流し雛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐嘉神社の流し雛
流し雛に使われる人形

流し雛(ながしびな)は 雛祭りのもとになったといわれる行事。「雛流し」ともいわれる。

祓い人形と同様に身の穢れを水に流して清める意味の民俗行事[1]として、現在も各地[2][3][4][5]で行われている。

起源[編集]

源氏物語』の須磨の巻に出てくるほどに歴史は古い。光源氏がお祓いをした人形形代)をに乗せ、須磨に流したという著述がある。

地域[編集]

すっかり様変わりした現代のひな祭りだが、いまでも昔ながらにひな流しを行う地域もある。「流しびなの里」として知らされる鳥取市用瀬町(もちがせちょう)が代表的だ。[6]

脚注[編集]

  1. ^ 『年中行事事典』p562 1958年(昭和33年)5月23日初版発行 西角井正慶東京堂出版
  2. ^ 鳥取県用瀬町流しびなの館”. 2016年4月16日閲覧。
  3. ^ 吉野川流し雛/奈良県公式ホームページ”. 2016年4月16日閲覧。
  4. ^ たつの市/第20回龍野ひな流し”. 2012年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月16日閲覧。
  5. ^ 人形のまち岩槻流しびな”. 2012年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月16日閲覧。
  6. ^ 火田, 博文 ([2019]). 本当は怖い日本のしきたり オーディオブック. Pan roringu (Hatsubai). ISBN 978-4-7759-8631-8. OCLC 1108314699. http://worldcat.org/oclc/1108314699 

関連項目[編集]