看護専門学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
沖縄中央病院看護専門学校
(現: 沖縄県立中部病院看護専門学校)

看護専門学校(かんごせんもんがっこう、英語: nursing school)、および看護師養成所は、看護師を養成するための看護教育を行う日本の学校である。名称は「○○看護専門学校」に限らず「○○看護学校」の場合も多い。

一般的には全日制で修業年限が3年であることが多いが、すでに准看護師資格を有する者が看護師(正看護師)になるために学ぶ修業年限が2年のコースも存在する。専門教育の中では、看護に関する講義だけでなく、医療処置や看護技術に関する実技演習や、病院実習などが多いことも特徴である。

卒業と共に看護師国家試験の受験資格が得られ、試験に合格することで看護師になれる。

概要[編集]

学校の法的な位置づけは、専修学校1975年(昭和50年) - )の中の専門学校扱いがほとんどで、一部各種学校になっているものもある。

かつては働きながら学ぶというケースも少なくなく、夜間制や昼間の定時制もあったが、今ではほとんどが姿を消している一方で、大学を卒業した社会人が看護師となるべく入学してくる割合が増加しており、リカレント教育としての役割も期待され始めている。

日本における保健師助産師看護師養成所には、他に修業年限4年の看護大学、もしくは修業年限3年の看護短期大学があり、近年、看護大学の卒業生の割合が増えてきているものの、今のところ最も多くの看護師を養成しているのは本項で扱う看護専門学校である。英語でschool of nursingと表記した場合は、大学の看護学部を指すことが一般的で、日本では「看護大学(看護大)」として区別している。

修業年限3年のコースでは、看護大学と異なり、看護師の受験資格が取得できるのみで、保健師助産師については別途、保健師・助産師養成所に進学する必要がある。ただし、1997年4月、「看護師・保健師統合カリキュラム」が制定され、保健師の受験資格も同時に取得できる修業年限4年の看護専門学校が設立されており、2006年6月現在で10校存在する[1]。なお、看護師・助産師統合カリキュラムも同時に制定されたが、2006年6月現在開設されていない[1]

また看護専門学校の卒業生等に対して、3年次への編入学の道を用意している看護大学もあり、そこで保健師や助産師の教育を受ける者もいる。

設置主体による学校の種類[編集]

看護専門学校の設置主体には以下のようなものがあり、それぞれに特徴がある。

  • 都道府県や市町村が公立病院に付属する形で
  • 独立した看護学校として - 同一地域の公立病院において実習を行うなど協力関係を結んでいる。
  • 1999年から始まった国立病院国立療養所などの統廃合により、附属の看護学校も予算削減の対象となって消えていくケースがある。
  • 2004年4月の国立病院機構の発足までに附属の看護学校、准看護学校およびリハビリテーション学院など全国50余校が順次閉校となった。
  • 国立、公立、私立大学が設置する学校(医学部附属看護学校などとして)
  • 1990年代後半から看護学科などが設置され大学での看護教育が行われるようになり、例えば国立大学では東京大学医学部附属看護学校が2002年に閉校となるなど専門学校が姿を消す流れが見られる
  • 一方で、私立大学では、大学の定員だけでは附属病院の看護師の需要を満たせないと考えられる場合、特に北里大学日本医科大学東京女子医科大学東京慈恵会医科大学のように複数の地域で病院を有する場合などに、大学教育とは別に看護学校が設置されている例もみられる[2]

教育内容[編集]

一般的な3年制の全日制看護専門学校の場合、保健師助産師看護師学校養成所指定規則第4条3項に基づき、教育内容は以下の別表3に定めるもの以上とすること、とされている。

別表3
教育内容 単位数
基礎分野 科学的思考の基盤 13
人間と生活・社会の理解
専門基礎分野 人体の構造と機能 15
疾病の成り立ちと回復の促進
健康支援と社会保障制度 6
専門分野I 基礎看護学 10
臨地実習 3
 基礎看護学 3
専門分野II 成人看護学 6
老年看護学 4
小児看護学 4
母性看護学 4
精神看護学 4
臨地実習 16
 成人看護学 6
 老年看護学 4
 小児看護学 2
 母性看護学 2
 精神看護学 2
統合分野 在宅看護論 4
看護の統合と実践 4
臨地実習 4
 在宅看護論 2
 看護の統合と実践 2
合計 97

准看護師養成校からの進学者[編集]

准看護師の養成学校、あるいは高等学校の衛生看護科等(看護高等学校)から進学を希望する者のための「進学コース」と称される2年課程の教育を行う看護専門学校も多数存在したが、准看護師の養成校が減少していることから(1967年753校→2013年235校)、現在[いつ?]は250校程度まで減少している。そのほか2年過程の通信制が2016年4月現在19校ある[3]。2015年12月21日、厚生労働省は、通信制の入学資格の1つである実務経験年数を10年以上から7年以上に短縮した[4]。2018年4月1日施行で、さらに「5年以上」への短縮も含め、2021年を目途に必要な見直しを行うとしている[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 看護師等養成所の統合カリキュラムを考える(医学教育Vol. 38 (2007) No. 5, 321-324
  2. ^ 北里大学には学校法人北里研究所によって北里看護専門学校が設置されている。
  3. ^ 医療関係職種養成施設 看護師[2年課程【通信制(短大含む)】 - 厚生労働省
  4. ^ a b 保健師助産師看護師分科会審議会資料 - 厚生労働省ページ下部の「看護師学校養成所2年課程通信制の入学要件の見直しについて」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]