卵子凍結保存

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
顕微授精で精子を卵子に注入している写真
体外受精の図。凍結卵子は採卵し、体外受精させて子宮に戻す事となる

卵子凍結保存(らんしとうけつほぞん、英語: oocyte cryopreservation / egg freezing)とは、体外受精を行い子宮に戻す目的で、未受精卵を凍結保存する技術のこと[1]

概要[編集]

従来は、若年女性がん患者が化学療法放射線療法を受ける前に卵子を体外に取り出すことによって、治療による生殖細胞への影響を回避する方法として試みられるものであったが[1]、近年パートナーがいない女性が将来の妊娠に備えて自分の卵子を凍結保存する事例が増えている[2]。採卵した卵子はマイナス196℃で凍結保存され、妊娠が可能・希望する時期に解凍・体外受精を行い、子宮に戻される[3]。ただ、体外受精での出産率は30代から低下を始め、36歳ごろから加速し、36歳で16.8%、40歳で8.1%、42歳で5%、45歳だと1%以下と年齢によって低下していくため、卵子の凍結は年齢により低下する妊孕力を完全に保つものではない[3][4][5]。卵子だけでなく、子宮や血管の老化も妊孕力に影響を与えるためである[6]。実際、ニューヨーク・タイムズの報道では、2014年時点で入手できる中で最も包括的なデータでは、最新の瞬間冷凍プロセスを使った場合、新生児出生の失敗率は30歳女性で77%、40歳女性で91%であり、2011年の1年間で38歳以上の女性が冷凍卵子で出産した新生児は世界全体でも推定10人程度となっている[7]

2016年2月2日、日本国内で初とみられる健康女性が凍結保存していた卵子を体外受精し、女児を出産したケースが報告された[8][9][10][11][12]。女性は44歳の看護師で独身時代の41歳の時に卵子を8個凍結し、その後42歳で結婚、2015年5月に女児を出産した[9][11]

医学界の反応[編集]

  • 2004年10月日本癌治療学会日本産科婦人科学会、日本泌尿器科学会の3団体が「癌患者さんの妊娠できる能力を残すために卵子凍結は施行されるべきである」と発表[1]
  • 2013年11月15日、日本生殖医学会は神戸市で総会を開き、健康な未婚女性が将来の妊娠に備えて卵子を凍結保存しておくことを認めるガイドラインを正式決定した[13][14]。卵子の凍結はがんの治療などで機能が失われるのを避けるために保存するのが本来の目的だが、指針ではこうした医学的理由のほか、成人女性が加齢などで妊娠が難しくなる可能性を懸念する場合の卵子凍結も、年齢など一定のルールを設けることで無秩序に広がるのを防ぐ目的で認めた[13][14]
    • 既婚、未婚を問わず、40歳以上での卵子の採取と、凍結卵子を使った45歳以上での妊娠を推奨しない
    • 卵子の凍結保存と妊娠・出産の先送りを推奨するものではない
    • 凍結した卵子は、本人が希望した場合や死亡した際には直ちに破棄し、妊娠可能年齢を過ぎた場合も通知した上で破棄できる

などがガイドラインで上がっている。 ただ、上述のガイドラインでも示している通り、社会的要因による卵子凍結は推奨されるものではなく、「リスクを最小にすることを考えるなら妊娠適齢期は20~34歳」であり、性教育については「こうした全ての正しい事実を教えることが必要」というものが医学的なスタンスである[15]

2015年2月8日、日本産科婦人科学会の倫理委員会は「健康な女性を対象とする卵子凍結保存は推奨しない」との見解を示している[16]

2016年2月2日、日本産科婦人科学会の苛原稔常務理事は、日本で初とみられる健康女性の凍結卵子を使用した出産事例に対し「凍結しても、本人の加齢による妊娠率の低下やリスクもある。医療機関としっかり話し合い、よく考えてほしい」とのコメントを出した[9]

マスコミと世論[編集]

日本においては、NHKクローズアップ現代の「卵子老化の衝撃」をはじめとする報道が、2012年ごろより盛んにされるようになり、社会的にも卵子の老化、卵子凍結保存が認知されてきた[5][6]。「AERA」2013年8月5日号(2013年7月29日発売)では就活、婚活、妊活に続く言葉として『卵活』という言葉が登場している。岡山大学の研究グループが2013年に行った調査では、社会的理由での卵子凍結保存に否定的な人は70%を超える結果となった[2]。35歳~44歳でパートナーがいない女性の回答では肯定感を示した人が43.6%と高い数値となった。一方で癌治療などの医学的理由での卵子凍結保存に対しては肯定的な人の割合は全体の79.8%となり社会的理由と異なり大多数の人が肯定しているという結果となった[2]。2013年11月に日本生殖学会がガイドラインを制定して以降、社会的な認知度は高まったが、以前より卵子凍結保存を行っていた有名医院では「危機感を覚えてやってくるのは結局40代以上の人が多い」、「結局凍結した卵子を使う人が少ない」、「年齢や保存の期限により廃棄しようとすると、トラブルが多い」という理由から中止する医院も増えている[17]

FacebookのCOOであるシェリル・サンドバーグTED「何故女性のリーダーは少ないのか」のなかで、『女性は子どもを持つことを考えたその瞬間から、その子どものためにゆとりを確保することを考えはじめます。「その他のことと子どもを持つことを、どう両立すればいいの?」と。そしてその瞬間から、彼女たちは積極的に手を挙げて出世を望んだり、新しいプロジェクトに取りかかったり、「私にやらせて下さい」と言わなくなるのです』と述べ、Facebookは2014年1月より女性社員による卵子の冷凍保存に対して最大2万ドルまで資金援助する福利厚生策を導入している[18]

NHKのクローズアップ現代では2012年2月4日に「産みたいのに産めない ~卵子老化の衝撃~」、2016年10月26日に「“老化”を止めたい女性たち~広がる卵子凍結の衝撃~」と2度特集を組み精力的に報道を行っている[19][20]

日本の状況[編集]

  • 2015年2月5日順天堂大浦安病院浦安市が、加齢による不妊を避ける目的で健康な女性が自分の卵子を凍結保存する「プリンセス・バンク」構想を進め、浦安市は少子化対策の一環として市民を対象に凍結保存費用を助成することなどを計画していることが報道された[21][22]。構想では、将来の出産に備えたい20歳から35歳ぐらいまでの健康な女性の卵子を凍結保存する予定[23]。これに対し、上述の通り、日産婦は推奨しない方針を示している[16]

世界の状況[編集]

  • 凍結卵子を用いた世界初の出産例は1986年オーストラリアのクリストファー・チャンにより報告された[24]
  • 中国系ニュースサイト「東北網」が2014年7月23日韓国人の間で晩婚化に伴い、妊娠したくなった時に使えるよう、卵子を冷凍保存する独身女性が増えているとの報道をしている。
  • アメリカでは、2012年のデータでニューヨーク大学病院の生殖医療センターで卵子を凍結した依頼者のうち約8割は医学的理由なしに凍結を希望する人々で、平均年齢は38歳であった[25]
  • 2014年1月、Facebookが女性社員による卵子の冷凍保存に対して最大2万ドルまで資金援助する福利厚生策を導入、アップルも2015年1月から導入[26][27][28]
  • 人事コンサル企業のマーサーが実施した調査では、アメリカでは優秀な女性人材を獲得するため卵子凍結保存の福利厚生を提供する大企業の数が、2015年の6%から2018年には約3倍の17%まで増加している[29]

報道された出産事例[編集]

  • 2014年12月6日2001年高校2年生の時に悪性リンパ腫にかかり、治療に抗がん剤の投与が必要だった女性が、抗がん剤の投与で卵子がつくられなくなる可能性があるため卵子を凍結、2014年8月30歳の時に解凍した卵子を使って出産した事例が報道された[30][31][32]。卵子を10年以上凍結保存して出産したケースは日本国内では非常に珍しいとされる[30][31][32]。女性と交流があるNPO法人「全国骨髄バンク推進連絡協議会」の大谷貴子によると女性は「子どもが生まれてとても毎日が幸せです。血液疾患の患者さん全てが希望を持ち、治療に励んでほしい」と話しているという[32]。日本生殖医学会常任理事の石原理埼玉医科大学産婦人科学教授は、「がん治療をするために卵子を凍結保存する全ての患者がうまく出産に至るわけではなく、過剰な期待を抱くわけにはいかないが、救われた人がいたことはとても意義がある。(健康な女性の場合も含め)安全性の評価は定まっていない。卵子を採取しておけば出産できるという保証があるわけではない。」とコメントしている[32]
  • 2016年2月2日、日本国内で初とみられる健康女性が凍結保存していた卵子を体外受精し、女児を出産したケースが報告された[8][9][10][11][12]
  • 1992年10月14日から凍結保存されていた受精卵から、 2017年11月25日にアメリカ合衆国テネシー州で生まれた。CNNによると、受精卵の凍結期間としては世界最長だという。母親は受精卵が移植された時、25歳だった。したがって生物学上は母親と娘の年齢の差はわずか1歳となる[33]
  • 2019年8月急性骨髄性白血病に罹患し、放射線治療をする前の20歳時に卵子凍結保存をした女性が、10年後の30歳時に凍結卵子を利用して出産した事例が報道された[34]。2019年時点で同様の症例は日本国内で10例ほどであることも同時に報道された[34]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 聖マリアンナ医科大学病院生殖医療センター
  2. ^ a b c “卵子凍結保存に70%が否定的 子供いない35歳以上女性は肯定感”. 産経新聞. (2014年6月17日). オリジナルの2014年6月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140617101619/http://sankei.jp.msn.com/life/news/140617/bdy14061710120007-n1.htm 2014年8月3日閲覧。 
  3. ^ a b 週刊ポスト2013年9月13日号
  4. ^ “「卵子老化」もっと早く知っていれば、社会に響く夫婦の慟哭…不妊治療費1500万円「暗いトンネルを、ただ歩いていた」”. 産経新聞. (2014年4月26日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140422/wlf14042213560018-n1.htm 2014年8月3日閲覧。 
  5. ^ a b 「産みたいのに産めない ~卵子老化の衝撃~」
  6. ^ a b “卵子凍結保存、関心高く 相談・セミナー参加増える”. 日本経済新聞. (2014年7月31日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG3100P_R30C14A7CR0000/ 2014年8月3日閲覧。 
  7. ^ “冷凍卵子の福利厚生で喜ぶのはまだ早い。成功率は38歳でたったの2-12%”. ギズモード・ジャパン. (2014年10月23日). http://www.gizmodo.jp/2014/10/post_15735.html 2014年10月26日閲覧。 
  8. ^ a b “凍結卵子で健康な女性が出産 国内で初めて【卵活】”. ハフィントン・ポスト. (2016年2月2日). http://www.huffingtonpost.jp/2016/02/02/egg-freezing_n_9136598.html 2016年2月3日閲覧。 
  9. ^ a b c d “凍結卵子から女児出産 健康な44歳、産科で体外受精”. 朝日新聞. (2016年2月2日). http://www.asahi.com/articles/ASJ2233X7J22PLBJ001.html 2016年2月3日閲覧。 
  10. ^ a b “健康女性、凍結卵子で出産 大阪の40代、国内初の例か”. 日本経済新聞. (2016年2月2日). http://www.nikkei.com/article/DGKKASDG02H4H_S6A200C1CR0000/ 2016年2月3日閲覧。 
  11. ^ a b c “40代の健康な女性、凍結卵子で結婚後に出産”. 読売新聞. (2016年2月2日). オリジナルの2016年2月2日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20160202043653/http://www.yomiuri.co.jp/science/20160202-OYT1T50073.html 2016年2月3日閲覧。 
  12. ^ a b “44歳女性、凍結卵子で出産=独身時代に採取、初の確認か”. 時事通信社. (2016年2月2日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201602/2016020200358&g=soc 2016年2月3日閲覧。 
  13. ^ a b 日本生殖医学会ガイドライン
  14. ^ a b “卵子凍結容認を決定 健康な未婚女性も 生殖医学会が指針”. 産経新聞. (2013年11月15日). オリジナルの2013年11月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131115074947/http://sankei.jp.msn.com/life/news/131115/bdy13111515460004-n1.htm 2014年8月3日閲覧。 
  15. ^ “滋賀医大教授が妊娠適齢期解説 大津でセミナー”. 中日新聞. (2014年7月28日). オリジナルの2014年8月10日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20140810045836/http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20140728/CK2014072802000067.html 2014年8月3日閲覧。 
  16. ^ a b “健康女性の卵子凍結助成:日産婦「推奨せず」との考え示す”. 琉球新報. (2015年2月8日). オリジナルの2015年2月12日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20150212153457/http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-238595-storytopic-1.html 2015年2月13日閲覧。 
  17. ^ “独身女性の「卵子凍結」は女性を幸せにするか?”. プレジデント. (2013年11月1日). http://president.jp/articles/-/11111?page=2 2014年8月3日閲覧。 
  18. ^ “ついにここまで。AppleとFacebookが卵子凍結費用の負担へ”. マイナビニュース. (2014年10月23日). http://news.mynavi.jp/news/2014/10/23/406/ 2014年10月26日閲覧。 
  19. ^ “産みたいのに産めない ~卵子老化の衝撃~
  20. ^ “老化”を止めたい女性たち~広がる卵子凍結の衝撃~
  21. ^ “卵子凍結保存、市と連携 順天堂大浦安病院が構想”. 産経新聞. (2015年2月5日). オリジナルの2015年2月12日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20150212153610/http://www.sankei.com/life/news/150205/lif1502050031-n1.html 2015年2月13日閲覧。 
  22. ^ “卵子凍結保存に助成 加齢不妊回避で浦安市 順大病院と連携”. 千葉日報. (2015年2月6日). http://www.chibanippo.co.jp/news/national/239166 2015年2月13日閲覧。 
  23. ^ “卵子凍結保存 市が参画 浦安・順天堂大病院に資金”. 東京新聞. (2015年2月6日). オリジナルの2015年2月12日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20150212155052/http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015020602000140.html 2015年2月13日閲覧。 
  24. ^ Chen C. (1986) "Pregnancy after human oocyte cryopreservation". Lancet 1 (8486): 884-886. Retrieved on April 24, 2007
  25. ^ “結婚より「卵子の凍結保存」を希望する米国女性米国NPの診察日記 緒方さやか”. 日本経済新聞. (2013年6月4日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1600V_W3A510C1000000/ 2014年8月4日閲覧。 
  26. ^ “アップルとフェイスブック、女性従業員の卵子凍結に補助”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2014年10月15日). http://jp.wsj.com/articles/SB10345363700595394421004580215503398151326 2014年10月26日閲覧。 
  27. ^ “フェイスブック、卵子凍結助成は行き過ぎ(FT社説)”. 日本経済新聞. (2014年10月16日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM16H12_W4A011C1FF1000/ 2014年10月26日閲覧。 
  28. ^ “AppleとFacebook、女性従業員の卵子凍結費用を支援”. ITmedia. (2014年10月17日). オリジナルの2014年10月26日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20141026095303/http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1410/17/news060.html 2014年10月26日閲覧。 
  29. ^ 卵子凍結支援も 米企業が進める女性人材確保の施策” (日本語). Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) (2019年10月7日). 2019年11月13日閲覧。
  30. ^ a b “がん発症し高2で卵子を凍結保存、13年後出産”. 読売新聞. (2014年12月6日). オリジナルの2014年12月6日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20141206042418/http://www.yomiuri.co.jp/science/20141206-OYT1T50033.html 2014年12月6日閲覧。 
  31. ^ a b “12年間凍結保存の卵子で出産 血液がん克服の女性”. 産経新聞. (2014年12月6日). オリジナルの2014年12月6日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20141206042534/http://www.sankei.com/life/news/141206/lif1412060029-n1.html 2014年12月6日閲覧。 
  32. ^ a b c d “12年凍結の卵子で出産 がん治療前に採取”. 東京新聞. (2014年12月6日). オリジナルの2014年12月6日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20141206042407/http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014120602000124.html 2014年12月6日閲覧。 
  33. ^ 米国で母親と年齢が「1歳」しか離れていない女の子が生まれる【写真】 Sputnik日本 2017年12月20日 22:33 (2017年12月23日閲覧)
  34. ^ a b 「赤ちゃん諦めず良かった」20歳で白血病…治療前に卵子凍結10年目、希望の出産”. 西日本新聞ニュース. 西日本新聞社 (2019年8月17日). 2019年11月13日閲覧。

関連項目[編集]