公孫無知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
公孫無知 姜無知
第15代公
王朝
在位期間 前685年
姓・諱 姜無知
生年 不詳
没年 前685年
夷仲年

公孫 無知(こうそん むち)は、春秋時代の第15代君主。

略歴[編集]

釐公の同母弟である夷仲年の子で、伯父の釐公の寵愛を受け、従兄の太子諸児と同じ待遇を受けた。釐公が亡くなり、従兄の諸児が襄公として、即位すると冷遇された。

前686年に大夫連称管至父らと謀って、襄公を殺害し、斉公に即位した。そのために、襄公の弟の公子糾は管仲へ、公子小白(後の桓公)は鮑叔と莒へそれぞれ逃れた。

前685年、無知は虐待された臣下の雍廩によって、暗殺された[1]

脚注[編集]

  1. ^ 春秋左氏伝荘公8、9年より。なお、これを引用する杜預は「雍廩は斉の大夫である」と述べている。