大炊御門家嗣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
大炊御門家嗣
Ōimikado Ietsugu.jpg
大炊御門家嗣像(三の丸尚蔵館蔵『天子摂関御影』より)
時代 鎌倉時代前期 - 中期
生誕 建久8年(1197年
死没 文永8年7月8日1271年8月14日
別名 通称:嵯峨入道
官位 正二位右近衛大将内大臣
主君 土御門天皇順徳天皇仲恭天皇後堀河天皇四条天皇後嵯峨天皇後深草天皇
氏族 藤原北家大炊御門家
父母 父:大炊御門師経、母:藤原光雅の娘
兄弟 家嗣忠嗣、尊経
正室:持明院宗子持明院基宗の娘)
冬忠、経嗣
テンプレートを表示

大炊御門 家嗣(おおいのみかど いえつぐ)は、鎌倉時代前期から中期にかけての公卿藤原北家大炊御門家右大臣大炊御門師経の子。官位正二位内大臣右近衛大将嵯峨と号す。

経歴[編集]

元久2年(1205年)に叙爵して以降、累進し、右近衛少将遠江権介伊予権介を経て、建保2年(1214年)に従三位に達して公卿となる。その後も右近衛中将越前権守権中納言、中納言、権大納言を経て、寛喜3年(1231年)には後堀河天皇の皇太子・秀仁親王(四条天皇)の春宮大夫に任じられた。

貞永元年(1232年)、四条天皇の即位と共に辞職。同年右近衛大将となる。天福元年(1233年)には後堀河天皇の皇后三条有子皇后宮大夫となり、暦仁元年(1238年)には内大臣に任じられ、仁治元年(1240年)には辞職した。建長元年(1249年)に出家して以降は嵯峨入道と称された。

文永8年(1271年)に薨去。享年75。

関連項目[編集]