孝公 (斉)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
孝公 姜昭
第18代公
王朝
在位期間 前642年 - 前633年
姓・諱 姜昭
生年 不詳
没年 前633年
桓公
鄭姫

孝公(こうこう)は、春秋時代の第18代君主。桓公の子。

桓公と管仲は幼い公子昭を太子とし、襄公を後見役とした。

前643年、桓公が死去すると、太子昭以外の5人の公子(無詭、元(後の恵公)、潘(後の昭公)、商人(後の懿公)、雍)が後継を争ったが、桓公の寵臣であった易牙豎刁が公子無詭を斉公に擁立したため、太子昭は宋に亡命した。

前642年春、宋の襄公はの連合軍を率いて斉に攻め入り、太子昭の帰国と斉公即位を援助した。

3月、諸侯連合軍の圧力に屈した大夫の一派は無詭を暗殺し、太子昭を迎え入れようとした。しかしその他の4公子の支持者たちは軍を発して太子昭の軍を迎え討ち、宋に追い返した。

5月、宋の襄公は再度軍を発し、4公子の軍勢を甗(現山東省済南市付近)で撃破すると、太子昭はついに斉の都臨淄に入り斉公に即位した。この動乱以降、斉の国力は衰え、桓公の勝ち取った覇権は終焉した。