四八豪雪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

四八豪雪(よんぱちごうせつ)とは1973年昭和48年)11月〜1974年(昭和49年)3月の豪雪、雪害である。昭和48年豪雪(しょうわ48ねんごうせつ)、秋田豪雪(あきたごうせつ)などとも呼ばれる。

特に秋田県においては必ず歴史的豪雪として挙げられるが1977年(昭和52年)、1981年(昭和56年)、1984年(昭和59年)の豪雪が掲載されている『理科年表』の「日本の主な気象被害」の一覧表には四八豪雪は挙げられていない[1]

秋田県での状況[編集]

  • 1973年(昭和48年)
    • 11月 - 山間部で40〜50cm秋田市でも19cmの積雪(11月の積雪量記録の第1位)
    • 12月上旬 - 山間部で100〜200cm、沿岸部で20〜50cmの積雪。沿岸部では60年ぶりの積雪量。秋田市では1960年(昭和35年)1月中旬の大雪以来の「雪捨て列車」を運行。東京方面への飛行機20便中12便欠航。特に12月10日には国道と県道が全面的に通行止め、電線の断線による停電
  • 1974年(昭和49年)
    • 1月
      • 中旬 - 交通は混乱し、建物の倒壊や雪崩による死者も
      • 下旬 - 記録的な大雪と猛吹雪のため国鉄が全面運休
    • 2月中旬 - 寒波に伴い積雪量増加。雪崩、建物倒壊、鉄道運休、国道不通
    • 3月中旬 - 100年ぶりの大雪
    • 4月1日 - 東成瀬村で雪崩、3名死亡
  • 被害総額 158億5161万円
  • 死者 13人
  • 負傷者 29人
  • 建物倒壊・浸水被害 503戸
  • 最深積雪
    • 秋田市(旧) - 117cm
    • 東成瀬村 - 420cm(田子内)
    • 横手市(旧) - 259cm
    • 大曲市 - 221cm
    • 湯沢市(旧) - 221cm

秋田県以外の県での状況[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『理科年表 平成16年』で確認

外部リンク[編集]