大炊御門経頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
大炊御門経頼
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 弘治元年(1555年
死没 元和3年7月18日1617年8月19日
官位 従二位権大納言
主君 正親町天皇後陽成天皇
氏族 中山家大炊御門家
父母 父:中山孝親、母:五辻諸仲の娘
兄弟 中山親綱甘露寺熙長経頼
継室:吉良義康の娘
頼国経孝
テンプレートを表示

大炊御門 経頼(おおいのみかど つねより)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての公卿権大納言中山孝親の子。官位従二位・権大納言。主に正親町天皇(106代)・後陽成天皇(107代)に仕えた。

経歴[編集]

大炊御門経名が薨去した後、断絶していた大炊御門家を相続し17代当主となる。

永禄4年(1561年)に叙爵。以降累進して天正3年(1575年)に従三位となり公卿に列する。天正9年(1581年)に従二位・権大納言となる。天正13年(1585年)まで務め、天正16年(1588年)に再任した。慶長13年(1608年)には神宮伝奏に任じられている。

系譜[編集]