晏孺子荼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
晏孺子 姜荼
王朝
在位期間 前490年 - 前489年
姓・諱 姜荼
没年 前489年
景公
鬻姒(芮姫)
陵墓 殳冒淳

晏孺子荼(あんじゅしと、? - 紀元前489年)は、春秋時代の君主。姓は姜、諱は荼。

生涯[編集]

景公と鬻姒[1]のあいだの子として生まれた。紀元前490年、景公と燕姫のあいだに生まれた子が成人する前に死去したため、荼が景公に愛されるようになった。景公が病に倒れると、国夏中国語版高張中国語版に命じて荼を太子に立てさせた。9月に景公が死去すると、荼が国君に立てられた。10月、莱にいた公子嘉[2]・公子駒・公子黔は衛に亡命し、公子鉏[3]公子陽生は魯に亡命した[4]紀元前489年6月、田乞鮑牧中国語版らが起兵して公宮に入り、国夏と高張は荘で戦って敗れ、魯に亡命した。10月、田乞らは公子陽生(悼公)を迎えて国君に擁立した。荼は頼に移され、さらに駘に移されて、野外の幕下で殺害された。遺体は殳冒淳に葬られた[5]

脚注[編集]

  1. ^ 春秋左氏伝』哀公5年による。『史記』斉太公世家では「芮姫」とする。
  2. ^ 『春秋左氏伝』哀公5年による。『史記』斉太公世家では「公子寿」とする。
  3. ^ 『春秋左氏伝』哀公5年による。『史記』斉太公世家では「公子駔」とする。
  4. ^ 『春秋左氏伝』哀公5年
  5. ^ 『春秋左氏伝』哀公6年