永長地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

永長地震(えいちょうじしん)は平安時代後期に起きた南海トラフ沿いの巨大地震と推定される地震である。東海道沖の地震と考えられてきたが、本地震が南海道沖の地震も含むとする説も出されている[1]

概要[編集]

この地震は嘉保年間に起きたが、この天変地異を期に約1ヶ月後の12月17日(ユリウス暦1097年1月3日)に永長改元され、年表上では永長元年となることから永長を冠して呼ばれる。『後二条師通記』、『中右記[2]、『百練抄』および『康富記[3]などに地震被害の記録がある。

約2年2ヵ月後に康和地震が発生しており、本地震とペアをなす南海地震と考えられてきたが、康和地震を南海地震とするには『兼仲卿記』紙背文書の成立時期などいくつかの疑義があり、本地震が土佐の田苑の沈降を引き起こした南海地震をも含む可能性が唱えられている[1]

地震の記録[編集]

嘉保3年11月24日刻(ユリウス暦1096年12月11日8時頃、グレゴリオ暦1096年12月17日)、東海道沖に大地震が発生した。東海地方津波記録、および畿内付近の震害記録がみられる[4]

『中右記』にはこの地震に関する詳細な記録があり、地震動が一時(約2時間)程続き、東大寺の巨鐘が落下、薬師寺の回廊が倒壊、東寺の九輪が落下、法成寺の東西塔が破損、法勝寺の御仏等光が破損したと記されている。東大寺の巨鐘の落下は延久2年10月20日(ユリウス暦1070年11月25日)の地震以来のことであった。閑院御所では堀河天皇が庭の池に浮かべた舟に避難したという[5]

『中右記』にはまた、近江で勢多橋が落下し、伊勢阿乃津(安濃津、現・三重県津市)で津波によって多くの人家が破壊され、その他諸国でも同様であったなど伝聞から京都以外でも大きな被害があったことが記されている。

藤原師通が著した『後二条師通記』には辰時に6度震い、また駿河からの報告書に「去月廿四日に大地震があり、津波により社寺や民家が400余流失し、国家の大事なり」と記されていたとある[6]

『近衛家文書』には「而去嘉保年中大地震之時□□々空変海塵、経数十年、爰此七八ケ年、漸為陸地、令開作之間、件両嶋、鹿取・野代両庄住人、」とあって、本地震で木曽川下流域の鹿取・野代の地が「空変海塵」の状態となり、年月を経て陸地に戻った様子が記述される[7]

『中右記』には、この地震前後から約2年後の康和地震頃まで多くの地震の記録が見られ、活発な余震活動が続いたことが窺われる[8]。この相次ぐ地震などのため、永長2年11月21日(ユリウス暦1097年12月27日)には再び改元され、元号は承徳に改められた[6]

阿波国太龍寺に関する古記録を集成した『太龍寺縁起』にも、本地震の記述が登場する[7][9]。しかし、この『太龍寺縁起』には土佐の沈降を伴ったとされてきた康和地震の記録はない[1]

嘉保二年乙亥ママ

十一月廿四日辰時、天下大震動、海内悉驚怖、祈之佛神、占之陰陽云々、是則有異國蜂起難、須有本朝不預之憤、故課處々之道場、令修種々之秘法、専依爲密教根本聖跡、即止阿波國太龍之靈地、令修瑜伽上乘之秘教、欲致祈祷中欄之精誠、於是佛子長範忝承綸旨、方勤勅願、天下安穏海内無爲也、因茲同三年八月廿三日任大師本願之先蹤、抽一條御宇之中誠、寄進那賀山五箇之庄國〔ママ〕、興隆大龍寺滿山之伽鹽、擺棘荊兮顯礎石、摧磐石兮方研基跡、非人力所難及、佛神能助者歟、龍神降兮闢寺地、天子肄兮建佛閣、遥送教廻之星霜、方説一寺之成就而己、

長治元年甲申八月廿五日記之

震源域[編集]

河角廣(1951)は規模MK = 7.0 を与え[10]マグニチュードM = 8.4に換算されている。また、M 8.0-8.5[11]、あるいはM 8.3[4]などと推定されているが、断片的な記録しか有しない歴史地震であるため数値の精度は高くない。畿内、琵琶湖、および揖斐川付近(木曽川河口付近)の強震動および津や駿河の甚大な津波被害から震源域は熊野灘沖および遠州灘沖(C, D領域)を含むことは確実とされ[12]、さらに駿河湾(E領域)まで及んでいた可能性もあると推定される[5][13]

2年後に発生した康和地震を永長東海地震と対をなす南海地震と考えるには、日付の誤記、また阿波の『太龍寺縁起』が康和地震に触れていないなどいくつかの疑問点が残り、また震源時間の長い多重地震を思わす長時間の地震動から永長地震が南海地震を含んだ宝永型であった可能性を検討する必要もあるとされる[1][5]

浜名湖沿岸で津浪の痕跡が発見され、この時期に東海・南海地震が発生したことが示された[14]

887年仁和地震から209年の間隔が開いているが、この間にもう1回の南海トラフ沿いの地震の存在が示唆され、1994年の奈良県香芝町の箸尾遺跡の発掘調査により、10世紀後半から11世紀初頭の間に生成したと推定される液状化現象による砂脈が発見された[2]。しかし、この地震痕跡は西日本の内陸地殻内地震の可能性も排除できず、この箸尾遺跡の地震痕のみを以て南海トラフ巨大地震と断定することはできないとされる[15]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 石橋克彦(2016): [論説]1099年承徳(康和)南海地震は実在せず,1096年嘉保(永長)地震が「南海トラフ全域破壊型」だった可能性―土佐地震記事を含む『兼仲卿記』紙背の官宣旨案の考察― (PDF) , 歴史地震, 第31号, 81-88.
  2. ^ a b 寒川旭 『揺れる大地 日本列島の地震史』 同朋舎出版、1997年
  3. ^ 震災予防調査会編 『大日本地震史料』 上巻、丸善、1904年
  4. ^ a b 宇津徳治、嶋悦三、吉井敏尅、山科健一郎 『地震の事典』 朝倉書店、2001年
  5. ^ a b c 石橋克彦(1999) 石橋克彦(1999): 文献史料からみた東海・南海巨大地震, 地學雜誌, Vol.108, No.4, JOI:JST.Journalarchive/jgeography1889/108.4_399
  6. ^ a b 矢田俊文 『中世の巨大地震』 吉川弘文館、2009年
  7. ^ a b 閲覧検索画面 [古代・中世]地震・噴火史料データベース(β版)
  8. ^ 武者金吉 『日本地震史料』 明石書店、1995年
  9. ^ 『大日本地震史料 増訂 第一巻』
  10. ^ Kawasumi(1951) 有史以來の地震活動より見たる我國各地の地震危險度及び最高震度の期待値,東京大學地震研究所彙報. 第29冊第3号, 1951.10.5, pp.469-482.
  11. ^ 宇佐美龍夫 『最新版 日本被害地震総覧』 東京大学出版会、2003年
  12. ^ Ishibashi, K., 1981, Specification of a soon-to-occur seismic faulting in the Tokai district, central Japan, based upon seismotectonics, in "Earthquake Prediction-An International Review", ed by D. W. Simpson and P. G. Richrds, Maurice Ewing Series 4, 297-332.
  13. ^ 石橋克彦, 2002, フィリピン海スラブ沈み込みの境界条件としての東海・南海巨大地震-史料地震学による概要-, 京都大学防災研究所研究集会13K-7 報告書, 1-9.
  14. ^ 都司嘉宣による発見 - 寒川旭 『地震の日本史』 中公新書、2007年
  15. ^ 石橋克彦(1998) 石橋克彦、佐竹健治(1998): 総合報告:古地震研究によるプレート境界巨大地震の長期予測の問題点 -日本付近のプレート沈み込み帯を中心として, 『地震』 第2輯, 50, 231-243, JOI:JST.Journalarchive/zisin1948/50.appendix_1.

参考文献[編集]

  • 『大日本地震史料 上巻』 震災予防調査会編、丸善1904年 pp.68-69 国立国会図書館サーチ
  • 『大日本地震史料 増訂 第一巻 自懿徳天皇御宇至元祿七年』 武者金吉、文部省震災予防評議会、1943年 pp.153-156 国立国会図書館サーチ
  • 『新収 日本地震史料 第一巻 自允恭天皇五年至文禄四年』 東京大学地震研究所、日本電気協会、1983年 pp.52-53
  • 『新収 日本地震史料 続補遺』 東京大学地震研究所、日本電気協会、1994年 pp.5-6
  • 宇佐美龍夫 『日本の歴史地震史料 拾遺四ノ上』 東京大学地震研究所、2008年6月 p4