用瀬町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
もちがせちょう
用瀬町
廃止日 2004年平成16年)11月1日[1]
廃止理由 編入合併
国府町福部村河原町用瀬町佐治村気高町鹿野町青谷町鳥取市[1]
現在の自治体 鳥取市[1]
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陰地方
中国・四国地方
都道府県 鳥取県
八頭郡
団体コード 31326-2
面積 81.60km2
総人口 4,096
推計人口、2004年5月1日)
隣接自治体 鳥取県:郡家町船岡町河原町佐治村智頭町
岡山県阿波村
用瀬町役場
所在地 689-1201
鳥取県八頭郡用瀬町用瀬832
鳥取市役所用瀬町総合支所(旧・用瀬町役場)
外部リンク 用瀬町(Internet Archive)
座標 北緯35度20分34秒
東経134度12分26.9秒
座標: 北緯35度20分34秒 東経134度12分26.9秒
特記事項 旧町役場は鳥取市役所用瀬町総合支所となっている
 表示 ウィキプロジェクト

用瀬町(もちがせちょう)は、鳥取県八頭郡に存在した。昔から1年間の罪・穢れを払う流しびなが行われている。本項では町制前の名称である用瀬村(もちがせそん)についても述べる。

2004年平成16年)11月1日鳥取市に編入合併し[1]、町域は鳥取市用瀬町となった。

地理[編集]

鳥取県の東部に位置し、町の中心地を千代川が流れている。

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

行政[編集]

歴代町長

  • 初代 - 安岡亀治(任期:昭和30年4月30日-昭和34年4月29日)
  • 2代目 - 永田亀吉(任期:昭和34年4月30日-昭和50年4月29日)
  • 3代目 - 長谷川富二(任期:昭和50年4月30日-昭和58年1月21日)
  • 4代目 - 池本茂晴(任期:昭和58年3月6日-平成16年10月31日)

教育[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 川瀬慎一朗(2014年11月6日). “検証・合併10年:鳥取市の今/6止 単独の智頭 知恵出し活路”. 毎日新聞 (毎日新聞社)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]