漆谷郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
慶尚北道 漆谷郡
Gasansanseong.jpg
架山山城の鎮南門
位置
Map Chilgok-gun.png
各種表記
ハングル: 칠곡군
漢字: 漆谷郡
日本語読み仮名: しっこくぐん
片仮名転写: チルコク=グン
ローマ字転写 (RR): Chilgok-gun
統計
面積: 451 km2
総人口: 124,568人(2013年12月末) 人
行政
国: 韓国の旗 大韓民国
上位自治体: 慶尚北道
下位行政区画: 3邑5面
行政区域分類コード:
漆谷郡の木: イチョウ
漆谷郡の花: ウメ
漆谷郡の鳥: シラサギ
自治体公式サイト: 漆谷郡
テンプレートを表示
漆谷郡庁

漆谷郡(チルゴクぐん)は大韓民国慶尚北道の南西部にある郡である。大邱広域市に隣接し、洛東江両岸の平野では近郊農業や畜産業が営まれるほか、大邱広域市、亀尾市へ通勤するためのベッドタウン化が進んでいる。また繊維取引の多い大邱市と電子工業の盛んな亀尾市に接するため、繊維工場や電子部品工場が多く、高速道路を生かした内陸の物流拠点ともなっている。

中心地は倭館邑。郡の名の由来となった漆谷邑は現在、大邱広域市北区に編入されている。

朝鮮戦争では1950年夏の釜山橋頭堡の戦いの激戦地となった。倭館は洛東江防御線の要地であり、北朝鮮軍と国連軍が争奪する前線となった。架山面の多富里は北の安東方面から大邱へ続く山道が通る谷間で、ボーリング場の戦い(多富洞の戦い)と呼ばれる熾烈な戦闘が行われた。

歴史[編集]

朝鮮戦争時に撮影された倭館付近の洛東江の橋梁
  • 1914年4月1日 - 郡面併合により、仁同郡漆谷郡に編入。漆谷郡に以下の面が成立(9面)。
    • 仁同面・北三面・若木面・倭館面・石積面・架山面・東明面・枝川面・漆谷面
  • 1949年8月13日 - 倭館面が倭館邑に昇格(1邑8面)。
  • 1950年8月17日 - 倭館邑の丘(303高地)で303高地の虐殺が起こった。
  • 1973年7月1日 - 北三面の一部(洛渓洞)が善山郡亀尾邑に編入(1邑8面)。
  • 1978年2月15日 - 仁同面を新設の亀尾市に編入(1邑7面)。
  • 1980年12月1日 - 漆谷面が漆谷邑に昇格(2邑6面)。
  • 1981年7月1日 - 漆谷邑が大邱直轄市北区に編入(1邑6面)。
  • 1983年2月15日(1邑6面)
    • 北三面の一部が亀尾市に編入。
    • 星州郡船南面の一部が若木面に編入。
    • 石積面の一部が倭館邑・枝川面に分割編入。
  • 1986年4月1日 - 若木面の一部を岐山面として分離(1邑7面)。
  • 1987年1月1日 - 善山郡長川面の一部(石隅里)が架山面に編入(1邑7面)。
  • 1989年1月1日 - 架山面の一部(新長里)が善山郡長川面に編入(1邑7面)。
  • 2003年7月1日 - 北三面が北三邑に昇格(2邑6面)。
  • 2006年10月1日 - 石積面が石積邑に昇格(3邑5面)。

行政[編集]

行政区域[編集]

邑・面 法定里
倭館邑 倭館里、石田里、梅院里、鳳渓里、三清里、錦南里、錦山里、洛山里、牙谷里
北三邑 仁坪里、崇烏里、栗里、漁芦里、甫遜里、吾坪里
石積邑 南栗里、浦南里、中旨里、望亭里、磻渓里、道開里、城谷里、中里
若木面 福星里、東安里、南渓里、校里、徳山里、茂林里、観湖里
岐山面 竹田里、平福里、永里、杏亭里、鳳山里、角山里、老石里
架山面 多富里、金華里、架山里、鷹秋里、龍岫里、泉坪里、松鶴里、深谷里、鶴下里、鶴上里、鶴山里、石隅里
東明面 錦岩里、鳳岩里、松山里、柯川里、鶴鳴里、得明里、南元里、箕聖里、九徳里
枝川面 新里、松亭里、蓮花里、蓮湖里、錦湖里、達西里、白雲里、昌坪里、深川里、永梧里、徳山里、梧山里、龍山里、楽山里、黄鶴里

警察[編集]

消防[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

郡内バスは亀尾市、金泉市、星州郡の市内、郡内バスが乗り入れている。東明面は大邱広域市のバスも乗り入れている。

高速道路[編集]

  • 京釜高速道路
    • 漆谷物流インターチェンジ - 倭館インターチェンジ - 漆谷サービスエリア
  • 中央高速道路
    • 東明サービスエリア - 多富インターチェンジ - 架山インターチェンジ

外部リンク[編集]