子供はわかってあげない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
子供はわかってあげない
ジャンル 漫画
漫画
作者 田島列島
出版社 講談社
掲載誌 モーニング
レーベル モーニングKC
発表号 2014年14号 - 2014年35号
発表期間 2014年3月6日 - 7月31日
巻数 上下巻
話数 全20話
映画
原作 田島列島
監督 沖田修一
制作 オフィス・シロウズ
製作 「子供はわかってあげない」製作委員会
配給 日活
封切日 2020年(予定)
上映時間 (未定)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画 映画
ポータル 漫画 映画

子供はわかってあげない』は、田島列島による日本漫画作品[1]。『モーニング』(講談社)にて、2014年14号から2014年35号まで連載された[2]。単行本は上下巻。

著者の長編デビュー作品。高校2年生の水泳部員サクタさんと書道部員もじ君の一夏の甘酸っぱい冒険[2]

2020年上白石萌歌主演で映画版が公開予定[3]

登場人物[編集]

朔田 美波(さくた みなみ)
本作の主人公。高校2年。水泳部員。「タルンドル朔田」とあだ名されるほどマイペースだが、水泳ジャンキーと呼ばれるほどの水泳愛により2年生で唯一大会出場を果たす実力を持つ。アニメファン。特に『魔法左官少女バッファローKOTEKO』のファンで、それが縁で門司君と知り合う。
門司 昭平(もじ しょうへい)
高校2年。書道部員。祖父の運営する書道教室で小学生相手の先生ができる腕の持ち主。書道部をさぼって屋上で『魔法左官少女バッファローKOTEKO』の絵を描いていて朔田さんと出会う。
門司 明大(もじ あきひろ)
昭平の兄。性転換手術を受けて現在は女性。門司家から勘当され、商店街の張本古書店に居候しながら探偵業を営むが、これまで受けた依頼はメニュー書きなどの筆耕仕事と猫探しだけ。朔田さんから生き別れの父捜しを依頼される。
藁谷 友充(わらがい ともみつ)
朔田さんの実の父。朔田さんが5歳になるまでに離婚している。他人の心を読み取る能力を持つ新興宗教「光の匣」の教祖。教団の資金とともに失踪中。
善さん
明大が居候する古書店の店主。

単行本[編集]

映画[編集]

子供はわかってあげない
監督 沖田修一
脚本 ふじきみつ彦
沖田修一
原作 田島列島
『子供はわかってあげない』
製作 筒井竜平
吉田憲一
佐藤美由紀
久保田傑
出演者 上白石萌歌
細田佳央太
千葉雄大
古舘寛治
斉藤由貴
豊川悦司
高橋源一郎
湯川ひな
坂口辰平
兵藤公美
品川徹
きたろう
音楽 牛尾憲輔
撮影 芦澤明子J.S.C.
編集 佐藤崇
制作会社 オフィス・シロウズ
製作会社 「子供はわかってあげない」製作委員会
配給 日活
公開 未定
上映時間 138分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

監督は沖田修一、主演は上白石萌歌PG12指定

当初は2020年6月26日に公開予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、同年5月29日に公開延期が発表された[4]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

劇中アニメ『魔法左官少女バッファローKOTEKO』[編集]

声の出演(劇中アニメ)[編集]

スタッフ(劇中アニメ)[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]