官道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
古代官道から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

官道(かんどう)とは、国家によって整備・管理・維持がなされた道路のこと。

特に古代律令制国家においては、中央と地方機関を結ぶための経路として整備された。日本においても七道に沿って計画的な道路整備が行われていたことがその遺構発掘などによって明らかにされている。

律令制度崩壊後は衰退したものの、後世の街道の原点となったものも多い。

関連項目[編集]