安良田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安良田駅(あらたえき)は、現在の岐阜県岐阜市安良田町にあった、名古屋鉄道各務原線

現在の名鉄岐阜駅 - 田神駅の間(名鉄岐阜駅の東、約200m付近)に存在し、各務原鉄道(現・名鉄各務原線)開業時の始発駅であった。

歴史[編集]

現在[編集]

  • 各務原線名鉄岐阜駅の東、約200m付近が安良田駅の跡地である。名鉄岐阜駅の構内信号が跡地にある。

溝端神社が側にあり、向かい線路側に自転車置き場がある。そこに、ホーム跡の縁石が残る。

その他[編集]

  • 名古屋鉄道でよく似た駅として、かつて名古屋本線安良田町駅が存在した。安良田町駅は1944年に休止後、1958年1月10日加納駅に改称して復活している。
  • 当駅 - 田神駅の間には、かつて鶴田町信号所が存在した。これは日本専売公社岐阜工場(現・西日本キャンパック)と高山本線を結ぶ専用線とが、各務原線と交差するために設置された信号所であった。