大炊御門師経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
大炊御門師経
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代中期
生誕 安元元年(1175年
死没 正元元年8月15日1259年9月3日
改名 師経→顕空(法名)
官位 正二位右大臣
主君 後鳥羽天皇土御門天皇順徳天皇仲恭天皇後堀河天皇四条天皇後嵯峨天皇後深草天皇
氏族 藤原北家大炊御門家
父母 父:藤原経宗、母:橘政光
養父:藤原頼実
兄弟 藤原頼実、師経、宗源、三条実房室、
藤原兼房
藤原光雅
家嗣忠嗣、尊経
テンプレートを表示

大炊御門 師経(おおいのみかど もろつね)は、平安時代末期から鎌倉時代中期にかけての公卿藤原北家大炊御門家左大臣藤原経宗の子。官位右大臣正二位。大炊御門家4代当主。

経歴[編集]

兄・藤原頼実には実子はいたが、その養子になる。元治2年(1186年)に12歳で従五位下に初叙される。その後侍従左近衛少将加賀権介中宮権亮長門権守、右近衛中将を経て、建仁2年(1202年7月23日従三位となり公卿に列せられる(この時右近衛中将を辞任)[1]

建仁3年(1203年10月24日正三位[1]。建仁4年(1204年1月13日に左近衛中将。元久2年(1205年11月24日権中納言[1]。元久3年(1206年1月17日従二位[1]建永2年(1207年1月5日正二位[1]承元2年(1208年7月9日に中納言[1]土御門朝において早い期間で昇進する。承元3年(1209年4月14日には春宮大夫となったが[1]順徳天皇即位に際してこれを辞している[1]

承元5年(1211年1月18日権大納言[1]建保7年(1219年3月4日に大納言[1]承久の乱の後も貞応元年(1222年8月13日太政大臣に転じた西園寺公経の後任として内大臣となる[1]元仁元年(1224年)12月25日右大臣[1]。なお、子・家嗣も父が大納言、内大臣、右大臣に昇進した年に、それぞれ権中納言、正二位、中納言に昇進しており、嘉禄3年(1227年4月2日上表により右大臣を辞任して九条教実に譲った直後の4月9日には権大納言に昇進している[1]。その後は長く太政官の官職に就く事なく、既に家嗣が出家した後の建長8年(1256年7月に出家、正元元年(1259年8月15日に薨御。享年85。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 公卿補任」による。