山崎城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
山崎城
鳥取県
城郭構造 連郭式山城
天守構造 なし
築城主 因幡毛利氏
築城年 室町時代
主な改修者 不明
主な城主 山崎毛利氏
廃城年 不明
遺構 郭、土塁、石垣、堀切、竪堀
指定文化財 なし

山崎城(やまさきじょう)は鳥取県鳥取市国府町山崎に存在した日本の城

歴史[編集]

室町時代頃に因幡毛利氏が築城したと言われ、一族の山崎毛利氏が居城した。天文年間に城の立地する大萱(おおかや)郷が但馬と通じる要所であることに目をつけた本家に攻撃され(山崎城の戦い)落城、山崎毛利氏滅亡後は私部本家のものとなった。

遺構[編集]

  • 扇ノ山系末端の標高242m(比高110m)の山頂部に位置する。周囲の山が城山より高いため見晴らしはあまり良くなく、城から南西方面にある「吉野村城」[1]をその望楼としていたと考えられている。
  • 主郭は縦35m、横10mで周囲に帯曲輪を配し、一部に簡単な石垣が見られる。
  • 主郭南西部の尾根には4つの小さい曲輪が見られるほか、南東部尾根には縦53m、横6~8m程の細長い曲輪とそれを区切る堀切、主郭部側には三角形状の縦17m、横15mの曲輪等が存在している。
  • 城の東方には通称・家老屋敷と言われる地域があり、長さ60m、高さ3m程の大土塁や平坦地が存在するが文献等には記載されていないため詳細は不明である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 吉野村城は城から南西方向の学行院の後ろの山(標高197m)に存在した。地元では「城山」と言われるが、城の作りは簡単で小規模なものであり山崎城の望楼施設と考えられている。城主は八東郡の伊田氏家臣・和田氏とも山崎毛利氏の家臣ともいわれるが後者の方が有力である。

参考文献[編集]

  • 鳥取県教育委員会 『鳥取県中世城館分布調査報告書 第1集(因幡編)』2002年
  • 財団法人国府町教育文化事業団 編集・発行『山崎城史料調査報告書』2003年

関連項目[編集]