宇佐川一正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宇佐川 一正
Kazumasa Usagawa.jpg
生誕 1849年12月24日
山口県
死没 (1927-11-10) 1927年11月10日(77歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 18?? - 1908
最終階級 陸軍中将
除隊後 東洋拓殖会社総裁
貴族院議員
テンプレートを表示

宇佐川 一正(うさがわ かずまさ、1849年12月24日嘉永2年11月10日) - 1927年11月10日)は、日本の陸軍軍人政治家華族。最終階級は陸軍中将貴族院男爵議員

経歴[編集]

長州藩士・藤村太郎右衛門の四男として生まれ、宇佐川久平の養子となる。伏水教導隊に入り、下士官試補、権曹長、曹長と昇進し、1874年6月、陸軍戸山学校を卒業し、翌月、歩兵少尉に任官。以後、歩兵第14連隊付となり、1877年2月、西南戦争に出征した。歩兵第24連隊大隊副官、歩兵第1旅団参謀、同副官、近衛歩兵第1旅団副官、第1師団参謀、歩兵第17連隊付、監軍部副官、近衛師団参謀などを歴任し、日清戦争には第1軍参謀として出征し、田村怡与造の後任として同軍参謀副長となった。

近衛師団司令部付、京城公使館付、第10師団参謀長、陸軍省軍務局軍事課長などを経て、1901年4月、陸軍少将に進級。歩兵第20旅団長を経て、日露戦争時の軍務局長を務めた。1906年7月、陸軍中将となり、1908年12月、予備役に編入された。1911年11月10日、後備役となる[1]1916年4月1日に退役した[2]

その後、東洋拓殖会社初代総裁を務めた。また、1907年9月、男爵を叙爵し華族となる。1917年6月、貴族院男爵議員に選出され[3]公正会に属して活動し死去するまで在任した[4]

栄典[編集]

叙位
勲章等
外国勲章佩用允許

親族[編集]

  • 娘婿 斎藤義夫(陸軍中将)

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第8520号、明治44年11月13日。
  2. ^ 『官報』第1115号、大正5年4月22日。
  3. ^ 『官報』第1451号、大正6年6月4日。
  4. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』64-65頁。
  5. ^ 『官報』第2629号「叙任及辞令」1892年4月7日。
  6. ^ 『官報』第3521号「叙任及辞令」1895年3月29日。
  7. ^ 『官報』第4302号「叙任及辞令」1897年11月1日。
  8. ^ 『官報』第8469号「叙任及辞令」1911年9月12日。
  9. ^ 『官報』第8544号「叙任及辞令」1911年12月12日。
  10. ^ 『官報』第2817号「叙任及辞令」1921年12月21日。
  11. ^ 『官報』第1948号「叙任及辞令」1889年12月24日。
  12. ^ 『官報』第3131号「叙任及辞令」1893年12月5日。
  13. ^ 『官報』第3693号「叙任及辞令」1895年10月19日。
  14. ^ 『官報』第3824号・付録「辞令」1896年4月1日。
  15. ^ 『官報』第4754号「叙任及辞令」1899年5月10日。
  16. ^ 『官報』第5548号「叙任及辞令」1901年12月28日。
  17. ^ 『官報』第6727号「叙任及辞令」1905年12月1日。
  18. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年1月28日。
  19. ^ 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」1907年9月23日。
  20. ^ 『官報』第430号「叙任及辞令」1914年1月7日。
  21. ^ 『官報』第264号「叙任及辞令」昭和2年11月14日。
  22. ^ 『官報』第6433号「叙任及辞令」1904年12月8日。
  23. ^ 『官報』第6655号「叙任及辞令」1905年9月4日
  24. ^ 『官報』第7397号「叙任及辞令」1908年2月26日。
  25. ^ 『官報』第7944号「叙任及辞令」1909年12月15日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
宇佐川(一正)家初代
1907年 - 1927年
次代:
宇佐川正雄