国際情報オリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国際情報オリンピック(International Olympiad in Informatics, IOI)は、1989年から毎年行われる、高校生を対象としたプログラミング能力を競う国際大会である。

概要[編集]

1カ国あたり、最大4人の選手が参加できる。2005年ポーランド大会では、72カ国276人が参加した。日本から参加するには、日本情報オリンピックに参加する必要がある。

テストは2日間あり、各1日5時間で3問ずつに挑戦する。各問題は100点満点で採点され、満点は2014年現在、600点である(2009年は800点であった。また、2010年は一部の問題において100点を超える解答が存在する可能性があったため、820点満点とされている[1])。各プログラムには実行時間やメモリの制限があり、その制限がアルゴリズム上の工夫を要し、問題を難しくする。採点は入力データに対して、正しい結果を返すかどうかという、コンピュータによる自動採点で行われる。

採点の結果、上位1/12には金メダル、次の2/12には銀メダル、次の3/12には銅メダルが授与される。

日本は、1994年から1996年の間、国際大会に参加しており、その後9年間の中断の後、2006年から参加している。

開催歴[編集]

過去の開催[編集]

開催予定地[編集]

成績[編集]

  • 1994年 銀2 - 15位
  • 1995年 金1銅1 - 11位
  • 1996年 なし
  • 2006年 金2銅1 - 6位
  • 2007年 金1銀1銅1 - 14位
  • 2008年 金1銀1銅2 - 11位
  • 2009年 金2銀1銅1 - 6位
  • 2010年 金2銀2 - 2位
  • 2011年 金1銀3 - 8位
  • 2012年 金1銀3
  • 2013年 金1銀2
  • 2014年 金1銀2銅1
  • 2015年 金3銅1
  • 2016年 金2銀2
  • 2017年 金3銀1

1996年までは日本からの世界大会参加者は2名、2006年以降は4名。

日本人金メダリスト[編集]

  • 伊藤哲史(筑波大学附属駒場高等学校)1995年(5位)
  • 渡部正樹(筑波大学附属駒場高等学校)2006年(21位)
  • 片岡俊基(高田高等学校)2006年(16位),2007年(19位)
  • 保坂和宏(開成高等学校)2008年(23位),2009年(2位)
  • 滝聞太基(筑波大学附属駒場高等学校)2009年(14位)
  • 村井翔悟(開成高等学校)2010年(9位),2011年(14位),2012年(4位)
  • 原将己(筑波大学附属駒場高等学校)2010年(16位)
  • 熊崎剛生(筑波大学附属駒場高等学校)2013年(16位)
  • 高谷悠太(開成中学校・開成高等学校)2014年(16位),2015年(10位),2016年(15位),2017年(1位)
  • 増田隆宏(筑波大学附属駒場高等学校)2015年(16位)
  • 井上卓哉(開成高等学校)2015年(27位),2016年(5位)
  • 川﨑理玖(筑波大学附属駒場高等学校)2017年(4位)
  • 河原井啓(筑波大学附属駒場高等学校)2017年(5位)

テレビ[編集]

  • 情報オリンピック特別番組『未来への鍵』 - 2011年3月21日テレビ東京にて放送。出演は岡本玲など[3]
  • 『岡本玲の未来への鍵Ⅱ 〜体験! 国際情報オリンピック タイ大会〜』 - 2011年9月23日にテレビ東京にて放送。出演は岡本玲など[4]
  • 『青春アルゴリズム』 - 情報オリンピックを元にした青春ドラマ。2012年12月24日[5]にテレビ東京にて放送。監督は呉美保。出演は岡本玲[6]など。

関連項目[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]