哀公 (斉)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
哀公 姜不辰
第5代公
王朝
在位期間 不詳 - 前863年
都城 営丘
姓・諱 姜不辰
諡号 哀公
生年 不詳
没年 前863年
癸公

哀公(あいこう、? - 紀元前863年)はの第5代君主。癸公の子。

生涯[編集]

癸公の子として生まれる。

癸公が薨去したため、姜不辰が立って斉君(以降は哀公と表記)となる。

紀侯の讒言により周王によって釜茹での刑で処刑される。

哀公の薨去後、異母弟の姜静が立って斉君(胡公)となった。

参考資料[編集]

  • 史記』(斉太公世家第二)