ナンバースクール (宮城県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1927年昭和2年)頃の仙臺市および近郊地図
当時は、一高が「第一中學校」(校地は現在地)、二高が「第二中學校」(校地は現在地)、宮一が「第一高等女學校」(校地は現・東北電力本店ビル所在地)、二華が「第二高等女學校」(校地は現在地)、三桜が「第三高等女學校」(校地は現・宮一所在地)と称していた。なお、三高は高度経済成長期の創立のため存在していない。

宮城県におけるナンバースクールとは、県都である仙台市に立地し、校名に数字を冠し、明治時代に創立された旧制中学校高等女学校の伝統を継承し、入学難易度・進学実績が高い、4つの県立高等学校

の通称である[注釈 1]

本記事では、基本としては上記の4校について述べ、必要に応じて、宮城県仙台第三高等学校宮城県仙台三桜高等学校(旧・宮城県第三女子高等学校)の2校にも言及する。

概要[編集]

ナンバースクール4校の成立[編集]

戦後学制改革により、それまでの旧制中学校および高等女学校新制高等学校へ転換された。

その結果、仙台市内には、旧制中学校から転換した男子校である宮城県仙台第一高等学校(一高)、宮城県仙台第二高等学校(二高)の2校、高等女学校から転換した女子校である宮城県第一女子高等学校(一女)、宮城県第二女子高等学校(ニ女)、宮城県第三女子高等学校(三女)の3校が所在することになった。これに戦後の1963年に新設された男子校である宮城県仙台第三高等学校(三高)が加わった。

※カッコ内は仙台圏での通称。以下同じ。

上記の6校の中でも、男子校の一高・二高、女子校の一女・ニ女の4校は、明治時代からの長い伝統、それに裏打ちされた権威を持ち、戦前・戦後を通じて、入学難易度や進学実績において高いレベルを維持していた。なお、一高と二女は近接しており(連坊地区)、二高と一女も近接していた(二高がある川内地区と一女がある八幡地区は、広瀬川を挟んで向かい合う)。2018年現在も、4校の校地は移動していない。

さらに、俗にいう二学区制(北学区・南学区)により、居住地によって受験できる高校が制限されていた時期には、「北学区の男子トップクラスは二高、女子トップクラスは一女」「南学区の男子トップクラスは一高、女子トップクラスは二女」を受験する以外の選択肢がない状況となり、4校がナンバースクールの地位を確立した。

その後、いわゆる二学区制は撤廃され、宮城県全体が一つの学区になり、宮城県内のどこに居住していても、志望する公立高校を受験できる制度に変わっているが、ナンバースクール4校が別格に扱われる状況は、2018年現在も概ね維持されている。

県立高校の一律共学化、旧女子校の改称・改組[編集]

宮城県教育委員会による「県立高校の一律共学化」政策のもと、2007年(平成19年)度から2010年(平成22年)度にかけ、これら全ての学校は男女共学とされ、男子校であった3つの高校は校名を変更しなかったが、一女は宮城県宮城第一高等学校(宮一)、三女は宮城県仙台三桜高等学校(三桜)に改称、二女は中高一貫校である宮城県仙台二華中学校・高等学校(二華)に改組されたが、いずれの校名にも、改称・改組前と共通の数字が残された。

ナンバースクール4校[編集]

宮城県仙台第一高等学校[編集]

通称は「一高」(いちこう)もしくは「仙台一高」(せんだいいちこう)。1892年(明治25年)創立。男子校であったが、2010年度に共学化された。生徒会が2008年度に「一律共学化断固反対委員会」を設立するほど共学反対の声が非常に強く、共学化されてからも卒業生を中心に非難の声が絶えない。旧市街地の連坊地区にある。1892年、宮城県尋常中学校が開校したが、1900年に尋常中学校仙台本校と仙台分校を元に仙台一中と仙台二中が作られた。仙台一中を前身とする。尋常中学校の歴史は仙台一中が引き継いだ。旧一学区化時、新制高校以降宮城県の高校入試最難関の進学校となった。二学区化時は、中部南学区(通称「南学区」)に属し、南学区では最難関進学校であった。東京大学合格者を現・浪合わせて年間5名前後輩出する。

宮城県仙台第二高等学校[編集]

通称は「二高」(にこう)もしくは「仙台二高」(せんだいにこう)。1900年(明治33年)創立。男子校であったが、2007年度に共学化された。旧市街地の川内地区にある。尋常中学仙台本校と仙台分校を元に旧制仙台一中と旧制仙台二中が作られ、旧制仙台二中を前身とする。旧一学区化時は仙台一高に次ぐ二番手に甘んじていた。二学区化時は、中部北学区(通称「北学区」)に属し、北学区のみならず宮城県内の最難関進学校であった。東京大学合格者を現・浪合わせて年間10人前後輩出する。

宮城県宮城第一高等学校[編集]

通称は「宮一」(みやいち)あるいは「宮城第一」(みやぎだいいち)、または女子校時代の校名を取った「一女」(いちじょ)。1897年(明治30年)創立。女子校であったが、2008年度に共学化され、現在の校名となった。理数科を設置している。旧市街地の八幡地区にある。前身は仙台市高等女学校、その後宮城県に移管され、宮城県高等女学校 → 宮城県第一高等女学校。戦後、宮城県第一女子高等学校となった。宮城県において一学区時は三番手、二学区時は二番手の進学校であった。二学区化時は北学区に属していた。東京大学合格者を年間5名前後輩出する。

宮城県仙台二華中学校・高等学校[編集]

通称は「二華」(にか)あるいは「仙台二華」(せんだいにか)、または女子校時代の校名を取った「二女」(にじょ)。1904年(明治37年)創立。女子校であったが、2010年度に共学化され、中高一貫教育校に改組されて現在の名称となった。旧市街地の連坊地区にある。前身は私立の東華高等女学校、その後宮城県に移管され、宮城県第二高等女学校。戦後、宮城県第二女子高等学校となった。二学区化時は南学区に属しており、南学区の女子高としては入学難易度・進学実績が最も高かった。

交流[編集]

一高二高定期戦[編集]

一高と二高の運動部の定期戦。

1900年(明治33年)に始まる[1][注釈 2]、硬式野球部の定期戦は、東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地である楽天生命パークで毎年春に盛大に開催され「杜の都の早慶戦」と称される[1][2][3]

他にも、様々な運動部の定期戦が存在する。

一女二女三女運動部定期戦(廃止)[編集]

2006年まで行われていた旧女子校三校運動部の定期戦。現在は行われていない。

ソフトテニス定期戦[編集]

一高・二高・三高が参加しているソフトテニスの定期戦。現時点ではナンバースクール間の定期戦において三高が唯一参加している定期戦。三高はこの他の競技にも参加しようと一高・二高に働きかけているが、実現の見通しは立っていない。

独特の風習[編集]

  • 部名(ぶめい)

宮城県下の旧女子校の風習。部活に入った新一年生は、上級生に部活内部で使用するあだ名(部名)を命名される。共学化した宮一の男子にも部名が命名されており、今なお存続している。

制服[編集]

一高・二高・宮一は、共学化以前から服装自由である。一方、二華は共学化以前・以後とも制服が定められている。

その他[編集]

  • 一女(現・宮一)、二女(現・二華)、三女(現・三桜)は、かつて仙台市民から「頭の一女、顔の二女、体の三女」と通称された[4]。「一女は頭が良い生徒が多く、二女はかわいい生徒が多く、三女は体育会系の生徒が多い」という意味[4]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 宮城県仙台第三高等学校宮城県仙台三桜高等学校(旧・宮城県第三女子高等学校)も「県都である仙台市に立地し、校名に数字を冠する高等学校」であるが、創立時期が遅いこと・入学難易度と進学実績が劣ることで、ナンバースクールとは別に扱われる。宮城県仙台第三高等学校(1963年(昭和38年)創立)は、宮城県仙台向山高等学校1973年(昭和48年)創立)、宮城県泉館山高等学校1983年(昭和58年)創立)の3校と、設立の経緯、入学難易度・進学実績が共通している。
  2. ^ 早慶戦は1903(明治36年)に始まる。

出典[編集]

  1. ^ a b “宮城)「杜の都の早慶戦」仙台一高・二高野球部が定期戦” (日本語). 朝日新聞. (2018年5月13日). オリジナル2018年5月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180520024649/https://www.asahi.com/articles/ASL5D45LQL5DUNHB001.html 2018年5月20日閲覧。 
  2. ^ “仙台二、15安打9点猛攻コールド快勝/宮城 - 高校野球” (日本語). 日刊スポーツ. (2015年7月9日). オリジナル2018年4月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180401183025/https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1504168.html 2018年4月1日閲覧。 
  3. ^ “仙台一高VS二高、応援で火花 「杜の都の早慶戦」前哨戦” (日本語). 産経新聞. (2018年5月11日). オリジナル2018年5月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180520025210/https://www.sankei.com/region/news/180511/rgn1805110031-n1.html 2018年5月20日閲覧。 
  4. ^ a b 都会生活研究プロジェクト「仙台チーム」 (2013). 仙台ルール. 中経出版. p. 134. ISBN 978-4-8061-4814-2. 

関連項目[編集]