完州郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:龍進邑にある郡庁の建物の外観の画像提供をお願いします。2013年4月
全羅北道 完州郡
316 Geungnakjeon hall of Hwaeomsa.jpg
花巌寺の極楽殿
位置
Map Wanju-gun.png
各種表記
ハングル: 완주군
漢字: 完州郡
片仮名転写: ワンジュ=グン
ローマ字転写 (RR): Wanju-gun
統計
面積: 820.98 km²
総人口: 86,657人(2013年11月) 人
行政
国: 韓国の旗 大韓民国
上位自治体: 全羅北道
下位行政区画: 3邑10面
完州郡の木: ケヤキ
完州郡の花: クロフネツツジ
完州郡の鳥: カササギ
自治体公式サイト: 完州郡

完州郡(ワンジュぐん)は、大韓民国全羅北道中部にある郡。

道庁所在地である全州市を取り囲むようにして存在する。もともとは全州市(現在)とひとつの行政区を成していた。

2012年に全州市との統合を問う住民投票が実施されたが、反対が上回り統合は白紙化された。

行政[編集]

行政区域[編集]

邑・面 法定里
参礼邑(サムネ=ウプ) 旧瓦里、参礼里、石田里、於田里、海田里、峀渓里、新金里、新卓里、後亭里、下里
鳳東邑(ポンドン=ウプ) 高川里、九万里、九尾里、九岩里、洛平里、芚山里、成徳里、新成里、龍岩里、栗所里、隠下里、長久里、場基里、堤内里
龍進邑(ヨンジン=ウプ) 澗中里、九億里、上三里、上雲里、新池里、龍興里、雲谷里
伊西面(イソ=ミョン) 伊門里、葛山里、金渓里、龍棲里、上開里、盤橋里、南渓里、金坪里、銀橋里、伊成里
上関面(サングァン=ミョン) 新里、竹林里、龍岩里、衣岩里、馬峙里
所陽面(ソヤン=ミョン) 大興里、明徳里、新橋里、新元里、新村里、竹節里、海月里、花心里、黄雲里
九耳面(クイ=ミョン) 桂谷里、光谷里、徳川里、斗峴里、白如里、安徳里、元基里、平村里、亢佳里
高山面(コサン=ミョン) 南峰里、三奇里、西峰里、聖才里、小向里、陽也里、於牛里、五山里、栗谷里、邑内里、花亭里
華山面(ファサン=ミョン) 城北里、升峙里、臥龍里、牛月里、雲谷里、雲山里、雲梯里、宗里、春山里、花月里、花平里
雲洲面(ウンジュ=ミョン) 姑堂里、九梯里、金塘里、山北里、完昌里、長仙里
庚川面(キョンチョン=ミョン) 庚川里、龍伏里、佳川里
飛鳳面(ピボン=ミョン) 内月里、大峙里、百島里、鳳山里、所農里、水仙里、泥田里
東上面(トンサン=ミョン) 大雅里、詞峰里、水満里、新月里
  • 人口が最も多いのは鳳東邑であるが、郡庁所在地は龍進邑である。
  • 伊西面は全州市、金堤市の間にある飛び地になっている。

警察[編集]

歴史[編集]

  • 百済の完山。
  • 685年 - 新羅、完山州設置。
  • 757年 - 全州に改称(全国九州の一つ)。
  • 892年 - 後百済の都となる。
  • 1597年 - 日本軍入城。
  • 1892年 - 東学革命軍入城。
  • 1914年4月1日 - 郡面併合により、全州府・高山郡が合併し、全州郡が発足。全州郡に以下の面が成立(20面)。
    • 全州面・薍田面・雨林面・伊東面・助村面・草浦面・龍進面・伊西面・上関面・参礼面・鳳東面・所陽面・九耳面・高山面・三奇面・華山面・雲仙面・雲東下面・飛鳳面・東上面
1914年の行政区画と現在の行政区画との比較[1]
1914年 現在
町・里 区・邑・面 洞・里
全州面[2] 全州市
完山区
薍田面
雨林面
清道里 金堤市
金山面
清道里
伊東面[3] 全州市
完山区
全州市
徳津区
助村面[4]
草浦面[5]
完州郡
参礼邑
完州郡
龍進邑
龍進面
全州市
徳津区
伊西面[6]
伊門里、葛山里、龍棲里、上開里、盤橋里、南渓里、金坪里、銀橋里、伊成里 完州郡
伊西面
伊門里、葛山里、龍棲里、上開里、盤橋里、南渓里、金坪里、銀橋里、伊成里
全州市
完山区
上関面[7]
新里、竹林里、龍岩里、衣岩里、馬峙里 完州郡
上関面
新里、竹林里、龍岩里、衣岩里、馬峙里
参礼面[8] 完州郡
参礼邑
鳳東面[9] 高川里、九万里、九尾里、九岩里、洛平里、芚山里、成徳里、新成里、龍岩里、栗所里、隠下里、長久里、場基里、堤内里 完州郡
鳳東面
高川里、九万里、九尾里、九岩里、洛平里、芚山里、成徳里、新成里、龍岩里、栗所里、隠下里、長久里、場基里、堤内里
所陽面 大興里、明徳里、新橋里、新元里、新村里、竹節里、海月里、花心里、黄雲里 完州郡
所陽面
大興里、明徳里、新橋里、新元里、新村里、竹節里、海月里、花心里、黄雲里
九耳面 桂谷里、光谷里、徳川里、斗峴里、白如里、安徳里、元基里、平村里、亢佳里 完州郡
九耳面
桂谷里、光谷里、徳川里、斗峴里、白如里、安徳里、元基里、平村里、亢佳里
高山面[10] 完州郡
高山面
三奇面[11]
完州郡
華山面
華山面[12]
雲仙面[13]
完州郡
雲洲面
雲東下面
庚川里、龍伏里、佳川里 完州郡
庚川面
庚川里、龍伏里、佳川里
飛鳳面[14] 内月里、大峙里、百島里、鳳山里、所農里、水仙里、泥田里 完州郡
飛鳳面
内月里、大峙里、百島里、鳳山里、所農里、水仙里、泥田里
東上面 大雅里、詞峰里、水満里、新月里 完州郡
東上面
大雅里、詞峰里、水満里、新月里
  • 1930年7月1日 - 上関面・薍田面・伊東面のそれぞれ一部が全州面に編入(20面)。
  • 1931年4月1日 - 全州面が全州邑に昇格(1邑19面)。
  • 1935年3月1日 - 行政区画を改編(1邑16面)。
    • 雨林面の一部(清道里)を新設の金堤郡金山面に編入。
    • 薍田面および雨林面の残部をもって雨田面を設置。
    • 三奇面の一部が高山面に編入。
    • 三奇面の残部・雲仙面の一部が華山面に編入。
    • 雲東下面および雲仙面の残部をもって雲洲面を設置。
  • 1935年10月1日(16面)
    • 全州邑が全州府に昇格、郡より離脱。
    • 全州郡が完州郡に改称。
  • 1940年11月1日 - 伊東面および雨田面・助村面のそれぞれ一部が全州府に編入(15面)。
  • 1956年7月8日 - 参礼面が参礼邑に昇格(1邑14面)。
  • 1957年11月6日 - 草浦面・雨田面を廃止(1邑12面) 。
    • 草浦面・龍進面・上関面・雨田面・助村面のそれぞれ一部が全州市に編入。
    • 草浦面の残部が参礼邑・龍進面に分割編入。
    • 雨田面の残部が九耳面に編入。
  • 1973年7月1日(2邑11面)
    • 龍進面の一部が全州市に編入。
    • 益山郡王宮面の一部(温水里火山村)が参礼邑参礼里に編入。
    • 鳳東面が鳳東邑に昇格。
  • 1983年2月15日(2邑11面)
    • 上関面・龍進面のそれぞれ一部が全州市に編入。
    • 伊西面、金堤郡白鴎面のそれぞれ一部が助村面に編入。
  • 1985年10月1日 - 助村面が助村邑に昇格(3邑10面)。
  • 1987年1月1日 - 助村邑が全州市に編入(2邑10面)。
  • 1989年1月1日 - 龍進面・九耳面のそれぞれ一部が全州市に編入(2邑10面)。
  • 1989年4月1日 - 雲洲面の一部を庚川面として分離(2邑11面)。
  • 1990年8月1日 - 伊西面の一部が全州市完山区に編入(2邑11面)。
  • 1993年12月 - 参礼邑の一部が鳳東邑に編入(2邑11面)。
  • 1994年12月26日 - 金堤郡龍池面の一部(金坪里)が伊西面に編入。伊西面に金坪面がすでに存在しているため、金渓里に改称(2邑11面)。
  • 2012年6月7日 - 郡庁舎を全州市から龍進面に移転。
  • 2015年10月1日 - 龍進面が龍進邑に昇格(3邑10面)。

ギャラリー[編集]

交通[編集]

観光[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (新旧対照)朝鮮全道府郡面里洞名称一覧(1917年
  2. ^ 全州面は府東面、府西面、府南面、府北面の各一部の合面。
  3. ^ 伊東面は伊東面と府東面、府西面、府北面の合面。
  4. ^ 助村面は助村面と伊北面の合面。
  5. ^ 草浦面は草谷面と回浦面の合面。
  6. ^ 伊西面は伊西面と伊南面の合面。
  7. ^ 上関面は上関面と府南面の合面。
  8. ^ 参礼面は昌徳面と紆西面の合面。
  9. ^ 鳳東面は鳳翔面と紆東面の合面。
  10. ^ 高山面は高山郡郡内面と南面の合面。
  11. ^ 三奇面は高山郡東下面と北下面の合面。
  12. ^ 華山面は高山郡雲西上面と雲西下面の合面。
  13. ^ 雲仙面は高山郡雲東上面を改称した面。
  14. ^ 飛鳳面は高山郡西面と北上面の合面。

外部リンク[編集]