ナンバースクール (宮城県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1927年昭和2年)頃の仙臺市および近郊地図
当時は、仙台一高が「第一中學校」(校地は現在地)、仙台二高が「第二中學校」(校地は現在地)、宮城一高が「第一高等女學校」(校地は現・東北電力本店ビル所在地)、仙台二華高が「第二高等女學校」(校地は現在地)、仙台三桜高が「第三高等女學校」(校地は現・宮城一高所在地)と称していた。なお、仙台三高は高度経済成長期の創立のため存在していない。

宮城県におけるナンバースクールとは、校名に数字を冠した県立高等学校の通称・総称である。

概要[編集]

ナンバースクールとは、宮城県による設立順を示す“ナンバー”を校名に冠した旧制中学校・旧制高等女学校を前身校に持つ6高校の総称(と一覧)である。

戦後の学生制度改革により、それまでの旧制中学校および高等女学校から新制高校へ転換され、仙台市内には、男子校である宮城県仙台第一高等学校、宮城県仙台第二高等学校と、女子校である宮城県第一高等女学校、宮城県第二高等女学校、宮城県第三高等女学校という、比較的長い歴史を持った進学校群があり、それぞれの学区内における入試難易度も上位にあったことから、しばしばひと括りにされた。これに戦後開校された宮城県仙台第三高等学校が加わって、「ナンバースクール」を構成していた。

宮城県教育委員会による「県立高校の一律共学化」政策のもと、2007年(平成19年)度から2010年(平成22年)度にかけてこれら全ての学校は男女共学とされ、宮城一女高は宮城県仙台第一高等学校、宮城三女高は宮城県仙台三桜高等学校に改称、宮城県第二高等女学校は中高一貫校である宮城県仙台二華中学校・宮城県仙台二華高等学校となったが、何れの校名にも数字が残された。

なお、旧女子校3校は、現在の宮城一高の校地に存在していた時期を持つ(参照)。また、2015年度(平成27年度)開業予定の仙台市地下鉄東西線の連坊駅が宮城県仙台第一高等学校および宮城県仙台三桜高等学校、同線宮城野通駅が宮城県仙台二華中学校・宮城県仙台二華高等学校、同線国際センター駅が仙台二高および宮城一高の最寄宮城県立駅となり、6校中4校が同線沿線に位置することになる。

近年は仙台三桜をナンバースクールから除き、「TOP5(トップファイブ)」と呼ぶこともある。

旧制中学校[編集]

宮城県立第一中学校、(現)宮城県仙台第一高等学校

宮城県立第二中学校、(現)宮城県仙台第二高等学校

宮城県立第三中学校、(現)宮城県古川高等学校

宮城県立第四中学校、(現)宮城県角田高等学校

宮城県立第五中学校、(現)宮城県築館高等学校

宮城県立第六中学校、(現)宮城県佐沼高等学校

旧高等女学校[編集]

宮城県立第一高等女学校、(現)宮城県宮城第一高等学校

宮城県立第二高等女学校、(現)宮城県仙台二華中学校・宮城県仙台二華高等学校

宮城県立第三高等女学校、(現)宮城県仙台三桜高等学校

新制高等学校[編集]

宮城県仙台第一高等学校

通称一高、仙台一高。1892年創立。男子校であったが、2010年度に共学化された。生徒会が2008年度に「一律共学化断固反対委員会」を設立するほど共学反対の声が非常に強く、共学化されてからも卒業生を中心に非難の声が絶えない。旧市街地の連坊地区にある。1892年、宮城県尋常中学校が開校したが、1900年に尋常中学校仙台本校と仙台分校を元に仙台一中と仙台二中が作られた。仙台一中を前身とする。尋常中学校の歴史は仙台一中が引き継いだ。旧一学区化時、新制高校以降宮城県の高校入試最難関の進学校となった。二学区化制時は、中部南学区(通称「南学区」)に属し、南学区では最難関進学校で、東京大学合格者を年間5名前後輩出する。

宮城県仙台第二高等学校正門

宮城県仙台第二高等学校

通称二高、仙台二高。1900年創立。男子校であったが、2007年度に共学化された。旧市街の川内地区にある。尋常中学仙台本校と仙台分校を元に旧制仙台一中と旧制仙台二中が作られ、旧制仙台二中を前身とする。旧一学区化時は仙台一高に次ぐ実績にあまんじる事となった。二学区化時は、中部北学区(通称「北学区」)に属し、宮城県の高校入試最難関の進学校であった。東大合格者が現・浪合わせて年間10人前後輩出する。

宮城県仙台第三高等学校

通称三高、仙台三高。1963年創立。男子校であったが、2009年度、校舎の新築と共に共学化された。理数科を設置している。前身に旧制中学の流れはなく、ナンバースクール中で最も新しい高校である。第一次ベビーブームの生徒の入学に合わせて創立された。市内中心部より離れた鶴ケ谷地区にある。二学区化時は北学区に属し、仙台二高、宮城一高に次ぐ進学校であった。大学浪人率で全国十傑に入るほど進学実績は低迷した時期もあるが、近年進学実績は向上している。

宮城県宮城第一高等学校

通称一女、宮一。1897年創立。女子高であったが、2008年度共学化され、現在の校名となった。理数科を設置している。旧市街地の八幡地区にある。前身は旧制仙台市高等女学校、その後宮城県に移管され、旧制宮城県高等女学校、戦後、宮城県第一女子高等学校となった。宮城県において一学区時は三番手、二学区時はおおむね二~三番手の進学校であった。二学区化時は北学区に属していた、東大合格者が年間5名前後輩出する。

宮城県仙台二華中学校・宮城県仙台二華高等学校

通称二女、二華。1904年創立。女子高であったが、2010年度共学化され、現在の校名に変更、中高一貫教育校となった。旧市街地の連坊地区にある。二学区化時は南学区に属していた。前身は私立の東華高等女学校、後、宮城県に移管され、宮城県第二高等女学校、戦後、宮城県第二女子高等学校となった。二学区時は、南学区の女子高としては偏差値が最も高かった。

宮城県仙台三桜高等学校

通称三女、三桜。1924年創立。女子高であったが、2010年度共学化され、現在の校名に変更された。宮城県第三女子高等学校が前身。旧市街地近郊にある門前町地区にある。二学区化時は南学区に属していた。全国的に音楽部が有名である。

設置学科[編集]

基本的には普通科のみの設置だが、仙台三高・宮城一高には、普通科のほかに、理数科が設置されている。

入試[編集]

ナンバースクールは入試の際、英語・数学には選択問題があり、B問題と呼ばれる発展的内容の問題を選択しなければならなかった。この問題は発展的内容であるため、高得点を取ることは難しかった。2013年度入試よりB問題は廃止された。 また、推薦入試が廃止され、代わって前期選抜が行われている(これまでの一般入試は後期選抜と呼ばれる)。とはいえ実態は推薦入試と変わらず、県内最難関の仙台二高では、「9教科評定平均4.8以上または4.3以上かつ体育的活動で県大会ベスト8以上もしくは文化的活動で東北大会以上」が出願基準となっている。 前期選抜では、国語、数学、英語が共通問題とされ、小論文などの独自問題が出題される。小論文の配点は、仙台二高・仙台三高は100点、仙台一高・宮城一高・仙台二華・仙台三桜は75点となっている。

交流[編集]

一高二高定期戦

仙台一高と仙台二高の定期戦であり硬式野球をはじめとしたさまざまな定期戦が存在する。 一女二女三女運動部定期戦

2006年まで行われていた旧女子高三校運動部の定期戦。現在は行われていない。

ソフトテニス定期戦

仙台一高・仙台二高・仙台三高が参加しているソフトテニスの定期戦。現時点ではナンバースクール間の定期戦において仙台三高が唯一参加している定期戦。仙台三高はこの他の競技にも参加しようと仙台一高・二高に働き掛けているが、現在実現の見通しは立っていない。

独特の風習[編集]

  • 部名(ぶめい)

宮城県下の高校では旧女子高にのみある風習である『部名』。部活に入った新一年生は、上級生に部活内部で使用するあだ名(部名)を命名される風習。共学化した宮一の男子にもつけているので、今なお存続している。

制服[編集]

仙台一高・仙台二高・仙台三高・宮城一高には制服は存在しない。過去に制服は存在したのだが、1970年代前半の学生運動期には既に制服が廃止されている。一方、仙台二華・仙台三桜は制服が指定されている。

その他[編集]

  • 宮城一女(現・宮城一高)、宮城二女(現・仙台二華)、宮城三女(現・仙台三桜)は、かつて仙台市民から「頭の一女、顔の二女、体の三女」と表現された[1]。意味は、「一女は頭が良い生徒が多く、二女はかわいい生徒が多く、三女は体育会系の部活が盛ん」とされる[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 都会生活研究プロジェクト「仙台チーム」 (2013). 仙台ルール. 中経出版. p. 134. ISBN 978-4-8061-4814-2. 

関連項目[編集]