原實

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
原 實
人物情報
生誕 (1930-09-09) 1930年9月9日
日本の旗 日本東京都
死没 2021年11月1日(2021-11-01)(91歳)
出身校 東京大学
学問
研究分野 哲学(インド哲学)・ インド学
研究機関 東京大学国際仏教学大学院大学
テンプレートを表示

原 實(はら みのる、1930年9月9日 - 2021年11月1日)は、インド古典学者、東京大学名誉教授、日本学士院会員[1]。スウェーデン・アカデミー外国人会員(文学、歴史、古代学部門[1])。1966年ハーバード大学大学院サンスクリット学専攻博士課程修了、Ph.D[2]。1978年ケンブリッジ大学修士号[注釈 1]を授与される。

経歴[編集]

1930年、東京生まれ。1953年東京大学文学部印度哲学科卒業、同大学院で辻直四郎に師事[7]。1960年に博士後期課程満期退学し、同学文学部専任講師となる。1964年12月より同助教授、1973年オーストラリア国立大学客員教授を経て、1975年より東京大学教授に昇進。1991年に定年退官し、名誉教授となった。この間に1987年ウィーン大学、1988年ハンブルク大学にて客員教授として研究を続けた。

東京大学退職後は国際仏教学大学院大学教授となる。1996年に同学学長に就任、2002年に理事長に転じ、2006年退職。慶應義塾大学言語文化研究所客員所員[8]

栄誉・栄典[編集]

ケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジ海外フェローには1978年に加えられ、1990年にスウェーデン・アカデミー外国人会員[1]となる。2000年より日本学士院会員[9]、2003年1月に宮中講書始の儀で「サンスクリット語について」を進講する[10][11]

著書[編集]

各項目内は発行順。

単著[編集]

  • 『古典インドの苦行』春秋社、1979年。全国書誌番号:21637811
  • 『Pāśupata studies』(英語)ウィーン:Sammlung De Nobili〈Publications of the De Nobili Research Library, vol. 30〉、2003年、OCLC 603973441ISBN 3900271356, 9783900271350
  • 『古代インドの環境論』東洋文庫、2010年。全国書誌番号:21793360。非売品。

共著[編集]

学会動向と書籍の紹介[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 1958年にケンブリッジ大学籍にて論文を発表[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 原實-第1分科会員個人情報・日本学士院HP,2010-12-14閲覧。
  2. ^ Hara, Minoru (1967) (英語). Materials for the study of Paśupata Saivism.. OCLC 1235462923. http://id.lib.harvard.edu/alma/990092708160203941/catalog. 
  3. ^ Hara, Minoru (1958). “Nakulīśa-pāśupata-Darśanam”. Indo-Iranian Journal 2 (1): 8-32. 
  4. ^ 「辻直四郎先生の長逝を悼む〔含 著作目録〕」『東洋学報』第61巻3・4、東洋文庫、1980年3月、 384-398頁、 ISSN 0386-9067NAID 120006516273
  5. ^ 「辻先生の思い出 (辻直四郎博士追悼録)」『東方学』第60号、東方学会、1980年7月、 210-212頁、 ISSN 0495-7199NAID 40002634332
  6. ^ HARA, Minoru (1979). “Obituary Notice: TSUJI Naoshiro (18.11.1899-24.9.1979)” (英語). Memoirs of the Research Department of the Toyo Bunko (The Oriental Library) (Toyo Bunko(東洋文庫)) (37): 193-219. NAID 120006514598. https://toyo-bunko.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=3189&item_no=1&page_id=25&block_id=47. (仮訳「訃報:辻直四郎 1899年11月18日-1979年9月24日)
  7. ^ 原は『東洋学報』[4]、『東方学』[5]、東洋文庫欧文誌『Memoirs of the Research Department of the Toyo Bunko』[6]に追悼記事を寄稿。
  8. ^ 研究所 所員|客員所員・兼担所員・兼任所員-慶應義塾大学言語文化研究所”. www.icl.keio.ac.jp. 2021年10月30日閲覧。
  9. ^ 原 實「異文化の理解 : 古代インドの場合」『学士会会報』第2016巻第6号、学士会、2016年11月、 13-17頁、 NAID 40020992060
  10. ^ 平成15年 原實(はら みのる)国際仏教学大学院大学教授「サンスクリット語について」”. ホーム > 皇室に伝わる文化 > 講書始 > 講書始の儀におけるご進講者及びご進講題目一覧(平成元年以降). 宮内庁. 2021年10月31日閲覧。
  11. ^ 講書始の儀 新年恒例、講書始の儀:宮殿・松の間で行われた「講書始の儀」。右は進講する原実東大名誉教授(代表撮影)”. 写真・グラフィック・映像一覧. 共同通信社 (2003年1月10日). 2021年10月31日閲覧。
  12. ^ 『官報』第632号、令和3年12月8日