康公 (斉)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
康公 姜貸
第32代公
王朝
在位期間 前404年 - 前379年
都城 臨淄
姓・諱 姜貸
諡号 康公
生年 不詳
没年 前379年
宣公

康公(こうこう)は、春秋時代(姜斉)の第32代にして最後の君主。宣公の子。

田和を宰相としたが、自身は酒色に耽り、政治を顧みなかった。

前404年、三晋)が斉を攻め、康公を捕虜として威烈王に謁見し、諸侯に加えられるよう求めた[1]

前391年、康公は田和によって海上の孤島に追放され、食邑として城を1つだけ与えられ、祖先の霊を祀ることとされた。田和は自立して斉の君主と称した(田斉の太公[2])。

前379年、康公が死去した。ここに太公望以来の姜斉の家系は断絶し、田和の家系が斉の新たな支配者となった(田斉)。

山東省煙台市芝罘区にある陸繋島芝罘島中国語版には、康公のものとされる墓がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 翌年、韓虔(韓の景侯)、趙籍(趙の列侯)、魏斯(魏の文侯)の冊封が実現した。
  2. ^ のち、前386年に至って威烈王の子・安王により正式に諸侯に列せられた。