太田哲三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

太田 哲三(おおた てつぞう、1889年5月8日 - 1970年7月4日)は日本会計学者。一橋大学名誉教授、元中央大学教授、一橋大学商学博士監査法人太田哲三事務所(後の太田昭和監査法人、現新日本有限責任監査法人)開設者、長浜ゴム工業(現・三菱樹脂)社長。叙従三位勲二等瑞宝章受章。

弟子に番場嘉一郎(一橋大学名誉教授)・黒澤清横浜国立大学名誉教授)・岩田巌(元一橋大学教授)・不破貞春(元明治大学教授)・飯野利夫(一橋大名誉教授)・山邊六郎(元横浜国立大学教授)・井上達雄中央大学名誉教授)・新井益太郎成蹊学園名誉理事成蹊大学名誉教授)・関口重之(元青山学院大学教授)等がいる。

来歴[編集]

静岡県清水市(現在の静岡市清水区)生まれ。実家は呉服問屋。旧制静岡中学校(現・静岡県立静岡高等学校)を経て、1913年大正2年)6月に旧制東京商科大学一橋大学の前身)を卒業。

1913年9月に中央大学商科経済科講師となる。上田貞次郎門下であったため、担当科目は「商工経営論」と「経済事情」であった。また担当科目の関係で夜間部で「商業簿記」・「銀行簿記」・「会計学」を受け持った。これらの科目は苦手分野であったため、非常に困ったという。

1923年(大正12年)12月、中央大学を退職し、東京商科大学予科教授兼専門部教授となる。以後、1929年には、米田吉盛の依頼で横濱専門学校(現、神奈川大学)の商業理財科の創立に協力し、また旧制東京商科大学やその後身校である新制一橋大学で教鞭をとる。1948年(昭和23年)3月退官。同年12月に一橋大学名誉教授となる。

退官後の1948年4月、長浜ゴム工業株式会社(のちに三菱樹脂株式会社に商号変更)の社長に就任(1950年(昭和25年)まで)。その後、再び中央大学に戻り、経理研究所所長兼商学部教授を勤めた(1964年(昭和39年)3月まで)。

また公認会計士の資格を取り、1950年(昭和25年)2月に公認会計士太田哲三事務所を開業。この事務所は1967年(昭和42年)にわが国初の監査法人となる。現在の新日本有限責任監査法人の前身である。

1952年(昭和27年)6月、『固定資産会計の研究』で一橋大学より商学博士の学位を取得。

1965年(昭和40年)に勲三等旭日中綬章を受け、逝去と同時に、従三位勲二等瑞宝章を受けた。