学校法人堀越学園 (群馬県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
堀越学園 (群馬県)から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

学校法人 堀越学園(がっこうほうじん ほりこしがくえん)は、日本の学校法人である。解散時点の理事長は福田星人。群馬県を拠点に、創造学園大学などの諸学校を運営していたが、相次ぐ不祥事により文部科学省から解散命令を受けた[1][2][3]。のちに破産手続開始決定。

堀越高等学校などを擁する東京都の同名の学校法人とは無関係。本項の堀越学園の関係者を名乗る人物が、東京都の堀越高校が系列校であると偽って学校債の勧誘を行っていた[4]

沿革[編集]

  • 1966年 - 群馬県高崎市に学校法人堀越学園設立。
  • 1968年 - 高崎保育専門学校設立。
  • 1980年 - 子供の国幼稚園設立。
  • 1981年 - 高崎短期大学音楽科設立。
  • 1983年 - 同専攻科(音楽)開設。
  • 1985年 - 群馬県川場村にセミナーハウス武尊温泉「萱の家」完成。
  • 1988年 - 高崎短期大学美術科設立、高崎芸術短期大学と改称。
  • 1990年 - 同専攻科(美術)開設。
  • 1992年 - 高崎福祉専門学校設立。
  • 1995年 - 宮城県に堀越学園合宿施設七ヶ宿キャンパス「水と緑の共和国」完成。
  • 1997年 - 群馬県高崎市の高崎福祉専門学校・高崎保育専門学校のある八千代キャンパスに一般入浴施設兼介護実習施設「三福温泉」TESLA(テスラ)館完成。
  • 2004年 - 群馬県に創造学園大学 創造芸術学部とソーシャルワーク学部設置。
  • 2005年 - 長野県に創造学園大学附属高等学校設立(学校法人創造学園)。
  • 2006年 - 高崎医療技術福祉専門学校設立[5]。FCホリコシをアルテ高崎と改称。
  • 2009年 - 両国に創造学園大東京校を開設[5]
  • 2013年 - 文部科学省から解散命令を受け、創造学園大学と専門学校、幼稚園が閉鎖。債権者から破産を申し立てられ、破産手続開始決定。破産管財人に綾克己(ときわ法律事務所)が就任。

設置されていた学校[編集]

関連法人・関連学校[編集]

著名な元教職員[編集]

その他[編集]

不祥事[編集]

  • 2007年末から教職員への給与遅配が始まった[5]
  • 医療技術福祉専門学校の建物、高額医療機器などへの投資などにより、経営難となり、2008年12月、2009年1月分の給与が遅配となった[5]
  • 2009年2月4日、創造学園大学の各キャンパスが仮差押えになっていることが明らかになった[6]
  • 2009年3月、文部科学省や群馬県に提出していた2002年から2004年までの決算書に虚偽があったとして日本私立学校振興・共済事業団から創造学園大学への2008年度の補助金の交付を取り消された[7][8]
  • 教職員への給料遅配で労働基準監督署から、労働基準法違反で是正勧告を受けていたことが明らかとなった[9]
  • 創造学園大学を同法人が設立時に文部科学省へ提出した書類に、負債額を実際より少なく記載する虚偽記載や、監査法人の判子の偽造を認め、今後5年間新しい学部、学科の新設を認めないペナルティを与えられる[5]

以上の相次ぐ不祥事により、2011年1月24日付で堀越哲二理事長は引責辞任した。

経営破綻[編集]

その後経営状態が改善しないため、文部科学省は2012年10月、私立学校法に基づいた解散命令を同年度末までに発令することを表明し[10][11]大学設置・学校法人審議会は、2012年10月25日、文部科学大臣田中眞紀子に対し、私立学校法に基づいて、解散命令を出すことが妥当との答申、報告を出している[12]

2013年3月28日、解散命令により廃止された[2]。この直後の4月4日に債権者の日本私立学校振興・共済事業団から破産を申し立てられている[13][14]。同年6月4日、東京地方裁判所より破産手続開始決定を受けた。負債総額は約45億円[15]。また、群馬県は同年8月30日付で学園の生活協同組合だった生活協同組合学園マイネに対して解散命令を出した[16]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 学校法人堀越学園に対する解散命令について - 文部科学省、2013年3月28日
  2. ^ a b 堀越学園(群馬県)に対する解散命令 - 文部科学省、2013年3月28日
  3. ^ 群馬・堀越学園:文科省が解散命令 創造学園大など廃止 - 毎日新聞、2013年3月29日
  4. ^ 「堀越高校が付属校」と堀越学園債ウソの勧誘 読売新聞 2011年12月5日
  5. ^ a b c d e 〈迷走の果て・堀越学園解散へ〉重ねた無理”. 朝日新聞 (2012年10月31日). 2012年11月6日閲覧。
  6. ^ 創造学園大 八千代、中山キャンパス 仮差し押さえ命令 東京新聞 2009年2月6日
  7. ^ 群馬・創造学園大、虚偽の財務書類提出 補助金停止 朝日新聞 2009年3月27日
  8. ^ 毎日新聞 2009年3月28日
  9. ^ 堀越学園に是正勧告、藤岡労基署 月給遅延で労基法違反 東京新聞 2009年4月6日
  10. ^ 堀越学園(群馬県)の在学生と保護者の皆様へ:文部科学省”. 2012年11月6日閲覧。
  11. ^ “群馬・堀越学園 3月に解散命令”. 読売新聞. (2012年10月23日). http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20121023-OYT8T00953.htm?from=tw 
  12. ^ 創造学園大運営法人3月解散 審議会答申に文科省”. 上毛新聞電子版. 2012年10月26日閲覧。
  13. ^ 「創造学園大学」などを運営 学校法人堀越学園 債権者より破産を申し立てられる 負債45億円帝国データバンク大型倒産速報2013年5月10日
  14. ^ 堀越学園の破産申し立て 債権者「財産散逸の恐れ」産経新聞2013年5月10日
  15. ^ 「創造学園大学」などを運営 続報 学校法人堀越学園 破産手続き開始決定 負債45億円帝国データバンク大型倒産速報2013年6月5日
  16. ^ 旧堀越学園の生協に解散命令東京新聞2013年8月31日

外部リンク[編集]