岡田美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
岡田美子
誕生 1902年(明治35年)6月20日
鳥取県西伯郡御来屋村(現大山町
死没 1966年(昭和41年)4月18日
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
代表作 「家風の中の女」「谷間」
子供 伊良子 朴(養子。伊良子清白の三男)
親族 伊良子清白(義兄)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

岡田 美子(おかだ よしこ、1902年(明治35年)6月20日 - 1966年(昭和41年)4月18日)は小説家劇作家。 国府町(現・鳥取市)に嫁いだ後、岸田國士に師事するなどしながら、戯曲や小説を発表した。

略歴[編集]

鳥取県西伯郡御来屋村(現在の大山町)に生まれる。1919年(大正8年)、姉清子が医師岡田道壽と結婚する。1922年(大正11年)、鳥取県立米子高等女子高卒業。庄内小学校の代用教員となる。姉、清子が死去。1923年(大正12年)、教員を退職する。義兄岡田道壽と結婚する。1929年(昭和4年)、姪の伊良子不二子が睡眠薬で自殺する。1932年(昭和7年)、私淑していた岸田國士の元に上京し、師事する。1937年(昭和12年)、鳥取の文芸誌「無名の作家」の同人となる。1941年(昭和16年)、『山陰文化』に「谷間」を発表。1952年(昭和27年)、小谷治子、鷲見まさ子らと女流文芸誌「女人文芸」を創刊する。1957年(昭和32年)、夫道壽が75歳で死去。1966年(昭和41年)2月18日、心不全発作で脳血栓を生じる。4月18日、鳥取県立中央病院で死去。4月20日、国府町文化協会葬として葬儀が行われる。1996年(平成8年)9月10日、鳥取女流ペンクラブが、尾崎翠、田中古代子、岡田美子の生誕百年記念文学レリーフを鳥取県立図書館に寄贈する。[1]代表作は「谷間」[2]、「家風の中の女」。[3]

作品[編集]

  • 「あの娘、この娘」(1929(昭和4年)脱稿)
  • 「夏まつり」(1935(昭和10年)俳句雑誌「野火」)
  • 「猫」(1937(昭和12年)3月「無名作家」(鳥取の文芸誌))随筆
  • 「甚太郎一家」(1937(昭和12年)8月「無名作家」(鳥取の文芸誌))創作
  • 「銭を捨てた話」(1938(昭和13年)1月「無名作家」(鳥取の文芸誌))創作
  • 「生命の灯」(1938(昭和13年)3月「無名作家」(鳥取の文芸誌))創作
  • 「お祷の宿」(1939(昭和14年)1月「山陰文化」)創作
  • 「元旦」(1939(昭和14年)2月「山陰文化」)創作
  • 「いたつき」(1939(昭和14年)7・8月「山陰文化」)創作
  • 「常客」(1939(昭和14年)9月「山陰文化」)創作
  • 「旱天日記」(1939(昭和14年)11月「山陰文化」)創作
  • 「嫁さがし」(1940(昭和15年)1月「山陰文化」)創作
  • 「冬」(1940(昭和15年)2月「山陰文化」)創作
  • 「若草」(1940(昭和15年)3月「山陰文化」)創作
  • 「親ら」(1940(昭和15年)6月「山陰文化」)創作
  • 「夢」(1940(昭和15年)9月「山陰文化」)創作
  • 「颱風」(1940(昭和15年)11月「山陰文化」)創作
  • 「谷間」(1941(昭和16年)5月「山陰文化」)創作
  • 「馬鈴薯の花」(1941(昭和16年)7月「山陰文化」)創作
  • 「村医住宅」(1942(昭和17年)1月~1943(昭和18年)3月「因伯文化」)創作
  • 「百姓道徳」(1942(昭和17年)11月「因伯文化」)創作
  • 創作集「生命の灯」(1943(昭和18年)7月、昭和刊行会)
  • 「バス乗場にて」(1943(昭和18年)2月「因伯文化」)創作
  • 「「生命の灯」出版にあたりて」(1943(昭和18年)8月「因伯文化」)創作
  • 「鍬」(1946(昭和21年)8月「山陰」)創作
  • 「米」(1947(昭和22年)「解放」2号)創作
  • 「ほうねん柿」(1947(昭和22年)11月「山びこ」)童話
  • 「黄すずめ」(1948(昭和23年)9月「山びこ」)童話
  • 「金の鳥」(1948(昭和23年)10月「山陰」)創作
  • 「伸びる頃」(1949(昭和24年)9月「山陰」)創作
  • 「土の女」(1950(昭和25年)6月2日~27日「日本海新聞」)連載
  • 「晴着」(1951(昭和26年)1月「山陰」)創作
  • 「棺桶といも」(1952(昭和27年)2月「女人文芸」)創作
  • 「文芸生活」(1952(昭和27年)9月「女人文芸」)創作
  • 「米」(1953(昭和28年)6月「女人文芸」)創作
  • 「広津和郎先生を囲んで文学あれこれを語る」(1953(昭和28年)「女人文芸」)座談会(広津和郎、中原績、小谷治子、鷲見まさ子)
  • 「因幡山」(1954(昭和29年)11月「女人文芸」)ラジオドラマ
  • 「因幡山」(1955(昭和30年)8月「山陰」)ラジオドラマ

脚注[編集]

  1. ^ 尾崎翠・田中古代子・岡田美子、鳥取女流ペンクラブ編「尾崎翠・田中古代子・岡田美子選集」,富士書店、1998年、p378
  2. ^ [東京病と決別、谷間との和解/年の瀬に岡田美子の「谷間」を読む](日本海新聞、2001年12月18日)
  3. ^ [郷土の文化人との交流/生誕100周年フェスティバル岡田美子文学フォーラムに寄せて](日本海新聞、2001年11月3日)