国府町 (鳥取県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こくふちょう
国府町
廃止日 2004年平成16年)11月1日[1]
廃止理由 編入合併
国府町福部村河原町用瀬町佐治村気高町鹿野町青谷町鳥取市[1]
現在の自治体 鳥取市[1]
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陰地方
中国・四国地方
都道府県 鳥取県
岩美郡
団体コード 31301-7
面積 93.40km²
総人口 8,607
推計人口、2004年5月1日)
隣接自治体 鳥取県鳥取市福部村岩美町
郡家町若桜町
兵庫県温泉町
町の木 -
町の花 -
国府町役場
所在地 680-0197
鳥取県岩美郡国府町町屋305-1
旧・国府町役場
外部リンク 国府町(Internet Archive)[2]
座標 北緯35度28分40.1秒
東経134度16分21.5秒
座標: 北緯35度28分40.1秒 東経134度16分21.5秒
特記事項 旧町役場は2013年1月3日まで鳥取市役所国府町総合支所として使用されていた
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

国府町(こくふちょう)は、鳥取県岩美郡に属していた

2004年平成16年)11月1日鳥取市に編入された[1]。かつての町域は鳥取市国府町となっている。

地理[編集]

鳥取県の東部に位置し、兵庫県と接している。

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

天平時代因幡国国庁が置かれて、政治と経済の中心地として栄えた歴史を持つ。

1950年代から、鳥取市への編入合併勧告(昭和の大合併)が発令されたが、合併を拒み、1958年宇部野村と、大成村が合併して誕生した。ベッドタウン化などから、1980年代にも、同様のことがあったが、合併には至らなかった。しかし、平成の大合併により2004年平成16年)11月1日に鳥取市と合併した[1]

沿革[編集]

行政[編集]

  • 町長 - 木村 肇

姉妹都市[編集]

教育[編集]

町の廃止時点では高等学校が存在しない。

交通[編集]

鉄道[編集]

町内に鉄道路線はない。最寄りの駅は因美線津ノ井駅

道路[編集]

名所・旧跡[編集]

国府町は早くから開けた地域で、因幡国府が置かれたこともあり、重要な遺跡が多い。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 川瀬慎一朗(2014年11月6日). “検証・合併10年:鳥取市の今/6止 単独の智頭 知恵出し活路”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  2. ^ かつての公式サイトのアドレスは閉鎖後に国府町とは関係のないサイトに使用されていた。