看護協会出版会) ISBN 4-8180-0833-8
  • 看護婦だからできること 2 (2001年5月, 集英社) ISBN 4-08-747324-4
  • 35歳は強気ときどき弱気 (2002年6月, 幻冬舎) ISBN 4-344-40252-9
  • 宮子あずさのナースな毎日 (2003年4月, 実務教育出版) ISBN 4-7889-6417-1
  • 看護婦だからできること 3 (2004年12月, リヨン社) ISBN 4-576-04251-3
  • 大学通信教育は卒業できる! (2004年3月, メディカ出版) ISBN 4-8404-0791-6
  • 病院にかかるときの知恵袋 : 看護師だから、こう思う (2004年6月, 講談社) ISBN 4-06-272261-5
  • 老親の看かた、私の老い方 (2004年8月, 集英社) ISBN 4-08-747733-9
  • ナースな言葉 : こっそり教える看護の極意 (2005年1月, 集英社) ISBN 4-08-747876-9
  • 看護婦が見つめた人間が死ぬということ (2005年4月, 海竜社) ISBN 4-7593-0869-5
  • 人生に必要なことはぜんぶ看護に学んだ : 宮子あずさのサイキア・トリップ (2007年6月, 医学書院) ISBN 978-4-260-00319-3
  • ナース主義! (2007年9月, 集英社文庫) ISBN 978-4-08-746216-6
  • 卵の腕まくり (2008年1月, 集英社文庫) ISBN 978-4-08-746361-3
  • 看護婦が見つめた人間が病むということ (2008年12月, 講談社文庫) ISBN 978-4-06-276229-8
  • 看護師専用お悩み外来 (2008年7月, 医学書院) ISBN 978-4-260-00652-1

単行本(共著)[編集]

単行本(監修)[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]