国際言語学オリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

国際言語学オリンピック(IOL)は、12ある国際科学オリンピックのひとつで、4番目に新しい。その略称IOLは、この組織のどの特定の言語における名称にも一致しないよう意図的に選択されている。また加盟組織は、それぞれの言語での大会名称を自由に選択することができる[1]。このオリンピックは計算言語学、理論言語学、記述言語学の各分野の発展を図るものである。

概要[編集]

主に言語学の分野が出題される。他のほとんどの科学オリンピックとは異なり、テストには個人競技と団体競技の両方があり、個人戦は制限時間6時間で5問を、団体戦は一つの難解な問題を4人一組のチームで協力して解く。団体競技の制限時間は、年によって異なる。主な出題ジャンルは理論言語学計算言語学応用言語学の主要な分野(音声学形態論意味論統語論社会言語学)など。

団体競技は、第2回IOL以降、非常に困難で時間のかかる問題一つが出題される。各チームは一般的に4人以下の学生で構成され、この問題を解決するために3~4時間与えられる。

ほとんどすべての国際科学オリンピックと同様に、問題はいくつかの言語に翻訳され、解答されるため、いかなる母語の制約も受けないように書かれていなければならない。しかし、他のオリンピックとは異なり、翻訳は代表チームのリーダーから独立した専門家で構成される多言語の問題委員会によって提供される。参加者が課題の対象となっている1つ以上の言語群に精通していると有利になる可能性があるため、世界であまり知られていない言語に基づいた問題が増えている。幸いなことに、世界中では6,000以上の言語(いわゆる死語は含まない)が話されており、選択肢はたくさんある。委員会はその問題に人工言語や架空の言語を使わない方針をとっている。独立した問題委員会と審査員の存在は、チームのリーダーがその分野に詳しい必要がないことを意味している(しかしほとんどのリーダーは詳しい)。彼らは、競技の週を通して、チームと緊密に協力して直前でのコーチングを提供することができ、多くの場合そうする。

すべての解答は明確な推論と正当化を含まなければならないことから、どんな場合でも、最も役に立つ能力は分析的で演繹的な思考である。

参加国は東欧北欧が中心であり、日本2012年から参加している。2008年アジアの国家の中で韓国が初めて参加し、その後2009年インドも参加し始めた。東南アジアアフリカからはまだ参加国が少なく、そのためテストではそれらの地域の言語が多く出題される。数式が出ることもある。その際はtàtnààs=bākūrū bītīīmìn ná vɛ̀ ʃāātàtという風に、個々の数をある言語での数の書き方で書いた形で数式を書く(この数式は、2017年出題のものから抜粋)。

日本代表はこれまで金メダルを1個、銀メダルを2個、銅メダルを7個、最優秀解答を1個取っている。

歴史[編集]

開催の背景と目的[編集]

1965年、ロシアのモスクワで、当時は言語学を学んで五年に過ぎなかった著名な言語学者アルフレッド・ジュリンスキー(1938~1991年)の提唱により、委員長を務めた数学者ウラジーミル・アンドレヴィッチ・ウスペンスキー、言語学者のアレクサンドル・キブリック、アンナ・ポリワノワ、アンドレイ・ザリズニャクらによる委員会が組織され[2]、中学生を対象とした初めての言語オリンピックが開催された。1982年までモスクワ大学で定期開催され、1988年に現在のロシア人文大学で再開された[3]。1989年以降は両機関が共同で行った。なお1989年から1991年にはモスクワ国立言語大学も参加した[4]。1996年からサンクトペテルブルクのサンクトペテルブルク大学でも同様の大会が開催されている[3]

1982年以来、ブルガリアでもブルガリア数学者連合、教育科学省により定期的に言語学オリンピックが開催されている[3]。アメリカのオレゴン州[5]やオランダでも同様のオリンピックが開催された。ブルガリア言語学オリンピックの設立後、モスクワ言語学オリンピックの優勝チームがブルガリアの大会に出場したり、その逆の形での出場も行われたりして、この分野での国際協力に大きな可能性を示した。

場所、年ごとの歴史[編集]

IOLの初回は、モスクワ大学(MSU)のアレクサンドル・キブリックが委員長を務め、ブルガリア、チェコ、エストニア、ラトビア、オランダ、ロシアの六か国の参加を得て、ブルガリアの山岳リゾート地、ボロヴェッツにおいて2003年9月6日から12日まで実施された。最初の国際審査員は、イワン・デルジャンスキー(委員長)(ブルガリア科学アカデミー数学・情報研究所)、アレクサンドル・ベルディチェフスキー(モスクワ大)、ボリス・イオムディン(ロシア語学会)、エレナ・ムラヴェンコ(ロシア国立人文大学ロシア語学科)で構成されていた[3]。個人戦における五つの問題はヤーコプ・リンツバッハの「超越代数」筆記体系、エジプト・アラビア語(アフロ・アジア語族)、バスク語(孤立した言語)、アディゲ語(北西コーカサス語族)、フランス語(インド・ヨーロッパ語族)に関するものであった。団体戦は、トカラ語(インド・ヨーロッパ語族)、添字の名詞としての使用、遂行動詞の三つの問題から構成された。

IOL 2は、2004年の8月2日から6日まで、ロシアのモスクワにあるロシア人文大学(RSUH)で開催された[6]。7カ国が出場し、ポーランド、セルビア・モンテネグロは初参加だった。個人戦の5つの問題は、カヤポ語ラテン語英語ラコタ語チュヴァシュ語だった。団体戦の問題はアルメニア語だった。

IOL 3は2005年の8月8日から12日までオランダのライデンで開催され、初参加のフィンランドとルーマニアを含む9カ国13チームが参加した。個人戦の5つの問題は、ツォツィル語ランゴ語マンシ語ヨルバ語リトアニア語だった。団体戦の問題はフィギグだった。

IOL 4は、2006年の8月1日から6日まで、エストニアのタルトゥにあるタルトゥ大学で開催された[7]。Renate Pajusaluが統括し、9カ国から13チームが参加し、リトアニアも初めてチームを派遣した。個人戦の5つの問題は、ラコタ語カタルーニャ語クメール語ウデヘ語ンゴニ語だった。団体戦はアメリカ手話だった。

IOL 5は、2007年7月31日から8月4日まで、ロシアのサンクトペテルブルクにあるHotel Geliosで開催された[8]。Stanislav Gurevichを委員長とし、9カ国から15チームが参加した;スペイン、スウェーデン、アメリカは初めて参加した。その年には、各国が1チームまたは2チーム (それぞれ4人ずつ) を派遣し、最初のチームの費用はホスト国が全額負担することが決まった。また、開催国は第3チームを派遣することもできる[8]。個人コンテストでの五つの問題は点字、モビマ語(孤立した言語)、グルジア語(カルトヴェリ語族)、ンドム語(トランス・ニューギニア語族)、トルコ語タタール語(チュルク語族)の対応であった。チームの問題はハワイ語(オーストロネシア語族)であり、家系を表す語に焦点が当てられていた。

IOL 6は、2008年8月4日から9日まで、ブルガリアのサニー・ビーチスランチェフ・ブリャク)にあるサニー・ビーチ・リゾートで開催された[9]。Iliana Raevaが委員長を務め、初参加のドイツ、スロベニア、韓国を含む11カ国から16チームが参加した。問題委員会はイヴァン・デルジャンスキーが委員長を務めた。五つの個人問題は、ミクマク語(アルゴンキン語派)、古ノルド語(北ゲルマン語群)の詩歌(特にdróttkvætt)、デフ語チャムヒン語の対応(大洋州諸語)、コパイナラ・ソケ語(ミヘ・ソケ語族)、イヌクティトゥット語(エスキモー・アレウト語族)であった。チーム問題は、反切を用いた標準中国語と広東語(シナ語派)の対応に関するものであった。

IOL 7は、2009年7月26日から31日まで、ポーランド、ヴロツワフヴロツワフ大学で開催された[10]。ミハウ・スリヴィンスキが委員長を務め、初参加のオーストラリア、イギリス、インド、アイルランドをはじめ世界17カ国から23チームが参加した。問題委員会はTodor Tchervenkov(フランスのリヨン大学)が委員長を務めた。対象とした五つの個人戦の問題の主題は、スルカ語(孤立した言語)の数字、ンコ文字及びラテン文字表記のマニンカ語及びバマナ語(マンデ語派)、伝統的なビルマ語(シナ・チベット語族)の名及びそれらの誕生日との関係、古インド語(インド語群)における強勢の位置、及び古典ナワトル語(ユト・アステカ語族)における文法と形態論の関係である。チームの問題はベトナム語(オーストロアジア語族)だった。

IOL 8は、2010年の7月19日から24日まで、スウェーデンのストックホルムにあるÖstra Real Hostelにて開催された[11]。Hedvig Skigårdが委員長を務め、ノルウェーやシンガポールなど18カ国からの26チームが参加した。問題委員会はアレクサンドル・ピペルスキーが委員長を務めた。個人のコンテストは次の五つの問題から構成されていた:ブドゥフ語(北東コーカサス語族)における種々の動詞の関係、デフ語(オセアニア)の数え方のシステム、ブリスシンボルmRNAのコーディング、ロマンシュ語(西ロマンス語)におけるスルシルヴァ方言とエンガディン方言の関係。チームの問題はモンゴル語(モンゴル語族)単一の辞書からの抜粋の翻訳であった。

IOL 9は、7月25日から30日まで、米国ピッツバーグカーネギーメロン大学で開催された[12]。Lori Levinが司会を務め、ブラジル、カナダ、アラブ首長国連邦、ベトナムなど19カ国から27 2011チームが初参加した。問題委員会はAdam Hesterbergが委員長を務めた。個人戦の問題は、フェロー語(ゲルマン語派)の正書法、メノミニー語(アルギック語族)の形態学、ヴァイ語(マンデ語族)の構文、ナワトル語(ユト・アステカ語族)の意味論、バーコード言語EAN-13の構造についての推論を必要とした。チーム・コンテストには、サンスクリット語(インド・アーリア語派)の詩の規則と構造が含まれていた。

IOL 10はスロベニアのリュブリャナにあるリュブリャナ大学で2012年7月29日から8月4日まで開催された[13]。Mirko Vaupoticが率いるは、中国、ギリシャ、ハンガリー、イスラエル、そして日本を含む26カ国から34チームを集めた。問題委員会はイヴァン・デルジャンスキーが委員長を務めた。個人戦における五つの問題は、ジルバル語(パマ・ニュンガ語族)の統語論、ウンブ=ウング語(トランス・ニューギニア)の数、バスク語(孤立した言語)の代名詞、テオプ語(オーストロネシア語族)の構文、ロツマ語(オーストロネシア語族)の意味論であった。チームの問題には、ラーオ語(タイ・カダイ語族)で国名を認識することが含まれていた。

IOL 11は、2013年の7月22日から26日まで、イギリス・マンチェスターのマンチェスターグラマースクールにて開催され[14]、ニール・シェルダンが委員長を務め、マン島をはじめ、台湾、トルコなど世界26カ国から35チームが参加した。問題委員会はStanislav Gurevichが委員長を務めた。個人戦における五つの問題は、英語に基づくイディン語(パマ・ニュンガ語族)の形態学、ツンドラ・ユカギール語(ユカギール語族)の意味論、ピダハン語(ムーラ語)の音韻論、ムナ語(オーストロネシア語族)の統語論、英語に基づくテレパシーに関するものであった。チームの問題は、9世紀のヌスフリ文字で書かれたグルジア語(カルトヴェリ語族)によるマーティン・セイモア=スミスの『世界を変えた100冊の本』のリストを翻訳することに関係していた。

IOL 12は、2014年の7月21日から25日まで、中国・北京の北京語言大学で開催された[15]。Jiang Yuqinが委員長を務めた。28カ国から39チームが参加し、パキスタンとウクライナも初参加した。問題委員会の委員長はJae Kyu Lee。個別コンテストにおける五つの問題は、ベナベナ語(トランス・ニューギニア語族)の形態論、カイオワ語(カイオワ・タノア語族)の形態音韻論、タングート語(チベット・ビルマ語派)の親族、エンゲンニ語(ベヌエ・コンゴ語族)の構文、北西バヤ語(ウバンギ語族)であった。チームの問題には、世界人権宣言の記事をアルメニア語(インド・ヨーロッパ語族)に翻訳したものと一致させることが含まれていた。

IOL 13は、2015年の7月20日から24日まで、ブルガリアのブラゴエヴグラトにあるブルガリア・アメリカン大学で開催された[16]。アレクサンドル・ベリノフが委員長を務めた。初参加のバングラデシュ、フランス、カザフスタンなど29カ国から43チームが参加した。問題委員会はBozhidar Bozhinovが委員長を務め、個別コンテストにおける五つの問題は、ナワトル語(ユト・アステカ語族)とアランバ語(中南パプア語族)の数、カバルド語(アブハズ・アディゲ語派)のベスレネイ方言の形態論、Soundex(サウンデックス)、ワンバヤ語(西バークリー語族)の文法、ソマリ語(アフロ・アジア語族)の詩の規則についてだった。チームの問題は、北ソト語(バントゥー語群)単一の辞書からの抜粋を用いて言語の文法と語彙を構築することであった。

IOL 14は、2016年の7月25日から29日まで、インドのマイソールにあるインフォシス開発センターで開催され[17]、Monojit Choudhury博士とGirish Nath Jha博士が委員長を務めた。31カ国から44チームが集まり、ネパールとスリランカは初めてチームを送った。問題委員会はBoris Iomdinが委員長を務めた。個人戦における五つの問題は、アラッレ・タブラハン語(オーストロネシア語族)の空間の直示ルウィ語(インド・ヨーロッパ語族)の象形文字、クヌーズ・ヌビア語(東スーダン語族)の形態統語論、イアトムル語(セピック語族)の意味論、ハカル語(アイマラ語族)の形態論における空間的特異性に関するものであった。チームの問題は、タア語(ツウ語族)における100以上の発話とIPA転写とのマッチングであった。

IOL 15は、7月31日から2017年8月4日までアイルランドのダブリンにあるダブリンシティ大学で開催された[18]。カラ・グリーン博士が委員長を務め、27カ国から43チームが参加し、カナダから初めてフランス語圏のチームが派遣された。問題委員会はヒュー・ドブスが委員長を務めた。個人戦における五つの問題は、ビロム語(プラトー語群)の数、アブイ語(ティモール・アロール・パンタール語族)の所有と意味、キンブンド語(バントゥー語群)の形態統語論、コム文字で書かれたラベン語(オーストロアジア語族)、マダク語(中部メラネシア語群)の形態音韻論に関するものであった。団体戦は、87個の絵文字インドネシア語(オーストロネシア語族)の記述との対応関係を確立することだった。

IOL 16は、チェコ共和国のプラハにあるチェコ生命科学大学で、2018年の7月26日から30日まで開催された[19]。Vojtěch Diatkaを委員長とし、29カ国から49チームが参加し、マレーシアとデンマークは初参加だった[20]。問題委員会はマリア・ルビンスタインが委員長を務めた。個人戦における五つの問題は、クリーク語(マスコギ語族)の強勢、ハクン語(サル語派)の形態統語論、テレナ語(アラワク語族)の音韻論、山岳アラペシュ語(トリチェリ語族)での数の数え方、アカン語(大西洋・コンゴ語族)での血縁関係に関するものであった。団体戦では、ジェ語派の3つの言語メンベンゴクレ語シャバンチ語クリンカチー語の音韻論的対応を調べた。

IOL17は、2019年7月29日から8月2日まで韓国龍仁市にある韓国外国語大学校龍仁キャンパスで開催された[21]。キム・ミンギュとチェ・ユジョンが委員長を務め、36の国と地域から53チームが参加した。ネパール、香港、ウズベキスタン、コロンビアは初参加であった[22]。問題委員会はイ・テフンが委員長を務めた。個人戦の問題はヨンゴム語(トランス・ニューギニア語族)の形態統語論、ユロック語(アルギック語族)の色彩語彙、書物のパフラヴィー文字で書かれた中期ペルシア語(イラン語派)、西タランガン語(オーストロネシア語族)の北部方言と海岸部方言における重複形、ノニ語(ベボイド語群)の形態統語論と曜日に関するものであった。団体戦では新体操の動きの表記体系と評価の法則を明らかにした。

IOL18は当初ラトビアヴェンツピルスで2020年の7月20日から24日まで開催される予定であったが、新型コロナウイルス感染症の流行 (2019年-)によって2021年の7月19日から23日へ延期された[23]

開催地[編集]

IOLの各大会の概要を次の表に示す。

回数 開催年 開催地 開催日 参加国 参加者数 Webページ
1 2003年 ブルガリアの旗ブルガリアボロヴェッツ 9月6日 – 9月12日 6 33 here
2 2004年 ロシアの旗ロシアモスクワ 7月31日 – 8月2日 7 43 here
3 2005年 オランダの旗オランダライデン 8月8日 – 8月12日 9 50 here
4 2006年 エストニアの旗エストニアタルトゥ 8月1日 – 8月6日 9 51 here
5 2007年 ロシアの旗ロシアサンクトペテルブルク 7月31日 – 8月4日 9 61 here
6 2008年 ブルガリアの旗ブルガリア・サニービーチ 8月4日 – 8月9日 11 63 here
7 2009年 ポーランドの旗ポーランドヴロツワフ 7月26日 – 7月31日 17 86 here
8 2010年 スウェーデンの旗スウェーデンストックホルム 7月19日 – 7月24日 18 99 here
9 2011年 アメリカ合衆国の旗アメリカピッツバーグ 7月24日 – 7月30日 19 102 here
10 2012年 スロベニアの旗スロヴァキアリュブリャナ 7月29日 – 8月4日 26 131 here
11 2013年 イギリスの旗イギリスマンチェスター 7月22日 – 7月26日 26 138 here
12 2014年 中華人民共和国の旗中華人民共和国北京 7月21日 – 25日 28 152 here
13 2015年 ブルガリアの旗ブルガリア・ブラゴエヴグラト 7月20日 – 24日 29 166 here
14 2016年 インドの旗インドマイソール 7月25日 – 29日 30 167 here
15 2017年 アイルランドの旗アイルランドダブリン 7月31日 – 8月4日 27 180 here
16 2018年 チェコの旗チェコプラハ 7月26日 – 30日 29 192 here
17 2019年 大韓民国の旗大韓民国龍仁 7月26日 – 30日 37 209 here
18 2021

ラトビアの旗ラトビアヴェンツピルス
19 2022年 マン島の旗マン島(予定・未発表)

個人戦メダリスト[編集]

年度 開催地 金賞 銀賞 銅賞
2003 ブルガリアの旗ブルガリア、ボロヴェッツ Alexandra Petrova ロシアの旗

Boris Turovsky ロシアの旗

Eddin Najetović オランダの旗

Mirjam Plooij オランダの旗

Maria Skhapa ロシアの旗

Polina Oskolskaya ロシアの旗

Ivan Dobrev ブルガリアの旗

2004 ロシアの旗ロシア、モスクワ Ivan Dobrev ブルガリアの旗

Alexander Piperski ロシアの旗

Ralitsa Markova ブルガリアの旗

Maria Mamykina ロシアの旗

Todor Chervenkov ブルガリアの旗

Tsvetomila Mihaylova ブルガリアの旗

Tymon Słoczyński ポーランドの旗

Alexandra Zabelina ロシアの旗

Xenia Kuzmina ロシアの旗

Alexei Nazarov オランダの旗

Margus Niitsoo エストニアの旗

Natalja Hartsenko エストニアの旗

Nikita Medyankin ロシアの旗

Sophia Oskolskaya ロシアの旗

2005 オランダの旗オランダ、ライデン Ivan Dobrev ブルガリアの旗
Eleonora Glazova ロシアの旗
Nikita Medyankin ロシアの旗

Tsvetomila Mihaylova ブルガリアの旗

Alexander Piperski ロシアの旗

Ivaylo Grozdev ブルガリアの旗

2006 エストニアの旗エストニア、タルトゥ Maria Kholodilova ロシアの旗

Ivaylo Dimitrov ブルガリアの旗

Pavel Sofroniev ブルガリアの旗

Yordan Mehandzhiyski ブルガリアの旗

Eleonora Glazova ロシアの旗

Mihail Minkov ブルガリアの旗

Daniil Zorin ロシアの旗

Sergey Malyshev ロシアの旗

Alexander Daskalov ブルガリアの旗

Yuliya Taran ロシアの旗

Nikita Medyankin ロシアの旗

Diana Aitai エストニアの旗

Paweł Świątkowski ポーランドの旗

2007 ロシアの旗ロシア、サンクトペテルブルク Adam Hesterberg アメリカ合衆国の旗

Łukasz Cegieła ポーランドの旗

Kira Kiranova ロシアの旗

Mihail Minkov ブルガリアの旗

Arseniy Vetushko-Kalevich ロシアの旗

Sander Pajusalu エストニアの旗

Teele Vaalma エストニアの旗

Angel Naydenov ブルガリアの旗

Anna Shlomina ロシアの旗

Yordan Mehandzhiyski ブルガリアの旗

Elizaveta Rebrova ロシアの旗

Maria Kholodilova ロシアの旗

2008 ブルガリアの旗ブルガリア、スランチェフ・ブリャク Alexander Daskalov ブルガリアの旗

Hanzhi Zhu アメリカ合衆国の旗

Milan Abel Lopuhaa オランダの旗

Anand Natarajan アメリカ合衆国の旗

Maciej Janicki ポーランドの旗

Morris Alper アメリカ合衆国の旗

Dmitry Perevozchikov ロシアの旗

Łukasz Cegieła ポーランドの旗

Andrey Nikulin ロシアの旗

Marcin Filar ポーランドの旗

Guy Tabachnick アメリカ合衆国の旗

Joon Kyu Kang 大韓民国の旗

Radosław Burny ポーランドの旗

Diana Sofronieva ブルガリアの旗

Jeffrey Lim アメリカ合衆国の旗

Karol Konaszyński ポーランドの旗

Yordan Mehandzhiyski ブルガリアの旗

Rebecca Jacobs アメリカ合衆国の旗

Tatyana Polevaya ロシアの旗

Georgi Rangelov ブルガリアの旗

2009 ポーランドの旗ポーランド、ヴロツワフ Diana Sofronieva ブルガリアの旗

Łukasz Cegieła ポーランドの旗

Vitaly Pavlenko ロシアの旗

Andrey Nikulin ロシアの旗

Yordan Mehandzhiyski ブルガリアの旗

Arturs Semenyuks ラトビアの旗

Irene Tamm エストニアの旗

Łukasz Kalinowski ポーランドの旗

Witold Małecki ポーランドの旗

Aakanksha Sarda インドの旗

Rebecca Jacobs アメリカ合衆国の旗

Deyana Kamburova ブルガリアの旗

Szymon Musioł ポーランドの旗

Elena Volkova ロシアの旗

Laura Adamson エストニアの旗

Alan Huang アメリカ合衆国の旗

Ben Caller イギリスの旗

Tomasz Dobrzycki ポーランドの旗

John Berman アメリカ合衆国の旗

Jun Yeop Lee 大韓民国の旗

Sergei Bernstein アメリカ合衆国の旗

Hye Jin Ryu 大韓民国の旗

2010 スウェーデンの旗スウェーデン、ストックホルム
Vadim Tukh ロシアの旗

Andrey Nikulin ロシアの旗

Ben Sklaroff アメリカ合衆国の旗

Martin Camacho アメリカ合衆国の旗

Tian-Yi Damien Jiang アメリカ合衆国の旗

Daria Vasilyeva ロシアの旗

Allen Yuan アメリカ合衆国の旗

Aleksejs Peguševs ラトビアの旗

Łukasz Kalinowski ポーランドの旗

Krzysztof Pawlak ポーランドの旗

Daniel Rucki ポーランドの旗

Maciej Dulęba ポーランドの旗

Mirjam Parve エストニアの旗

Miroslav Manolov ブルガリアの旗

Alexander Iriza アメリカ合衆国の旗

Alan Chang アメリカ合衆国の旗

Vitaly Pavlenko ロシアの旗

Artūrs Semeņuks ラトビアの旗

Mona Teppor エストニアの旗

Jakob Park ドイツの旗

Diana Glazova ロシアの旗

Szymon Kanonowicz ポーランドの旗

Roman Stasiński ポーランドの旗

Ellen Sinot オランダの旗

Younus Porteous イギリスの旗

Ana Pavlović セルビアの旗

Song Jeeun 大韓民国の旗

2011 アメリカ合衆国の旗アメリカ、ピッツバーグ
Morris Alper アメリカ合衆国の旗

Eva-Lotta Käsper エストニアの旗

Daria Vasilyeva ロシアの旗

Aleksey Kozlov ロシアの旗

Wesley Jones アメリカ合衆国の旗

Allen Yuan アメリカ合衆国の旗

Jekaterina Malina ラトビアの旗

Anton Sokolov ロシアの旗

Alexander Wade アメリカ合衆国の旗

Victor Valov ブルガリアの旗

Duligur Ibeling アメリカ合衆国の旗

Paul Lau オーストラリアの旗

Min Kyu Kim 大韓民国の旗

Elena Rykunova ロシアの旗

Artūrs Semeņuks ラトビアの旗

Hyun Park 大韓民国の旗

Rok Kaufman スロベニアの旗

Vadim Tukh ロシアの旗

Daniel Mitropolsky カナダの旗

Nik Moore イギリスの旗

Daniel Rucki ポーランドの旗

Aaron Klein アメリカ合衆国の旗

Dimitar Hristov ブルガリアの旗

Mihhail Afanasjev エストニアの旗

Ralf Ahi エストニアの旗

2012 スロベニアの旗スロベニア、リュブリャナ
Anton Sokolov ロシアの旗

Alexander Wade アメリカ合衆国の旗

Vadim Tukh ロシアの旗

Anderson Wang アメリカ合衆国の旗

Konrad Myszkowski ポーランドの旗

Jonathan Hongsoon Kim 大韓民国の旗

Marin Ivanov ブルガリアの旗

Kristian Kostadinov ブルガリアの旗

Darryl Wu アメリカ合衆国の旗

Allan Sadun アメリカ合衆国の旗

Eva-Lotta Käsper エストニアの旗

Tom White イギリスの旗

Daniel Rucki ポーランドの旗

Aaron Klein アメリカ合衆国の旗

Max Allmendinger ドイツの旗

Ilya Pogodaev ロシアの旗

Ivan Tadeu Ferreira Antunes Filho ブラジルの旗

Rok Kaufman スロベニアの旗

Hong Bum Choi 大韓民国の旗

Ji Wook Kim 大韓民国の旗

Sagar Sarda インドの旗

Pedro Neves Lopes ブラジルの旗

Erik Andersen アメリカ合衆国の旗

Magdalena Dakeva ブルガリアの旗

Ants-Oskar Mäesalu エストニアの旗

Omri Faraggi イギリスの旗

Anna Sarukhanova ロシアの旗

Melanie Duncan イギリスの旗

Baichuan Li イギリスの旗

Anita Mudzhumdar ロシアの旗

Estere Šeinkmane ラトビアの旗

Yash Sinha インドの旗

Amelia Shaye Lim Jin シンガポールの旗

Edyta Gajdzik ポーランドの旗

Mette-Triin Purde エストニアの旗

Erik Tamre エストニアの旗

Anne Ng Yin-Yi シンガポールの旗

2013 イギリスの旗イギリス、マンチェスター
Alexander Wade アメリカ合衆国の旗

Anton Sokolov ロシアの旗

Matyas Medek チェコの旗

Gabriel Alves da Silva Diniz ブラジルの旗

Michał Hadryś ポーランドの旗

Iva Gumnishka ブルガリアの旗

Estere Šeinkmane ラトビアの旗

Omri Faraggi イギリスの旗

Yash Sinha インドの旗

Polina Pleshak ロシアの旗

Kuzma Smirnov ロシアの旗

Martyna Siejba ポーランドの旗

Aaron Klein アメリカ合衆国の旗

Airika Arrik エストニアの旗

Boryana Hadzhiyska ブルガリアの旗

Ivan Zverev ロシアの旗

Huisu Yun 大韓民国の旗

Jeffrey Ling アメリカ合衆国の旗

Yulia Markova ブルガリアの旗

Nilai Sarda インドの旗

Vesko Milev ブルガリアの旗

Marin Ivanov ブルガリアの旗

Ivan Lyutskanov ブルガリアの旗

Jacob Karlsson Lagerros スウェーデンの旗

Tom McCoy アメリカ合衆国の旗

Martyna Judd オーストラリアの旗

Ants-Oskar Mäesalu エストニアの旗

Milena Velikova ブルガリアの旗

Jeong Yeon Choi 大韓民国の旗

Ekaterina Novikova ロシアの旗

Maciej Kucharski ポーランドの旗

Daniel Lovsted カナダの旗

Maximilian Schindler アメリカ合衆国の旗

Jiyun Sung 大韓民国の旗

Sarah Tham シンガポールの旗

Jan Bajer ポーランドの旗

2014 中華人民共和国の旗中国、北京
Miłosz Mazurkiewicz-Dubieński ポーランドの旗

Darryl Wu アメリカ合衆国の旗

Daniel Lovsted カナダの旗

Elysia Warner イギリスの旗

Anastasiia Dmitrieva ロシアの旗

Danila Shumskiy ロシアの旗

Dan Mirea ルーマニアの旗

Ada Melentieva ウクライナの旗

Catherine Wu アメリカ合衆国の旗

Chen Tianlu 中華人民共和国の旗

Yan Huang カナダの旗

Alexander Babiak アメリカ合衆国の旗

Zhang Ming 中華人民共和国の旗

Lara Jerman スロベニアの旗

Chen Run 中華人民共和国の旗

Keisuke Yamada 日本の旗

Stanisław Wilczyński ポーランドの旗

Hampus Lane スウェーデンの旗

Deven Lahoti アメリカ合衆国の旗

Xue Dailin 中華人民共和国の旗

Anindya Sharma インドの旗

Elena Chaparova ブルガリアの旗

Maciej Kocot ポーランドの旗

Matyáš Medek チェコの旗

Rajan Dalal インドの旗

Yoojin Jang 大韓民国の旗

Dmitrii Zelenskii ロシアの旗

Annika Kluge エストニアの旗

Emma Johansen スウェーデンの旗

Kevin Li アメリカ合衆国の旗

Gleb Nikolaev ロシアの旗

James Bloxham アメリカ合衆国の旗

James Abel オーストラリアの旗

Yulia Markova ブルガリアの旗

Šonita Koroļova ラトビアの旗

Eliška Freibergerová チェコの旗

Yang Heran 中華人民共和国の旗

Vitālijs Gusevs ラトビアの旗

Glenn Ee Je Hong シンガポールの旗

Simon Huang カナダの旗

Maria Aristova ロシアの旗

2015 ブルガリアの旗ブルガリア、ブラゴエヴグラト
James Wedgwood アメリカ合衆国の旗

Samuel Ahmed イギリスの旗

James Bloxham アメリカ合衆国の旗

Danail Penev ブルガリアの旗

Kevin Yang アメリカ合衆国の旗

Liam McKnight イギリスの旗

Ada Melentyeva ウクライナの旗

Kevin M Li アメリカ合衆国の旗

Ying Ming Poh シンガポールの旗

Conor Stuart-Roe アメリカ合衆国の旗

Valentin Dimov ブルガリアの旗

Daniil Vedeneev ロシアの旗

Stanisław Frejlak ポーランドの旗

Jiu Xu 中華人民共和国の旗

Julian Gau アメリカ合衆国の旗

Dan Mircea Mirea ルーマニアの旗

Katarzyna Kowalska ポーランドの旗

Ralitza Dardjonova ブルガリアの旗

Anthony Bracey イギリスの旗

Ivan Oleksiyuk ウクライナの旗

Teodora-Elena Solovan ルーマニアの旗

Jan Petr チェコの旗

Ruowang Zhang 中華人民共和国の旗

Tina Vladimirova ブルガリアの旗

Bálint Ugrin ハンガリーの旗

Nilai Sarda アメリカ合衆国の旗

Piotr Gajdzica ポーランドの旗

Zdravko Ivanov ブルガリアの旗

Anastasiia Alokhina ウクライナの旗

Pim Spelier オランダの旗

Naomi Solomons イギリスの旗

Anna Tatarenko ロシアの旗

Jaeyeong Yang 大韓民国の旗

Aalok Sathe インドの旗

Anthony Bruce Ma オーストラリアの旗

Diana Murzagaliyeva カザフスタンの旗

Luke Gardiner アイルランドの旗

Nadezhda Dimitrova ブルガリアの旗

Radina Dobreva ブルガリアの旗

Emma McLean カナダの旗

Irina Česnokova ラトビアの旗

Isabelle Yen 台湾の旗

Matija Lovšin スロベニアの旗

Naoki Nishiyama 日本の旗

Samvida Sudheesh Venkatesh インドの旗

Timurs Davilovs ラトビアの旗

2016 インドの旗インド、マイソール
Jaeyeong Yang 大韓民国の旗

James Wedgwood アメリカ合衆国の旗

Liam McKnight イギリスの旗

Max Zhang オーストラリアの旗

Jan Petr チェコの旗

Katya Voloshinova ロシアの旗

Ivan Samodelkin ロシアの旗

Kristian Georgiev ブルガリアの旗

Samuel Ahmed イギリスの旗

Polina Nasledskova ロシアの旗

Margarita Misirpashayeva アメリカ合衆国の旗

Ioana Bouroș ルーマニアの旗

Shuheng Nelson Niu アメリカ合衆国の旗

Joonas Jürgen Kisel エストニアの旗

Zofia Kaczmarek ポーランドの旗

Tina Vladimirova ブルガリアの旗

Matija Lovšin スロベニアの旗

Luo Yiming 中華人民共和国の旗

Krzysztof Choszczyk ポーランドの旗

Erik Metz アメリカ合衆国の旗

Anna Tatarenko ロシアの旗

Mihail Paskov ブルガリアの旗

Julia Panchenko ロシアの旗

Shen-Chang Huang 台湾の旗

Henry Wu オーストラリアの旗

Maria Aristova ロシアの旗

Maciej Paliga ポーランドの旗

Tsuyoshi Kobayashi 日本の旗

Elena Shukshina ロシアの旗

Daniel Vedeneev ロシアの旗

Aalok Sathe インドの旗

Wyatt Reeves アメリカ合衆国の旗

Wang Runze 中華人民共和国の旗

David Avellan-Hultman スウェーデンの旗

Bruno Ozaki ブラジルの旗

Amanda Kann スウェーデンの旗

Agnieszka Dudek ポーランドの旗

Emil Ingelsten スウェーデンの旗

Bai Ruiheng 中華人民共和国の旗

Zuzana Gruberová チェコの旗

Yu Shuyue 中華人民共和国の旗

Claire O'Connor アイルランドの旗

Tsvetelina Stefanova ブルガリアの旗

Theodor Cucu ルーマニアの旗

Li Huihan 中華人民共和国の旗

Nadezhda Dimitrova ブルガリアの旗

Mazzag Bálint ハンガリーの旗

Wojciech Piątek ポーランドの旗

Siye Annie Zhu アメリカ合衆国の旗

Mariia Stepaniuk ウクライナの旗

Roman Skurikhin ウクライナの旗

Isobel Voysey イギリスの旗

Yejoo Han 大韓民国の旗

2017 アイルランドの旗アイルランド、ダブリン
Samuel Ahmed イギリスの旗

Przemysław Podleśny ポーランドの旗

Liam McKnight イギリスの旗

Ruei Hung Alex Lee 台湾の旗

Zdravko Ivanov ブルガリアの旗

Simeon Hellsten イギリスの旗

Brian Xiao アメリカ合衆国の旗

Valentin Dimov ブルガリアの旗

Elena Keskinova ブルガリアの旗

Theodor Cucu ルーマニアの旗

Andrew Tockman アメリカ合衆国の旗

Takumi Yoshino 日本の旗

Joonas Jürgen Kisel エストニアの旗

Jan Petr チェコの旗

Harry Taylor イギリスの旗

Anja Zdovc スロベニアの旗

Eliška Freibergerová チェコの旗

Paweł Piekarz ポーランドの旗

Tereza Maláčová チェコの旗

Ben Morris イギリスの旗

Joseph Feffer アメリカ合衆国の旗

Ziyan Heidi Lei アメリカ合衆国の旗

Chih-Lun Julian Liu 台湾の旗

Assel Ismoldayeva ブルガリアの旗

Chinmaya Kausik インドの旗

Daniel Vedeneev ロシアの旗

Szymon Stolarczyk ポーランドの旗

Yao Yung-Jui 台湾の旗

Ekaterina Voloshinova ロシアの旗

Emil Indzhev ブルガリアの旗

Chirag C.D. インドの旗

Iga Jaworska ポーランドの旗

Chen Ziche 中華人民共和国の旗

Aleksei Starchenko ロシアの旗

Ana Meta Dolinar スロベニアの旗

Siye Annie Zhu アメリカ合衆国の旗

Emilian Toma ルーマニアの旗

Can Yeşildere トルコの旗

Sonia Reilly アメリカ合衆国の旗

Alicja Maksymiuk ポーランドの旗

Emil Ingelsten スウェーデンの旗

Tanya Romanova ロシアの旗

Ștefan Răzvan Bălăucă ルーマニアの旗

Tina Vladimirova ブルガリアの旗

Matei Costin Banu ルーマニアの旗

Yuito Yoneyama 日本の旗

Liu Yuyang 中華人民共和国の旗

Nazar Semkiv ウクライナの旗

Aleksej Jurca スロベニアの旗

Martin Nikolov ブルガリアの旗

2018 チェコの旗チェコ、プラハ
Przemysław Podleśny ポーランドの旗

Liam McKnight イギリスの旗

Swapnil Garg アメリカ合衆国の旗

Viktor Baltin ブルガリアの旗

Zdravko Ivanov ブルガリアの旗

Benjamin LaFond アメリカ合衆国の旗

Diego Król ポーランドの旗

Rujul Gandhi インドの旗

Pranav Krishna アメリカ合衆国の旗

Alicja Maksymiuk ポーランドの旗

Benedict Randall Shaw イギリスの旗

Angikar Ghosal インドの旗

Andrew Tockman アメリカ合衆国の旗

Jakub Petr チェコの旗

Chih-Chun Wang 台湾の旗

Tanya Romanova ロシアの旗

Mihir Singhal アメリカ合衆国の旗

Yeoh Zi Song マレーシアの旗

Simeon Hellsten イギリスの旗

Ugrin Bálint József ハンガリーの旗

Emil Ingelsten スウェーデンの旗

Patryk Sapała-Niedzin ポーランドの旗

Tung-Le Pan 台湾の旗

Elena Keskinova ブルガリアの旗

Ethan A. Chi アメリカ合衆国の旗

Aparna Ajit Gupte インドの旗

João Henrique Oliveira Fontes ブラジルの旗

Russell Emerine アメリカ合衆国の旗

You-Kuan Lin 台湾の旗

Illya Koval ウクライナの旗

David Avellan-Hultman スウェーデンの旗

Vlada Petrusenko ウクライナの旗

Tsvetelina Stefanova ブルガリアの旗

Brian Xiao アメリカ合衆国の旗

Ken Jiang カナダの旗

Ye Liu 中華人民共和国の旗

Edmund Lea イギリスの旗

Hari Raghava Prasad イギリスの旗

James Phillips オーストラリアの旗

Yana Shishkina ロシアの旗

Gustavo Palote da Silva Martins ブラジルの旗

Ekaterina Voloshinova ロシアの旗

Eliška Freibergerová チェコの旗

Sean White イギリスの旗

Vári-Kakas Andor ハンガリーの旗

Árvay-Vass Iván ハンガリーの旗

Takumi Nishino 日本の旗

Angellika Vojevodina ラトビアの旗

Arkādijs Šaldovs ラトビアの旗

Kevin Liang カナダの旗

Shinjini Ghosh インドの旗

Bianca-Mihaela Gănescu ルーマニアの旗

Pranava Dhar インドの旗

Martin Puškin エストニアの旗

Hansol Pi 大韓民国の旗

Georgi Yotov ブルガリアの旗

Ziche Chen 中華人民共和国の旗

Tiago Scholten オランダの旗

Kristina Vashpanova ロシアの旗

Danyar Kasenov ロシアの旗

2019 大韓民国の旗大韓民国、龍仁
Ken Jiang カナダの旗

Wesley Zhang アメリカ合衆国の旗

Takumi Yoshino 日本の旗

Zdravko Ivanov ブルガリアの旗

Matey Petkov ブルガリアの旗

Haokun Wu 中華人民共和国の旗

Sam Corner イギリスの旗

Simeon Hellsten イギリスの旗

Benedict Randall Shaw イギリスの旗

Andrew Tockman アメリカ合衆国の旗

Diego Król ポーランドの旗

João Henrique Oliveira Fontes ブラジルの旗

Ziyan Lei アメリカ合衆国の旗

Tianqi Jiang カナダの旗

Elena Keskinova ブルガリアの旗

Jakub Petr チェコの旗

Nathan Kim カナダの旗

Denis Korotchenko ロシアの旗

Skyelar Raiti アメリカ合衆国の旗

Russell Emerine アメリカ合衆国の旗

Gustavo Palote da Silva Martins ブラジルの旗

Ishan Ganguly インドの旗

Harrison Moore イギリスの旗

Tsvetelina Stefanova ブルガリアの旗

Maxim Barganov ロシアの旗

Zi Song Yeoh マレーシアの旗

Jeremy Zhou アメリカ合衆国の旗

Pranav Krishna アメリカ合衆国の旗

Jinru Bai 中華人民共和国の旗

Kristian Terlien オランダの旗

Daniel Turaev イギリスの旗

Tatiana Romanova ロシアの旗

Kövér Blanka ハンガリーの旗

Ekaterina Kozlova ロシアの旗

Stanislava Khizhniakova ロシアの旗

Chih-Chun Wang タイ王国の旗

Vlada Petrusenko ウクライナの旗

Viktor Baltin ブルガリアの旗

Matei-Costin Banu ルーマニアの旗

Ekaterina Kropanina ロシアの旗

Angikar Ghosal インドの旗

Aparna Ajit Gupte インドの旗

Haenaem Oh 大韓民国の旗

Hant Mikit Kolk エストニアの旗

Takumi Ose 日本の旗

Tsubasa Takahashi 日本の旗

Dana Ospanova カザフスタンの旗

Nestors Starostins ラトビアの旗

Daria Kryvosheieva ウクライナの旗

Marko Ivanov ブルガリアの旗

Kilian Meissner イギリスの旗

Blaskovics Ákos ハンガリーの旗

Rok Tadej Brunšek スロベニアの旗

Zhe Ren Ooi マレーシアの旗

Alex Walker イギリスの旗

Kristina Vashpanova ロシアの旗

Lanruo Xie 中華人民共和国の旗

Antara Raaghavi Bhattacharya インドの旗

Seonoo Kim 大韓民国の旗

Lee, Yu-Hsuan タイ王国の旗


団体戦メダル[編集]

回数       年度       開催地   金賞       銀賞       銅賞       個人競技で優勝したチーム
1           2003     ブルガリア、ボロヴェッツ オランダ オランダの旗           ロシア・サンクトペテルブルク ロシアの旗    ロシア・モスクワ ロシアの旗            オランダ オランダの旗          
2           2004     ロシア、モスクワ ロシア・サンクトペテルブルク ロシアの旗    ラトビア ラトビアの旗   ブルガリア1 ブルガリアの旗      ブルガリア1 ブルガリアの旗     
3           2005     オランダ、ライデン オランダ オランダの旗             ロシア・モスクワ ロシアの旗 ロシア・サンクトペテルブルク ロシアの旗                    ブルガリア1 ブルガリアの旗     
4           2006     エストニア、タルトゥ ブルガリア2 ブルガリアの旗      オランダ オランダの旗           ポーランド1 ポーランドの旗             ブルガリア1 ブルガリアの旗     
5           2007     ロシア、サンクトペテルブルク アメリカ2 アメリカ合衆国の旗
モスクワ ロシアの旗 
ブルガリア1 ブルガリアの旗
ブルガリア2 ブルガリアの旗
受賞なし エストニア エストニアの旗
6           2008     ブルガリア、スランチェフ・ブリャク アメリカ2 アメリカ合衆国の旗
ブルガリア・東 ブルガリアの旗
オランダ オランダの旗
アメリカ1 アメリカ合衆国の旗
受賞なし  アメリカ アメリカ合衆国の旗     
7           2009     ポーランド、ヴロツワフ アメリカ・赤 アメリカ合衆国の旗    韓国1 大韓民国の旗 ロシア・モスクワ ロシアの旗            ロシア・モスクワ ロシアの旗           
8           2010     スウェーデン ラトビア ラトビアの旗   ロシア・モスクワ ロシアの旗            ポーランド2 ポーランドの旗     アメリカ・青 アメリカ合衆国の旗
9           2011 アメリカ、ピッツバーグ         アメリカ・赤 アメリカ合衆国の旗 ロシア・サンクトペテルブルク ロシアの旗    ロシア・モスクワ ロシアの旗            アメリカ・赤 アメリカ合衆国の旗
10 2012 スロベニア、リュブリャナ アメリカ・青 アメリカ合衆国の旗 オランダ オランダの旗 ポーランド2 ポーランドの旗 ロシア・サンクトペテルブルク ロシアの旗
11 2013 イギリス、マンチェスター アメリカ・赤 アメリカ合衆国の旗 ロシア・サンクトペテルブルク ロシアの旗 ブルガリア1 ブルガリアの旗
ルーマニア ルーマニアの旗
アメリカ・赤 アメリカ合衆国の旗
12 2014 中国、北京 アメリカ・赤 アメリカ合衆国の旗 ロシア・サンクトペテルブルク ロシアの旗 ロシア・モスクワ ロシアの旗 アメリカ・赤 アメリカ合衆国の旗
13 2015 ブルガリア、ブラゴエヴグラト イギリス・西 イギリスの旗 アメリカ・赤 アメリカ合衆国の旗 ポーランド・白 ポーランドの旗
オランダ オランダの旗
アメリカ・赤 アメリカ合衆国の旗
14 2016 インド、マイソール スウェーデン スウェーデンの旗 オーストラリア1 オーストラリアの旗 イギリス イギリスの旗 アメリカ・赤 アメリカ合衆国の旗
15 2017 アイルランド、ダブリン 台湾・TaiTWO 台湾の旗 ポーランドĄ ポーランドの旗 スロベニア スロベニアの旗 イギリス・K イギリスの旗
16 2018 チェコ、プラハ アメリカ・青 アメリカ合衆国の旗 アメリカ・赤 アメリカ合衆国の旗
ブルガリア1 ブルガリアの旗
Pões ブラジルの旗
イギリス・U イギリスの旗
Tým křivopřísežníků チェコの旗
アメリカ・青 アメリカ合衆国の旗
17 2019 大韓民国、龍仁 スロベニア スロベニアの旗 中国・KUN 中華人民共和国の旗
ロシア・Strelka ロシアの旗
ポーランド・Bóbr ポーランドの旗
ロシア・Belka ロシアの旗
マレーシアA マレーシアの旗
アメリカ・赤 アメリカ合衆国の旗


メダル・トロフィー総獲得数[編集]

順位 国名 出場回数 総計 特別賞
1 アメリカ合衆国の旗 アメリカ 13 27 38 20 82 22
2 ブルガリアの旗 ブルガリア 17 21 23 31 75 24
3 ロシアの旗 ロシア 17 18 33 45 96 22
4 イギリスの旗 イギリス 11 14 8 15 37 12
5 ポーランドの旗 ポーランド 16 9 23 22 54 28
6 オランダの旗 オランダ 17 4 5 5 14 18
7 インドの旗 インド 11 2 6 13 21 11
8 チェコの旗 チェコ 10 2 6 5 13 9
9 台湾の旗 中華民国 7 2 6 3 11 10
10 大韓民国の旗 韓国 12 2 4 14 20 17
11 ラトビアの旗 ラトビア 17 2 4 10 16 10
12 カナダの旗 カナダ[24] 9 2 3 6 11 11
12 ルーマニアの旗 ルーマニア 9 2 3 6 11 4


Media coverage[編集]

  • The Ageに掲載された新聞記事「意味論かもしれないが、言語学はチームイベントになることができる」。 2012年7月27日[25]

関連項目[編集]

References[編集]

  1. ^ International Linguistics Olympiad”. www.ioling.org. 2016年9月11日閲覧。
  2. ^ International history”. United Kingdom Linguistics Olympiad. 2013年8月9日閲覧。
  3. ^ a b c d First International Olympiad in Linguistics (2003)”. Department of Theoretical and Applied Linguistics, Moskow State University. 2012年9月8日閲覧。
  4. ^ Традиционная олимпиада по лингвистике и математике. История”. web.archive.org (2015年4月25日). 2019年8月3日閲覧。
  5. ^ History of Linguistic Challenges”. North American Computational Linguistics Olympiad. 2012年9月8日閲覧。
  6. ^ Second International Linguistic Olympiad (2004)”. Department of Theoretical and Applied Linguistics, Moskow State University. 2012年9月8日閲覧。
  7. ^ Fourth International Linguistics Olympiad for Secondary School Students”. 2012年9月8日閲覧。
  8. ^ a b The Fifth International Linguistics Olympiad”. 2012年9月8日閲覧。
  9. ^ 6th International Linguistics Olympiad”. 2012年9月8日閲覧。
  10. ^ 7th International Olympiad in Linguistics”. 2012年9月8日閲覧。
  11. ^ IOL10”. 2012年9月8日閲覧。
  12. ^ IOL 2011: Venue”. 2012年9月8日閲覧。
  13. ^ The 10th International Linguistics Olympiad”. 2013年8月7日閲覧。
  14. ^ The International Linguistics Olympiad 2013”. 2013年8月7日閲覧。
  15. ^ The International Linguistics Olympiad 2014”. 2014年7月27日閲覧。
  16. ^ The International Linguistics Olympiad 2015”. 2015年8月17日閲覧。
  17. ^ International Olympiad for Linguists 2016”. iol14.plo-in.org. 2016年1月6日閲覧。
  18. ^ International Linguistics Olympiad”. www.ioling.org. 2016年9月11日閲覧。
  19. ^ International Linguistics Olympiad 2018”. iol.ff.cuni.cz. 2018年8月5日閲覧。
  20. ^ IOL 2018 Participants”. IOL. IOL. 2018年8月8日閲覧。
  21. ^ IOL Yongin 2019”. IOL 2019. IOL 2019. 2018年8月8日閲覧。
  22. ^ Yongin 2019” (英語). International Linguistics Olympiad. 2020年8月11日閲覧。
  23. ^ Ventspils 2021” (英語). International Linguistics Olympiad. 2020年8月11日閲覧。
  24. ^ 2016年までのCanadaおよび2017年以降のCanada Anglophone、Canada Francophoneの総計。
  25. ^ It may be semantics, but linguistics can be a team event”. The Age. 2012年8月7日閲覧。

外部リンク[編集]