大石寺住職一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大石寺住職一覧(たいせきじじゅうしょくいちらん)は、日蓮正宗総本山である大石寺の歴代住職の一覧。

概要[編集]

日蓮正宗において法主は、総本山大石寺の住職(貫主)であり、日蓮正宗の管長である。僧侶の中からただ一人が、先代の法主から日蓮以来の血脈相承を受けて法主となる。日蓮正宗の僧侶の階級では「大僧正」となる。ちなみに、日蓮正宗の本尊を書写できるのも法主ただ一人に限られる、との宗教的主張も特徴のひとつである。

近年、日蓮正宗から分派団体が発生する場合、分派した新しい団体は、それまで是としていた血脈を必ず否定する傾向がある。

葬儀[編集]

歴代法主の葬儀には密葬本葬があり、密葬の後で火葬して本葬が行われる。

密葬・本葬ではそれぞれ前々夜と前夜の2夜に渡って通夜を行う。

本葬の際に法主の遺骨輿に入れられ、葬列を組む。式場は古式に則り竹矢来を組んで囲まれ、四隅に「発心門」、「修行門」、「菩提門」、「涅槃門」の四門を構え、四門行道(発心門から式場に入り修行門を抜け一周して修行門から再度式場に入り、菩提門を抜け一周して菩提門から式場に入り開式。閉式後、涅槃門を抜けて墓地へ向かう)を行う。

本葬の最中に導師を務める当代の法主が「嘆徳文」を捧読する。本葬終了後、直接埋葬される。

大石寺墓苑には歴代法主の墓地があり、墓石の形状は五輪塔と定められている。

一覧[編集]

大石寺の歴代住職は次表の通り[1][2][3][4][注釈 1]

凡例
日本にグレゴリオ暦が導入された1873年以前の日付は、その時々に用いられていた太陰太陽暦による和暦の年月日のうち、年は西暦紀元に換算し、月日はそのままに記したものである。したがって、実際の西暦(ユリウス暦・グレゴリオ暦)の日付とは異同がある。また、年末年始の日付のものについては、実際に対応する西暦の年とは、年が異なる場合がある。
日号 在位 誕生 - 遷化 没年齢、
存命は満年齢
〔()内は数え年
宗祖 日蓮(にちれん) 1222年2月16日 - 1282年10月13日 60歳(61歳)
開山
2祖
日興(にっこう) 1290年10月12日[5][6]-1333年[7]もしくは1332年11月[8] 1246年3月8日 - 1333年2月7日 86歳(88歳)
3祖 日目(にちもく)(18世紀の書物には第2代ともある[注釈 2] 1333年[7]もしくは1332年11月[8]-1333年10月[9][10] 1260年 - 1333年11月15日 (74歳)
4世 日道(にちどう) 1336年[11]もしくは1333年10月[9][10]-1339年6月[12]15日 1283年 - 1341年2月26日 (59歳)
5世 日行(にちぎょう) 1339年6月[12]15日 - 1365年2月15日 ?- 1369年8月13日
6世 日時(にちじ) 1365年2月15日 - 1406年6月4日 ?- 1406年6月4日
7世 日阿(にちあ) 1406年6月4日 - 1407年3月10日 ?- 1407年3月10日
8世 日影(にちえい) 1407年3月10日 - 1419年8月4日 1353年11月7日 - 1419年8月4日 66歳(67歳)
9世 日有(にちう) 1419年8月4日 - 1467年
1472年 - 1482年9月
1402年4月16日 - 1482年9月29日 80歳(81歳)
10世 日乗(にちじょう) 1467年 - 1470年 ?- 1472年11月20日
11世 日底(にってい) 1470年 - 1472年4月7日 ?- 1472年4月7日
12世 日鎮(にっちん) 1482年 - 1527年6月24日 1469年 - 1527年6月24日 (59歳)
13世 日院(にちいん) 1527年 - 1573年 1518年 - 1589年7月6日 (72歳)
14世 日主(にっしゅ) 1573年 - 1596年9月1日 1555年 - 1617年8月17日 (63歳)
15世 日昌(にっしょう) 1596年9月1日 - 1607年
1611年 - 1622年4月7日
1562年 - 1622年4月7日 (61歳)
16世 日就(にちじゅ) 1607年 - 1611年
1622年4月7日 - 1632年1月
1567年 - 1633年2月21日[13]もしくは1632年2月21日[14][15] (66歳)
17世 日精(にっせい)[注釈 3] 1632年1月 - 1633年
1637年 - 1645年
1600年 - 1683年11月5日 (84歳)
18世 日盈(にちえい)[注釈 4] 1633年 - 1637年8月 1594年3月3日 - 1638年3月7日 44歳(45歳)
19世 日舜(にっしゅん) 1645年10月27日 - 1652年 1610年 - 1669年11月12日 (60歳)
20世 日典(にってん) 1652年 - 1673年 1611年 - 1686年9月21日 (76歳)
21世 日忍(にちにん) 1673年 - 1680年 1612年 - 1680年9月4日 (69歳)
22世 日俊(にっしゅん) 1680年 - 1682年2月 1637年 - 1691年10月29日 (56歳)
23世 日啓(にっけい) 1682年2月 - 1692年6月7日 1648年 - 1707年11月14日 (61歳)[13][14]もしくは(59歳)[14]もしくは(60歳)[15]
24世 日永(にちえい) 1692年6月7日 - 1709年 1650年 - 1715年2月24日 (66歳)
25世 日宥(にちゆう) 1709年 - 1718年3月 1669年 - 1729年12月28日 (61歳)
26世 日寛(にちかん) 1718年[7]3月 - 1720年2月24日、
1723年6月4日 - 1726年5月26日
1665年8月7日 - 1726年8月19日 61歳(62歳)
27世 日養(にちよう) 1720年2月24日 - 1723年6月4日 1670年 - 1723年6月4日 (54歳)
28世 日詳(にっしょう) 1726年5月26日 - 1732年9月19日 1681年 - 1734年8月25日 (54歳)
29世 日東(にっとう) 1732年9月19日 - 1736年 1689年3月3日 - 1737年12月1日 48歳(49歳)
30世 日忠(にっちゅう) 1736年 - 1740年9月19日 1687年 - 1743年10月11日 (57歳)
31世 日因(にちいん) 1740年9月19日 - 1750年9月11日 1687年10月17日 - 1769年6月14日 81歳(83歳)
32世 日教(にっきょう) 1750年9月11日 - 1756年8月 1704年 - 1757年8月12日 (54歳)
33世 日元(にちげん) 1756年8月 - 1764年9月27日、
1765年7月26日 - 1765年10月8日
1711年8月15日 - 1778年2月26日 66歳(68歳)
34世 日真(にっしん) 1764年9月27日 - 1765年7月26日 1714年 - 1765年7月26日 (52歳)
35世 日穏(にちおん) 1765年10月8日 - 1770年4月8日 1716年 - 1774年7月3日 (59歳)
36世 日堅(にっけん) 1770年4月8日 - 1776年4月15日 1717年 - 1791年10月3日 (75歳)
37世 日琫[注釈 5](にっぽう) 1776年4月15日 - 1783年4月28日、
1785年2月20日 - 1785年6月24日、
1786年 - 1791年7月1日
1731年1月23日 - 1803年5月26日 72歳(73歳)
38世 日泰(にったい) 1783年4月28日 - 1785年2月20日 1731年 - 1785年2月20日 (55歳)
39世 日純(にちじゅん) 1785年 - 1786年 1736年 - 1801年7月30日 (66歳)
40世 日任(にちにん) 1791年7月1日 - 1795年6月28日 1747年 - 1795年8月25日 (49歳)
41世 日文(にちもん) 1795年6月28日 - 1796年8月14日 1751年 - 1796年8月14日 (46歳)
42世 日厳(にちごん) 1796年9月23日 - 1797年7月11日 1748年 - 1797年7月11日[13][16]もしくは1797年7月11日[17] (50歳)
43世 日相(にっそう) 1799年11月7日 - 1803年10月 1759年 - 1805年12月3日 (47歳)
44世 日宣(にっせん) 1803年10月 - 1807年8月19日、
1808年5月8日 - 9月24日、
1817年1月27日 - 1817年2月16日
1760年 - 1822年1月7日 (63歳)
45世 日禮[13]もしくは日礼[16](にちれい)[18][19] 1807年8月19日 - 1808年5月8日 1763年 - 1808年5月8日 (46歳)
46世 日調(にっちょう) 1808年9月24日 - 1814年4月11日、
1815年8月16日 - 1817年1月27日
1766年 - 1817年1月27日 (52歳)
47世 日珠(にっしゅ) 1814年4月11日 - 1815年8月12日 1769年 - 1816年9月22日 (48歳)
48世 日量(にちりょう) 1817年2月16日 - 1820年8月、
1830年6月24日 - 1831年11月7日、
1836年5月
1771年2月18日 - 1851年5月29日 80歳(81歳)
49世 日荘(にっそう) 1820年8月 - 1830年5月8日 1773年 - 1830年5月8日 (58歳)
50世 日誠(にちじょう) 1831年11月7日 - 1836年5月1日 1795年 - 1836年5月1日 (42歳)[20][16]もしくは(41歳)[17]
51世 日英(にちえい) 1836年5月 - 1853年6月20日、
1865年5月7日 - 1865年5月15日
1798年 - 1877年7月9日 (80歳)
52世 日霑(にちでん) 1853年6月20日 - 1862年12月、
1865年5月15日 - 1869年11月1日、
1885年6月15日 - 1889年5月17日
1817年8月25日 - 1890年6月24日 72歳(74歳)
53世 日盛(にちじょう) 1862年12月 - 1865年5月7日 1831年10月11日 - 1892年6月25日 60歳(62歳)
54世 日胤(にちいん) 1869年11月1日 - 1874年12月12日 1829年3月16日 - 1880年6月2日 51歳(53歳)[20][17]もしくは(52歳)[16]
55世 日布(にっぷ) 1874年12月12日 - 1885年6月15日 1835年2月5日 - 1919年3月4日 84歳(85歳)
56世 日應[20]もしくは日応[16](にちおう)[18][19] 1889年5月21日 - 1908年11月10日 1848年11月15日 - 1922年6月15日 73歳(75歳)
57世 日正(にっしょう) 1908年10月29日 - 1923年8月12日 1861年12月18日 - 1923年8月18日 61歳(60歳)[20][16]もしくは(63歳)[17]
58世 日柱(にっちゅう) 1923年8月12日 - 1926年3月8日 1865年5月24日 - 1928年1月26日 62歳(63歳)[20]もしくは(64歳)[16][17]
59世 日亨(にちこう) 1926年3月8日 - 1928年6月2日 1867年2月24日 - 1957年11月23日 90歳(91歳)
60世 日開(にちかい) 1928年6月2日 - 1935年6月1日 1873年8月23日 - 1943年11月21日 70歳(71歳)
61世 日隆(にちりゅう) 1935年6月1日 - 1937年10月2日、
1945年6月17日 - 1946年1月25日
1874年8月10日 - 1947年3月24日 72歳(74歳)
62世 日恭(にっきょう) 1937年10月2日 - 1945年6月17日 1869年9月16日 - 1945年6月17日 75歳(77歳)
63世 日満(にちまん) 1946年1月25日 - 1947年1月15日 1873年3月5日 - 1951年1月7日 77歳(79歳)
64世 日昇(にっしょう) 1947年1月15日 - 1956年3月2日 1879年9月24日 - 1957年10月14日 78歳(79歳)
65世 日淳(にちじゅん) 1956年3月2日 - 1959年11月15日 1898年10月10日 - 1959年11月17日 61歳(62歳)
66世 日達(にったつ) 1959年11月15日 - 1979年7月22日 1902年4月15日 - 1979年7月22日 77歳(78歳)
67世 日顕(にっけん) 1979年7月22日 - 2005年12月15日 1922年12月19日 - 94歳(96歳)[注釈 6]
68世 日如(にちにょ) 2005年12月15日 - 1935年2月26日 - 82歳(83歳)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 出典によって異なる部分にのみ、その一々に典拠を明示した。
  2. ^ (日潮 1730)の 目次(右ページの右から2行目)や題・本文 (左ページの右から4行目および最左行)には、「第二代」とある。
  3. ^ (日蓮宗寺院大鑑編集委員会 1981, p. 1141)には、「18世」とある。
  4. ^ (日蓮宗寺院大鑑編集委員会 1981, p. 1141)には、「17世」とある。
  5. ^ 」は、『「王」へん』に「奉」
  6. ^ 2017年現在

出典[編集]

  1. ^ 日蓮宗事典刊行委員会 1981, pp. 1261-1262-但し、67世までの日号(よみがなは除く)、66世までの没年月日・没年齢(数え年)のみ。
  2. ^ 日蓮宗寺院大鑑編集委員会 1981, pp. 1141-1142-但し、67世までの日号(よみがなは除く)、66世までの没年月日・没年齢(数え年)のみ。
  3. ^ 宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 2002, pp. 334-335-但し、67世までの日号(よみがなも含む)、66世までの没年月日・没年齢(数え年)のみ。
  4. ^ 日蓮正宗宗務院 2008, pp. 121-123-但し、68世までの日号とそのよみがなのみ。
  5. ^ (日蓮宗事典刊行委員会 1981, p. 544)には、「日興は〔略〕正応三年大石ケ原に草庵を結んだ。これが大石寺の濫觴である。」とある(従って、本書が典拠となり得るのは年のみ)。
  6. ^ (宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 2002, p. 183)には、「正応3年(1290)10月12日に『大石寺』を創建されました」とある(但し、漢数字は算用数字に直した)。
  7. ^ a b c 日蓮宗事典刊行委員会 1981, p. 544.
  8. ^ a b (宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 2002, p. 189)には、「元弘2年(正慶元年・1332)11月、日目上人は日興上人から『日興跡条々事』を授けられました。この書は〔略〕大石寺の譲り状として記され〔略〕たものです」とある(但し、漢数字は算用数字に直した)。
  9. ^ a b (宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 2002, p. 190)には、「〔元弘3年〕十月、直弟子の日道上人に唯授一人の血脈を相承され」とある。
  10. ^ a b 宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 2002, p. 193.
  11. ^ 日蓮宗事典刊行委員会 1981, pp. 544,627.
  12. ^ a b (宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 2002, p. 193)には、「日道上人は、延元4年(暦応2年・1339)6月、法を日行上人に付嘱し」とある(但し、漢数字は算用数字に直した)。
  13. ^ a b c d 日蓮宗事典刊行委員会 1981, p. 1262.
  14. ^ a b c 日蓮宗寺院大鑑編集委員会 1981, p. 1141.
  15. ^ a b 宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 2002, p. 334.
  16. ^ a b c d e f g 日蓮宗寺院大鑑編集委員会 1981, p. 1142.
  17. ^ a b c d e 宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 2002, p. 335a.
  18. ^ a b 日蓮正宗宗務院 2008, p. 123-漢字も含む。
  19. ^ a b 宗旨建立750年慶祝記念出版委員会 2002, p. 335b-漢字も含む。
  20. ^ a b c d e 日蓮宗事典刊行委員会 1981, p. 1261.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]