任実郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:郡庁の建物の外観の画像提供をお願いします。2013年4月
全羅北道 任実郡
임실 진구사지 석등.jpg
新平面竜岩里・珍丘寺址の石灯籠
位置
Map Imsil-gun.png
各種表記
ハングル: 임실군
漢字: 任實郡
片仮名転写: イムシル=グン
ローマ字転写 (RR): Imsil-gun
統計
面積: 596.88 km²
総人口: 32,515人(2006年6月末) 人
行政
国: 韓国の旗 大韓民国
上位自治体: 全羅北道
下位行政区画: 1邑11面
任実郡の木: (不明)
任実郡の花: (不明)
任実郡の鳥: (不明)
自治体公式サイト: 任実郡

任実郡(イムシルぐん)は、大韓民国全羅北道

歴史[編集]

  • 三国史記によれば、百済の時代から使われている。景徳王や高麗時代・李朝・日本統治時代・韓国と通して、同じ地名が使われている。
  • 1914年4月1日 - 郡面併合により、任実郡の一部(両渓面)が淳昌郡に編入。任実郡に以下の面が成立(12面)。
    • 任実面・青雄面・雲岩面・新平面・聖寿面・屯南面・新徳面・三渓面・烏川面・江津面・徳峙面・只沙面
  • 1935年3月1日 - 烏川面が館村面に改称(12面)。
  • 1979年5月1日 - 任実面が任実邑に昇格(1邑11面)。
  • 1983年2月15日 - 南原郡徳果面の一部(金岩里)が屯南面に編入(1邑11面)。
  • 1987年1月1日 - 井邑郡山内面の一部(宗聖3里)が江津面龍水里に編入(1邑11面)。
  • 1990年4月1日 - 館村面の一部(金城里)が任実邑に編入(1邑11面)。
  • 1992年8月10日 - 屯南面が樹面に改称(1邑11面)。
  • 1994年12月12日 - 三渓面の一部が任実邑に編入(1邑11面)。

行政[編集]

行政区域[編集]

邑・面 法定里
任実邑 渴馬里、甘城里、金城里、大谷里、杜谷里、斗満里、望田里、城街里、新安里、新亭里、五亭里、二道里、里仁里、蔵財里、程月里、玄谷里
青雄面 九皐里、南山里、斗福里、石頭里、玉石里、玉田里、清渓里、郷校里
雲岩面 金基里、馬岩里、双岩里、思良里、仙居里、龍雲里、雲岩里、雲井里、雲鍾里、月面里、立石里、芝川里、青雲里、鶴岩里
新平面 加徳里、大里、徳岩里、龍岩里、元泉里、昌仁里、虎岩里
聖寿面 道引里、鳳崗里、三峰里、三清里、聖寿里、陽地里、五柳里、五峰里、枉訪里、月坪里、太平里
獒樹面 獒樹里、龍井里、新基里、屯徳里、龍頭里、屯基里、大井里、大明里、梧山里、酒泉里、鰲巌里、鳳泉里、君坪里、金岩里
新徳面 金亭里、三吉里、水川里、新徳里、新興里、五弓里、月城里、照月里、智長里
三渓面 磊川里、徳渓里、斗月里、蓬峴里、山水里、三渓里、三隠里、洗心里、漁隠里、梧枝里、竹渓里、鶴亭里、鴻谷里、後川里
館村面 舘村里、徳川里、道峰里、芳水里、芳峴里、屏岩里、福興里、上月里、瑟峙里、新田里、龍山里、雲水里、回鳳里
江津面 白蓮里、富興里、葛潭里、会津里、龍水里、玉井里、文方里、筆峰里、鶴石里、訪賢里
徳峙面 佳谷里、斗芝里、勿憂里、沙谷里、日中里、長岩里、川潭里、回文里
只沙面 館基里、琴坪里、芳磎里、雁下里、寧川里、円山里、渓山里

警察[編集]

教育機関[編集]

大学[編集]

  • イェウォン大学校

交通[編集]

気候[編集]

  • 最高気温極値37.1℃(1994年7月23日)
  • 最低気温極値-24.4℃(1971年1月5日)
任実の平均気温と降水量[1]
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温(C -3.1 -1.2 3.9 10.6 15.8 20.3 23.8 24.0 18.7 12.0 5.3 -0.7 10.8
最高気温(C 3.1 5.2 11.1 18.4 23.0 26.4 28.7 29.5 25.4 20.1 12.6 6.0 17.5
最低気温(C -8.6 -6.8 -2.1 3.3 8.9 15.2 20.0 19.7 13.4 5.5 -0.5 -6.2 5.1
降水量(mm 35.0 40.8 58.4 95.1 87.0 183.1 258.6 264.4 138.3 61.4 57.7 35.9 1315.6

脚注[編集]

外部リンク[編集]