外所地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
外所地震
外所地震の位置(日本内)
外所地震
本震
発生日 1662年10月31日 (JST)
震央 日本の旗 日本 日向灘
規模    マグニチュード7.6
最大震度    震度6強:宮崎市
津波 4‐5m
地震の種類 海溝型地震
被害
死傷者数 死者200人
被害地域 宮崎市木花地区を中心に、宮崎県沿岸部ほぼ全域。
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

外所地震(とんどころじしん、とんところじしん)とは、1662年10月31日寛文2年9月20日)未明に日向灘沖(北緯31.7度・東経132度)で発生したマグニチュード7.6、津波マグニチュード Mt 7.7[1]地震最大震度は6強(推定)。

有史以来最大規模の日向灘地震である。1662年日向灘地震とも呼ばれる。

概要[編集]

日向国大隅国(現在の宮崎県・鹿児島県大隅半島)、特に飫肥藩領(現・宮崎市木花地区)を中心に被害が及んだ。

宮崎県の大部分で震度5以上の揺れがあったと推定されており、佐土原藩領(現・宮崎市佐土原町)で6強、延岡藩領(現・延岡市)で5強とされている。津波は延岡から大隅半島(特に宮崎市木花地区)を襲い、高さは宮崎市付近で4 - 5m、延岡市付近で3 - 4m、志布志湾付近で2 - 3mと推定されている。

死者200人(宮崎県大百科事典による。資料によっては多数とされる)、家屋損害が約3,800世帯、7つの村が水没したとされる。

地震により正連寺平野一帯(JR日南線運動公園駅付近)は水没し入り江と化した(1820年代までに開拓されている)。清武川は地震の影響で入り江へ注ぐようになり、入り江が埋め立てられた後も加江田川へ合流していた。現在のように清武川が日向灘へ注ぐようになったのは1950年代前半のことである。

供養碑[編集]

50年ごとに建立される供養碑(宮崎市熊野、国道220号と県道367号の交点付近)

宮崎市木花地区の島山集落では50年ごとに供養祭が行われており、そのたびに供養碑が建立されている。

3基目は文化5年(1805年)、4基目は文久2年(1862年)、5基目には大正14年(1925年)、6基目には昭和32年(1957年)、7基目は平成19年(2007年)に建立された。1基目と2基目は破壊されており文字を読み取ることができない。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]