国際言語学オリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国際言語学オリンピック(International Linguistics Olympiad)は、国際科学オリンピックのひとつであり、一番新しい競技である。

概要[編集]

主に言語学の分野が出題される。テストは個人戦と団体戦があり、個人戦は制限時間6時間で5問を、団体戦は一つの難解な問題を4人一組のチームで協力して解く。 団体戦の制限時間は、年によって異なる。 主な出題ジャンルは音声学形態論意味論など。

参加国は東欧北欧が中心であり、日本2012年から参加している。 2008年アジアの国家の中で韓国が初めて参加し、その後2009年インドも参加し始めた。 東南アジアアフリカからはまだ参加国が無く、そのためテストではそれらの地域の言語が多く出題される。 数式が出ることもある。その際はtàtnààs=bākūrū bītīīmìn ná vɛ̀ ʃāātàtという風に、個々の数をある言語での数の書き方で書いた形で数式を書く(この数式は、2017年出題のものから抜粋)。

日本代表はこれまで銅メダルを4個、銀メダルを2個、Best Solutionを1個取っている。

開催地[編集]

回数 開催年 開催地 開催日 参加国 参加者数 Webページ
1 2003年 ブルガリアの旗ブルガリア・ボロヴェッツ 6 33 here
2 2004年 ロシアの旗ロシアモスクワ 7月31日 – 8月2日 7 43 here
3 2005年 オランダの旗オランダライデン 9 50
4 2006年 エストニアの旗エストニアタルトゥ 8月1日 – 8月6日 9 51 here
5 2007年 ロシアの旗ロシアサンクトペテルブルク 7月31日 – 8月4日 9 61 here
6 2008年 ブルガリアの旗ブルガリア・サニービーチ 8月4日 – 8月9日 11 63 here
7 2009年 ポーランドの旗ポーランドヴロツワフ 7月26日 – 7月31日 17 86 here
8 2010年 スウェーデンの旗スウェーデンストックホルム 7月19日 – 7月24日 18 99 here
9 2011年 アメリカ合衆国の旗アメリカピッツバーグ 7月24日 – 7月30日 19 102 here
10 2012年 スロベニアの旗スロヴァキアリュブリャナ 7月29日 – 8月4日 26 131 here
11 2013年 イギリスの旗イギリスマンチェスター 7月22日 – 7月26日 26 138 here
12 2014年 中華人民共和国の旗 中国・北京 7月21日 – 25日 28 152
13 2015年 ブルガリアの旗ブルガリア・ブラゴエブグラド 7月20日 – 24日 29 166
14 2016年 インドの旗インド・マイソール 7月25日 – 29日 30 167
15 2017年 アイルランドの旗アイルランド・ダブリン 7月31日 – 8月4日 29

参考[編集]